人気商品
8 HÖGSMA ホーグスマ画像
画像をスキップ

HÖGSMA ホーグスマ まな板, 竹,

価格 ¥ 1300
消費税込み。価格は店舗によって異なる場合があります

購入方法

お手入れが簡単で耐久性に優れた竹製まな板。ずれることなく安定感があります。持ちやすく、包丁の刃を傷めません。さらに、前菜などを盛り付けるサービングトレイにしたり、鍋敷きにしたりして活用できます。またはRÅSHULT/ロースフルト ワゴンにぴったり収まるふたとしても使えます

商品番号104.256.11

商品の詳細

便利な竹製まな板は、RÅSHULT/ロースフルト ワゴンのふたの役目も果たします

竹製。お手入れが簡単な耐摩耗性に優れた天然素材で、包丁の刃も傷めません

トレイとしても、鍋敷きとしても使えます

サイズ

長さ: 34.8 cm

幅: 24 cm

厚さ: 1.6 cm

レビュー

ワゴンのお供にレビュー投稿者PCデスク周りでワゴンを使用しており、飲み物や軽食を一時的に置く天板として非常に重宝しております。まな板としては使用したことがないのでなんとも言えません。 白っぽい色のものがあれば最高なのですが商品として存在しないので自分で色を塗ろうかと考えております。5
カラーバリエーションがもっと有れば良いと思います!レビュー投稿者カラーバリエーションがもっと有れば良いと思います!4
キッチンの整理と台の上に調理したものが置けるので便利ですレビュー投稿者キッチンの整理と台の上に調理したものが置けるので便利です5
購入したワゴンのトレイの穴位置が左右で異なるため、斜めになってしまい、こちらを使う意味がなくなってしまいました。レビュー投稿者購入したワゴンのトレイの穴位置が左右で異なるため、斜めになってしまい、こちらを使う意味がなくなってしまいました。1
良いんだけどレビュー投稿者もう少しフィットして欲しい ガタあるので不安感がある3
使い道がありましたレビュー投稿者使い道がありました5
いいねレビュー投稿者RÅSHULT ロースフルト買うなら蓋は便利。3
ピッタリでなかったレビュー投稿者ロースコグのワゴンに合うというので購入。しかしピッタリでなくワゴンが動くたびにカタカタと動きます。見た目は良いですが開けにくいので普段使いするものは入れられないです。2
使いやすいレビュー投稿者使いやすい4
対応のワゴンを買っていたので、とても良かったレビュー投稿者対応のワゴンを買っていたので、とても良かった5
ガタガタで不安定レビュー投稿者大きいサイズを購入。 以前小さいサイズを購入した際、まな板はしっかりとハマりガタ付きもないのですが、今回はガタつき溝も合わない為、安定する場所がありません…。 ワゴンのビス締めも何度か調整したけどダメです。 初めからワゴンとまな板がセットになったものも販売してもらてるも良いかな(ガタ付きなどチェックしたもの)2
カタカタするレビュー投稿者おおきいほうは大丈夫だけど小さいわごんのこれは少しカタカタする5
まな板?レビュー投稿者まな板としては、デビューしてない。 でも、セットで使っても外観もスッキリして 良い5
重くなく良かったです。レビュー投稿者重くなく良かったです。4
すごいズレるレビュー投稿者値段が安くない商品なのにここまでガタつきがあると後悔してます 買わない方がいいです1
いいけどレビュー投稿者一種類しかないのは残念かな?5
使いやすいレビュー投稿者使いやすい4
ロースコグの蓋に便利。レビュー投稿者ロースコグの蓋にぴったりで、使い勝手が広がります。 まな板として使うには、最初に油で磨いたりせねばなので、面倒で蓋としてだけ使っています。4
良かったです。レビュー投稿者良かったです。3
丈夫ですねレビュー投稿者まな板にも使えると書いてありましたが、しっかりした板です。 まな板には使いませんが、蓋としては活用できそうです。4

木材への取り組み

木材はイケアの家具にいちばん多く使用されている素材ですが、それにはもっともな理由があります。私たちが木材を好んで使用するのは、伝統的な北欧デザインの要素だからのひとつだけでなく、デザインや品質、環境の観点で優れた素材だからです。 イケアでは、責任を持って調達した木材は、気候変動を緩和する主な要因になると考え、2012年には、2020年までに、よりサステナブルな調達先から仕入れた木材のみを使用するという目標を掲げました。喜ばしいことに、この目標は達成されました。現在ではイケア製品に使用する木材の98%以上が森林管理協議会(FSC)認証の木材またはリサイクル木材となっています。

地球上のすべての生命に不可欠な森林

森林は大気中の二酸化炭素を吸収し、私たちが吸うきれいな酸素を生成し、自然界の水の循環を支えています。森林はまた、野生生物の多様性を促進し、森林に依存して生計を立てる先住民コミュニティに家を提供します。地球上の動植物の90%が、生きるために森林を必要としています。食料や燃料、木材など、私たちの暮らしに不可欠なものの多くが森林から与えられたものなのです。 およそ50か国から年間約1,900万m3の丸太を調達するイケアは、世界の森林と木材業界に大きな影響力を持ち、木材の調達方法にポジティブな影響を及ぼす大きな責任を担っています。責任を持って木材を調達し、森林を管理することで、森林に依存する人々のニーズを満たし、企業がサステナブルに事業を展開できるようにし、森林のエコシステムを保護し、生物多様性を向上させることができます。

よりサステナブルな供給源から調達した木材

イケアは責任ある林業を促進するため、厳しい業界基準を遵守しています。私たちは、サプライチェーン内で、違法伐採が行われている森林や保全価値の高い森林、社会的紛争が起きている地域から調達した木材は一切受け入れていません。 サプライヤーは、イケアとの取引を開始する前に、イケアの木材調達に関する要件への遵守を明示する必要があります。イケアは、すべてのサプライヤーに対して、木材をよりサステナブルな供給源(FSC認証の木材またはリサイクル木材)から調達することを求めています。すべてのサプライヤーに定期的に監査を行い、遵守していないサプライヤーは即座に是正措置を取るように求められます。 サプライヤーと一緒に取り組むことで、よりサステナブルな供給源から調達するという目標を達成することができました。これは2020年までに達成することを目指していた目標です。現在、イケアの製品に使用されている木材の98%以上が、森林管理協議会(FSC)認証の木材またはリサイクル木材となっています。

イケアのフォレスト・ポジティブ・アジェンダ 2030

サステナブルでない農業やインフラの普及、違法伐採のために、世界中の森林とそれを取り巻くエコシステムに対する圧力が増している今、これからの世代のために、こうした重要な資源を保護し支援する、さらに総合的なアプローチを取るべきときが来ています。 イケアのフォレスト・ポジティブ・アジェンダ 2030は、森林管理の強化、生物多様性の向上、気候変動の軽減、サプライチェーン全体の森林に依存する人々の権利とニーズの保護、さらに賢く木材を活用するイノベーションの推進を目標として掲げています。このアジェンダでは、主に次の3つの領域に焦点を当てています。• 世界中で責任ある森林管理を当たり前のものにする。• 森林破壊を止め、荒廃した景観に森を再生する。• すべての製品を開発のスタート段階から再利用、修復、再製造、リサイクルを念頭に置いてデザインすることで、より賢く木材を活用するイノベーションを推進する。

一緒に取り組むことでさらに高い目標を達成する

イケアは長年、企業や政府、社会活動グループ、NGOと組んで森林の荒廃や破壊を防止し、サプライチェーンの内外で、責任を持って管理されている森林から調達した木材の量を増やして入手しやすくしてきました。 世界中の森林管理を強化し、責任ある木材の調達を業界標準にする長期的な取り組みを通じて、回復力のある森林環境の構築と、生物多様性の向上に貢献しています。

原材料

竹について

強度と柔軟性があり、世界でもっとも成長の早い植物のひとつです。竹はいろんな使い方ができる、優れた再生可能素材です。竹は草の一種で、通常は肥料や灌漑の必要なく成長します。収穫後は、新しい芽が成長し、4-6年後に再び収穫できます。イケアでは、家具やバスルームデコレーション、バスケット、ランプなどのアイテムに竹を使用しています。そして、多用途に使えるこの素材を活用する商品エリアをさらに拡大するために研究を続けています。