Product Recycling Fund
The price of this item includes a contribution to a Product recycling fund to ensure that waste electrical and electronic equipment is collected and recycled in a responsible manner.
Frédérique Vernillet(フレデリック・ベルニレット)
Frédériqueのウルトラリアルなドローイングスタイルと詩的なインスピレーションは、形象絵画の旧来の世界をモダナイズしようとしています。魅惑的で風変わりな彼女の宇宙を構成しているのは、野生動物やカラフルな鳥など。「野生動物は常に刺激的です。触れ合ってみたいけど、どんなリアクションをされるか、ちょっと怖かったりもしますよね。野生動物には恐ろしさと美しさが同時にあります」と彼女は言います。
Steven Harrington(スティーブン・ハリントン)
現代カリフォルニアのサイケポップ美学の先導者とされる、ロサンゼルスを拠点に活動するアーティスト&デザイナー、Steven Harrington。見る人とのあいだに双方向の対話を促す、色鮮やかでアイコニックなスタイルで知られています。「僕にとってアートをクリエイトすることは生きることと同じような体験。次に何が起こるかは本当にわからない」と彼は言います。
Malcolm Stuart(マルコム・スチュアート)
ビジュアルアートとダンスの世界を股にかけて人生の大半を過ごしてきた、カリフォルニア州サンタローザ出身のMalcolm Stuart。ユーモアと遊びがあって、へんてこで好奇心をそそる鮮やかなイメージを、できるだけバリエーション豊富なやり方で、できるだけ多くの場に生み出すことが究極のゴール、と彼は言います。
Team Hawaii(チーム・ハワイ)
ストックホルムを拠点とする2人組、Team Hawaiiは、際立つユーモアと常識外れのビジュアルコンセプトですぐ見分けがつく、その特徴的なコラージュ画で早くに地位を確立しました。 「コラージュは楽しいし”ゆるさ”のある手法だから、同じ画面で一緒に作業できるんです。一人が何か足すと、もう一人が何か取り除くという、チェスみたいな感じがちょっとありますね」
Pinar & Viola(ピナール・アンド・ヴィオラ)
パリを拠点に活動するふたりは、異質なものを同居させる若手デュオとして、アヴァンギャルドなイメージクリエイションの主導者と目されており、各業界のリーディングブランドの仕事を手掛けています。「みんなに未来へのワクワクとポジティブな気持ちを感じてもらいたいし、未知を信頼する勇気をもって、多様性の美しさを見てもらいたいですね」 とふたりは言います。
Tilde Bay(ティルデ・バイ)
コペンハーゲンを拠点に活動しているTilde Bayは、ニューヨークのレディ・ガガも注目した壮麗で芸術的なドレスから、フィンランドのエスポー近代美術館(EMMA)への出展作品まで、さまざまなものを手掛けています。今回の作品のインスピレーションについて問われたときにはシンプルにこう答えています。「この世界全部と自分のイマジネーションを仮想ワークスペースとして使っています」