VIRRMO ヴィッルモー シーリングトラック スポットライト3個, ニッケルメッキ

消費税込み。価格は店舗によって異なる場合があります
¥ 5,999
電球は別売りです。LED電球 GU10口金(3個)をご使用ください

購入方法

オンラインストア利用可能かチェックしている...
店舗受取り利用可能かチェックしている...
イケア店舗利用可能かチェックしている...
8 VIRRMO ヴィッルモー画像
画像をスキップ

VIRRMO/ヴィッルモー シリーズのモダンでスタイリッシュなランプは、ブラッシュ仕上げの金属を使用した頑丈な構造で、場所もとりません。読書や仕事など、何をするときも必要な場所に簡単に光の向きを調節できます

商品番号404.690.95

商品の詳細

個々のスポットライトの向きを調節して、それぞれ違った場所に光を当てられます

デザイナー

David Wahl

商品番号404.690.95
  • 電球は別売りです。LED電球 GU10口金(3個)をご使用ください

    同じシリーズのほかの照明とコーディネートできます

    天井プラグ(引掛シーリング付き)に取り付けてご使用ください

    廃棄は各自治体の規則に従って適切に行ってください

  • 素材
    シーリングカップ/ シェード/ ジョイント/ アーム:
    スチール, ブラッシュ仕上げ ニッケルメッキ
    カバー:
    ポリプロピレンプラスチック
    お手入れ方法

    中性洗剤を含ませた布で拭いてください

    きれいな布でから拭きしてください

サイズ

最大: 6 W

長さ: 62 cm

幅: 13 cm

高さ: 20 cm

  • VIRRMO ヴィッルモー商品番号404.690.95

    幅: 22 cm

    高さ: 15 cm

    長さ: 69 cm

    重さ: 2.14 kg

    パッケージ: 1

レビュー

3.8(9)
スタイリッシュで良かったですレビュー投稿者電球が無いことに気が付かず買って直ぐに使えなかったのが残念でした。5
電球の取付が困難レビュー投稿者電球を回して取付るのですが、なかなかしっかり固定されませんでした。3
腕力と握力レビュー投稿者どうやっても、電球が付けられなくて一度交換してもらった。 2回目もどうにも付かなくて、大袈裟では無くて壊す気で押し込んで突き指するのを覚悟して捻じ込んだら、着いた。 これはちょっと無いかな。。。1
電球のつけにくさレビュー投稿者他の方のレビューにもありますが、電球の直径と、電球を差し込む箇所の直径がほぼ同じで隙間が出来ないため、電球を差し込んで回すのにかなり苦労しました。 付属の電球をつけるための吸盤があります。 が、電球を正しくセットするには電球はかぽっといれて回す必要があり、この場面ではこの吸盤は滑ってしまい全く役に立たず。 最終的には吸盤を使い、電球を正しい位置にセットした後、そっと吸盤をとり、ガムテープをワッカ状にして電球をくっつけ、それで回しました。 付属の吸盤を、回しても滑らないものにするなど、改善すべき点はあると思いますが、電球が入ってしまえば、電球と外枠の一体感があり、とっても素敵です! というわけで電球のつけにくさで星マイナス1です。4
とにかくおしゃれレビュー投稿者来客にもすごく褒められます!5
取り付け以外は満足レビュー投稿者デザインや質感は気に入りましたが、取り付けに関しては国産照明器具には遠く及ばないのと、地震が来たら取付金具が歪んでしまうのではないかと思う感じでした。(そもそも値段が安いので文句は言えませんが。) 別売でも良いので、日本専用の取付器具を考えて貰えたらなと思いました。4
コンパクトでとてもよいレビュー投稿者無駄を省いたコンパクトなデザインが気に入りました。 お値段が安すぎるぐらいです。5
お洒落!レビュー投稿者カフェにありそうなオシャレなライト。 スポットライトみたいな感じです。 狭い空間にはいいと思います。 ただ電球がかなり付けにくかったので☆4で。4
電球のソケットが付けにくいレビュー投稿者デザインは満足しているけど、日本ではほぼ見かけない電球ソケットの取り付けにかなりてそすりました。 取りつけたと思っても接触がわるく点灯せず。何度もつけてみてスイッチ入れてつくかどうか確認してやっと取り付けられました。 天井向いての作業なのでこの繰り返しが辛いです。 普通のスクリュー型の電球にして欲しかったです。3

原材料

スチールについて

スチールは、伸ばして成形しても強度が変化しないという独特な性質を備えています。スチールは、建築物から自動車、ベッドフレーム、屋外用家具に至るまで、あらゆるものの強度を高めます。スチール業界は、よりエネルギー効率に優れた工程で、より強度の高いスチールを生産する方向へと移行しています。リサイクルしてもその特性がまったく失われないスチールは、世界で最もリサイクルされている素材の1つとなっています。