メインに戻る

    ベジドッグ―植物由来のおいしさ

    私たちはイケアビストロのために、おいしいベジドッグを開発しました。人気のホットドッグよりサステナブルな、植物性の材料を使ったメニューです。でもなぜ、肉を使わないホットドッグをつくったのでしょうか?1つめの理由は、ざっと計算してみても、植物性食品は肉よりも生産に必要な資源、水、土壌などが少なく、二酸化炭素排出量も減らせるとわかったから。

    2つめの理由は、ヘルシーでサステナブルな食べ物こそおいしく手ごろであるべきだと考え、より快適な毎日を送るための選択をもっと楽にしたいと思っているからです。そう考えれば、ベジドッグはまさしく理にかなっています。

    ベジドッグの材料はケール、レンズ豆、キヌア、タマネギ、小麦プロタインなど。

    お客さまのためにサステナブルなメニューを開発しても、おいしくなければ意味がありません。ベジドッグの登場によって、お客さまの意識を高め、よりサステナブルな植物性食品を手ごろな価格で楽しんでいただけるようになりました

    Michael La Cour、マネージングディレクター、IKEA Food Services