メインに戻る
メニュー

IKEA立川のサステナブルな取り組み

あなたのお買い物が、子供たちの笑顔につながるお会計の際、IKEA Familyカードを呈示すると、1 回につき¥10がイケアストア近隣にある子供の施設にイケアから寄付されます。
イケア・ジャパンは、「より快適な毎日を、より多くの方々に」というイケアのビジョンを実現するため、これまでもさまざまな社会支援活動を行ってきました。2015年9月には、IKEA Familyメンバーとともに、「子ども募金プロジェクト」をスタートさせました。IKEA立川でも、以下の施設へ家具寄贈を行いました。

2022年 NPO法人ゆめのめ
 2022年 NPO法人くにたち夢ファームJikka
2022年 国立市保有シェルター
2022年 フードバンク立川
2022年 フードバンク八王子
2021年 れんげ学園
2021年 こども食堂 ふくろうはうす
2021年 武蔵野赤十字病院
2021年 西立川保育園
2021年 立川みらい
2021年 おやこ食堂

2020年 羽衣保育園
2020年 みらいのたね保育園
2020年 児童発達支援スクール コぺルプラス
2019年 れんげ学園
2018年 きらめきの森保育園
2018年 子ども未来センター別棟
2018年 立川相互病院子ども診療所
2017年 新生小学校
2017年 子ども未来センター
2017年 第十小学校
2016年 至誠学園


IKEA立川 Circular Hub(サーキュラーハブ)

「サーキュラーハブ」では、ご不要になったイケアの家具の持ち込みや再生商品の購入ができるだけなく、コワーカーによる家具の修理を見学できるコーナーや、商品のメンテナンス方法などを伝えるワークショップが開催できる「Learn & Share area」を設け、お客さまがより簡単に、そして手ごろな価格でよりサステナブルな暮らしが実現できるよう提案していく場所となります。イケアでは2030年までに完全な循環型ビジネスに移行できるよう取り組んでいます。

イケアの家具に第二の人生

ご来店の際は、ぜひ1階レジ横にある新しく登場したサーキュラーハブにお立ち寄りください。
※商品のお取り置き、在庫のお問合せは承っておりません。
※イケアストア、およびIKEAオンラインストアとの価格とは異なります。


立川市との「包括連携協定」締結 

それぞれの資源や特色を生かしながら、多岐にわたる分野での市民サービスの向上や地域の活性化、サステナビリティの推進を図ることを目的としています。IKEA立川が地元のみなさんに親しみのある場所になることを日々心掛けています。今後は立川市とのパートナーシップのもと、サステナブルな活動を通じて、より一層地域の活性化に取り組んでいきます。 

子ども食堂

イケア立川は商品の寄付の他に、食品の寄付も行っています。毎月定期的に食材を寄付しており、食材はフードバンク様を通じて子ども食堂に届けられています。

太陽光発電パネル

IKEA立川の屋上には3892枚もの太陽光パネルを設置しており、1日約3000kWhの電力を発電しています。これにより、ストアの消費電力の約30%をまかなえる程の電力を作っています。(発電量は日によって異なります。)

家具買取りサービス

ご不要になったイケアの家具を引き取り、家具の状態に応じた金額をリターンカードで還元します。お引き取りした家具は、メンテナンスを施したうえで、イケアのアウトレットで販売します。まだ使える家具を、大切に使ってくれる人にバトンタッチしませんか?IKEA Familyメンバーの方はさらに、下取り金額に10%上乗せ!

EV(電気自動車)用急速充電スタンド

イケアは電気自動車を応援します。環境に優しい電気自動車は、走行中にCO2を排出しません。 地球温暖化対策に取り組んでいるイケアでは、EV(電気自動車)用充電スタンドを無料でご利用いただけます。より地球に優しいショッピングをご提供するために、私たちはCO2排出量の削減に積極的に取り組んでいます。

【 電気自動車充電スタンド設営場所 】
P2駐車場内
平日11:00~19:00
土日祝日10:00~20:00
*無料でご利用いただけます。

「mymizu」(マイミズ)給水スポット

イケアはプラスチック削減への取り組みの姿勢に共感し、無料で給水場所が探せるアプリ「mymizu」(マイミズ)に、無料給水スポットとして登録をしています。マイボトルをお持ちいただき、お気軽にご利用ください。給水スポット:IKEA立川2階 イケアレストラン&カフェ(無料)