KLAPPA クラッパ ベビージム
KLAPPA クラッパ ベビージム
KLAPPA クラッパ ベビージム
KLAPPA クラッパ ベビージム

遊びは、赤ちゃんが五感を発達させ、親や社会とのつながりを築いていく方法のひとつ。KLAPPA/クラッパ おもちゃコレクションのベビージムは、赤ちゃんにとって重要な発見の過程を刺激します

903.726.23

商品の詳細

おもちゃに手を伸ばすことで、赤ちゃんの目と手の協調運動を鍛えますベビージムに幸せそうにぶら下がっているのは、テントウ虫やチョウチョ、カエルです。もちろん、取り外して抱きしめたり、一緒に遊んだりできます。好奇心いっぱいのお子さまが、あちこちさわったり、なめたりしても、みんなちっとも気にしません。動きのある楽しいおもちゃとカラフルな色使いが赤ちゃんの視覚を刺激しますお子さまの安全のため、本製品は絶対にベビーベッドの中では使用しないでください対象年齢:0歳以上デザイナー

Malin Unnborn

  • ベース:ポリエステル 100%
    上部/ 柔らかおもちゃ:綿 80%, ポリエステル 20%
    中素材:ポリエステル繊維
    洗濯機で洗えます(40℃以下、弱水流)漂白不可タンブル乾燥不可アイロン不可ドライクリーニング不可
  • KLAPPA クラッパベビージム商品番号:903.726.23
    幅: 46 cm高さ: 5 cm長さ: 102 cm重さ: 1.02 kgパッケージ: 1

商品サイズ

幅: 
90 cm
高さ: 
50 cm

レビュー

4.9(7)
かわいい!! オモチャもマットも洗濯が出来る きのこ🍄、草とてんとう虫から音が鳴る 生後2ヶ月から愛用していて 現在、生後6ヶ月ですが今でも凄レビュー投稿者かわいい!! オモチャもマットも洗濯が出来る きのこ🍄、草とてんとう虫から音が鳴る 生後2ヶ月から愛用していて 現在、生後6ヶ月ですが今でも凄く楽しそうに遊んでます。 洗濯後の繊維が少しだけ気になりましたが、コロコロで取れる程度なので問題はないです。5
長く使える8mama123465最後まもないときはモビールをじーっと見て、足をキックする時にはポールを蹴ってモビールをゆらして手が使えるようになればモビールをむしりとって遊んでと、お昼寝のマットにも使えるし中々使えます。洗濯機で丸洗いを何回かしてますがへたることなく乾きも早くて助かります。5
買ってよかったみにゃん2か月になる娘のために購入。だんだん見えるようになってきたのかじっと見ています。カラフルで色がはっきりきていていいです。少し高いので手ではあまり届きませんが、足でアーチを蹴り全体を揺らして遊んでるように見えます(^^♪マットは洗濯できます。この間きのこも音が鳴ることに気が付きました(笑)草もガサガサなってコスパもいいので大満足です。5
方つけ場所を取らないトコ4546二ヶ月の孫に購入しました。クッションもよく、方つけ易くてとても気に入ってます5
サイズ感がちょうど良いTAKESHI04032ヶ月の子供に購入しましたが、 子供のお気に入りです。 ひとり遊びの時間が増えました。 手足動かすトレーニングにいいですね。5
可愛いしコンパクトmomonga323生後3ヶ月になる少し前から使っています。子は蝶が好きなようでよく見ています。また意外な使い方でしたが、シマシマの軸を爪で引っ掻いて音を立てるのも好きなようです。使わない時は折りたたんでおけるので、狭い家でも大丈夫でした!ふかふかなのでそのままお昼寝もしています。5
値段が手頃珠音0219ベビージムがほしいなと思っていたところ、店頭で見つけました。値段も手頃だったので子供が気に入らなくてもいいかなと気軽に購入しました。子供を寝かせると興味津々でおもちゃを触ろうとします。また、草のところは触るとガサガサと音がするので楽しそうです。鈴や鏡(顔が映るもの)と言ったシンプルな構造ですが、十分に子供が楽しめるものでした。買って良かったと思います。4
KLAPPA クラッパ ベビージム

遊びを通じてヒトは人間になる

見る、ふれる、押す、持ち上げる……遊びを通じて、赤ちゃんは五感を発達させ、まわりの世界に目を向け、それを理解しようとします。KLAPPA/クラッパ おもちゃコレクションで、イケアは赤ちゃんの発見の旅を刺激し、親子の大切なふれあいに貢献したいと考えました。子どもたちは遊びの中に社会とのつながりを感じながら成長し、人間になります。  もっと読む
新生児が初めて目を開けるとき、中枢神経系はまだ完全には発達していません。赤ちゃんは20~40cm以上、つまり、世話をしてくれるお母さんの顔より遠いところは見えません。でも、色や形、手ざわりや音とのふれあいから得るさまざまな印象が、赤ちゃんの脳の発達を刺激します。そう説明するのは、子どもの発達と遊び、学びについて長く研究を続けているKrister Svenssonです。「でも、休むことも刺激と同じくらい重要です。赤ちゃんの脳もときどき休みをとり、新しく受け入れた情報を整理して、すでに頭の中に登録されていた情報と関連付ける時間が必要です」

ディテールが遊びへといざなう

小さな赤ちゃんのために開発されたおもちゃは、脳の発達を刺激する、こうした重要な印象に貢献します。でも、子どもの気を引くおもちゃの特徴とはいったいどんなものでしょうか? 「たいてい、まわりの環境から浮き上がり、それ自体が目立っています」とKristerは言います。「黄色いキリンの黒い模様や、ガラガラの音などがそうです」KLAPPA/クラッパ おもちゃコレクションを手掛けたデザイナーのMalin Unnbornは、好奇心を生んで遊びへといざなうような独特のディテールを生み出したいと思いました。「そこで、布絵本とボールには、強いコントラストを生む色や、異なるテキスチャーの布地を使用しました。布地は、つやつやしたものやマットなもの、ソフトなもの、ざらざらしたものなどさまざまです」ほかにも、ブランケットやプレイマット、ベビージムでは、サメのひれやシマウマの顔など、動物たちの体の一部を立体的にデザインして、好奇心いっぱいの小さな指がさわって確かめられるようにしました。

おもちゃが生むふれあい

KLAPPA/クラッパの世界には、空想の動物や植物、惑星が登場します。「赤ちゃんにしてみれば、プレイマットの端っこでカニがこちらを見上げていても大した意味はありません。でも、年長の子どもは、弟や妹と一緒にそれで遊びたがるでしょう」とMalin。Kristerは、おもちゃが子どもの発達において、重要な社会的機能を果たしていると感じています。Kristerはこう言っています。「おもちゃは親子の社会的なふれあいのツールとして役立っています。しかも、おもちゃに命と意味を与えるのは、親なのです」たとえば、あなたがガラガラに『黄色いキリンさん』という名前をつけて、そのキリンについて話をします。そして親子が交代でキリンを手にするたびに、子どもの中で、キリンも親も自分も、みんなこの世界の一部なのだという理解がわき上がります。遊びの基本はふれあいです。そして、遊びはヒトの成長のためにまさに必要なものです。人間になるためには、ほかの人たちとのふれあいが必要なんです」
表示を減らす

KLAPPA クラッパ
ベビージム

消費税込み。価格は店舗によって異なる場合があります
¥ 3,999
オンライン取り扱い商品
在庫を更新中
365日間、気が変わっても大丈夫
KLAPPA クラッパ ベビージム

KLAPPA クラッパ

¥ 3,999