メインに戻る

使う量を減らしてもっとリユースする方法

何度も充電したり、詰め替えたり、リユースしたりできる商品は、長期的にはお金の節約になり、ゴミの総量を減らすことにもつながります。

切ったスイカを入れたグラスをまな板の上に置いて、ターコイズのシリコン製のÖVERMÄTT/オーヴェルメット フードカバーをかけている人。
切ったスイカを入れたグラスをまな板の上に置いて、ターコイズのシリコン製のÖVERMÄTT/オーヴェルメット フードカバーをかけている人。

使い捨てから充電生活へ

LADDA/ラッダ 充電式電池なら500回充電が可能です。いつでも使える状態の電池を用意できるうえ、ゴミが減ることで環境への影響も抑えられます。

電池・充電器を見る
ソースが入ったさまざまな容器に、透明、ターコイズ、ピンクのシリコン製のÖVERMÄTT/オーヴェルメット フードカバーをかぶせて、ホワイトのワークトップに置いてある。

ÖVERMÄTT/オーヴェルメット フードカバーは洗ってリユースできるので、使い捨てのラップやホイルのゴミとコストを減らせます。

水を買う習慣に、さようなら

マイボトルを使うことでプラスチックのゴミを削減しながら、お金も節約できます。

※160円のペットボトル飲料を毎日1本購入した場合の年間本数と金額。

水筒&携帯用マグを見る

いつでもエコバック

かばんの中に入れておけば、いつでも有料レジ袋にNOと言えます。プラスチックのゴミを削減しながら、節約もできます。

※5円の有料レジ袋を毎日1枚購入した場合の年間枚数と金額。

リサイクルバッグを見る