メインに戻る

イケアの循環型ビジネス:好きなものをより長持ちさせるためにできること

物を捨てることに罪悪感はありませんか?修理したり、再利用したり、リサイクルしたいのに、それを行う時間も知識も気力もないのではないでしょうか。そんなときはイケアにお任せください。

イケアは、循環型製品をつくるための新たな方法を日夜模索しています。つまり、ムダを排除して資源を繰り返し使うことで、より便利で循環型社会を目指す時代のニーズに合った製品をつくる方法です。そして、お客さまの時間とお金を節約し、労力を軽減できるように、製品寿命を延ばしたり、購入オプションを見直す取り組みを継続的に行ったりしています。たとえば、家具のリースのほか、不用品の引き取りや下取りシステムなど、より循環性の高いソリューションが生み出す可能性を試し、古い家具の修理、再利用、リサイクルや、再販を通じた再生をお手伝いしています。

ダークヘアの男女3人が、青と白のKLIPPAN/クリッパン ソファを階上へ運んでいます。
ダークヘアの男女3人が、青と白のKLIPPAN/クリッパン ソファを階上へ運んでいます。
木の廃材を入れたガラス容器の隣に、空のプラスチックボトルが数本立った状態で置かれています。

2030年までに循環型ビジネスに転向するためのイケアの取り組み:

  • 循環を視野に入れた方法で、お客さまが製品を取得、手入れ、譲渡できるようにする
  • 100%循環型(原材料–リサイクル–再生–修復–再利用)の製品をつくる
  • 再生可能素材とリサイクル素材のみを使用する
  • 支援活動、コラボレーション、事業提携を主導し、循環型経済を実現するために、他者と力を合わせる
ライトブラウンの木製の円形アイテムがコンクリートの上に置かれています。

すでにあるものから新しいものを生み出す

廃棄物には価値があります。それは、大切な資源です。家の中にあるものから何か新しいものをつくろうとしたことはありますか?同じような発想で、私たちも新製品を開発しようとしています。

ほかの製造工程の余りものやリサイクル素材を活用したサステナブルな方法を探すことが、イケアのデザインプロセスにおける重要なテーマなのです。それにより、お客さまは余った素材やリサイクル素材を100%使用した製品をご購入いただけるようになります。つまり、現在のイケア製品は未来のイケア製品のための素材として使用できるというわけです。

転換へ向けて

資源を大切に使い、より少ないものからより多くのものを生み出し、業務を最適化する。こうした行動はすべてイケアのDNAに埋め込まれています。私たちはまだ転換の途上にいますが、循環型ビジネスへ向けて順調に歩みを進めています。

2019年の営業年度は、4,700万個の商品に「第二の人生」を与え、3,800万個の商品をAs-Is(アウトレット)で再販し、900万個の商品を再包装して売り場へ戻しました。

SKOGSTA/スコグスタ ベンチはアカシア無垢材でつくられています。この天然素材は丈夫で雨に強いことで知られています。この製品はリサイクルまたはエネルギーとして再利用できます。

循環型ビジネスで行われるのは素材の選択だけではありません。MÖRBYLÅNGA/モールビロンガ テーブルはオーク材突き板でつくられています。丈夫で簡単に分解できるため、修理や修復を視野に入れて使用できます。

GAMLEBY/ガムレビー テーブルとチェアは、使いやすいだけでなく、パイン無垢材からつくられています。使い込むほど風合を増す天然素材です。この製品は、100%再生可能な素材でつくられています。

ご存じでしたか?

イケア製品の60%以上は、木材や綿などの再生可能な素材を基につくられています。また10%以上にリサイクル素材が含まれています。

木材でつくられたライトブラウンの食器棚を大きなペンキ用はけでブルーに塗り替える手。

廃棄物ゼロの精神

私たちは、素材選びからデザイン、製造、輸送、販売、そして寿命を終えたイケア製品の行末まで、自らの取り組み方を真剣に考えています。

再生資源やリサイクル資源を素材として活用する新たな方法を常に模索し、既存製品の製造工程を常に見直すことで、よりサステナブルな方法を取り入れています。また、お客さまご自身が再利用、修理、再組み立て、リサイクルできる製品の開発を、2030年までに実現することを目指しています。オペレーションの省エネ化も引き続き目標としています。

廃棄物ゼロを目指してイケアが世界に展開する取り組みについては、イケアのグローバルWebサイト(about.ikea.com)をご覧ください。

木材でつくられたダークウッドの円形アイテムに電気ドリルで穴をあける男性。

製品を新たな用途に使うことは、製品を長持ちさせるための1つ方法です。

丸型の木材の表面に、NORDMÄRKE/ノールドメルケ USB充電器が取り付けられています。充電器とスマートフォンがケーブルでつながっています。

地球全体で循環型ビジネスを展開

イケアでは、1つ1つの市場で循環型ムーブメントを生み出し、強化する取り組みを行っています。

  • 世界中の多くの市場で、下取りおよび再販サービスを試験運用中です。
  • オランダ、スウェーデン、スイスでは、支払いオプションとしてリースを試用しています。
  • ロシアでは循環キャンペーンを展開し、ストアに来店されたお客さまにアイテムの再利用、共有、リサイクル、アップサイクル、修理を促したり、循環型の原則について話し合ったりするイベントを実施しています。