メインに戻る

よりサステナブルな食生活を実現する方法

食品は、人間の健康にとても重要な要素。そして、その生産、処理、廃棄は、環境に多大な影響を与えます。おいしくて、お手ごろで、健康的な植物由来の食品を選ぶようにする。そうすれば、おのずと二酸化炭素排出量を削減することができます。

グリーン&ホワイトのまな板に置いたトマトとスプリングオニオンを包丁でスピーディーにカット。隣にはほかの食材や用具。
Video: 光沢のあるステンレススチール製フライパンの上に舞っているHUVUDROLL/フヴドロル プラントボール12個。背景はベージュの壁。

ミートボールに代わる新たな食品

植物由来の食品は、肉や乳製品に比べ、環境に与える影響がとても少ないことはご存知ですか?そして、サステナブルな食品はおいしくないと勘違いしている人も大勢います。

たとえば、イケアのミートボール。おいしいことは、その人気からも明らか。毎年、およそ10億個も消費されています。HUVUDROLL/フヴドロル プラントボールは100%植物由来。熱烈な肉好きにも支持されています。実際、プラントボールを一口食べても、あのミートボールとの違いに気づかないかもしれません。その上、クライメートフットプリント(気候にかかる負荷)はミートボールのわずか4%。

HUVUDROLL/フヴドロル プラントボールは、サステナブルな食品を敬遠している人に、そのおいしさと栄養価を伝えてくれます。

HUVUDROLL/フヴドロル プラントボールを見る
Video: ホワイトのHÅLLBAR/ホルバル 分別ゴミ箱が2個。一方のふたが開いていて、前景の手からゴミが投げ込まれる。

資源ゴミに新たな命を

どんなに節約して暮らしていても、食材のゴミはある程度出てきます。でも、このようなゴミを適切な方法で処理すれば、環境への負担を減らすことができます。

庭やバルコニーがある場合は、生ゴミをゴミを捨ててしまうのではなく、堆肥にしましょう。捨てるつもりだったの野菜の根を栽培することもおすすめ。レタスやスプリングオニオンの芯を小型容器に入れて水に浸し、根が出てきたら土に植えます。

食品のパッケージ(包み、紙パック、容器、缶など)は、素材別にゴミ箱を用意すると簡単に分別でき、自宅がすっきりかたづきます。独立型もビルトイン型も幅広くそろっているHÅLLBAR/ホルバル シリーズなどで、リサイクルゴミの収集日まで見えないように収納しましょう。

ゴミに新たな命を与えた自分を誇らしく思えるようになりますよ。

すべての分別ゴミ箱を見る
Video: フルーツや野菜が入ったサイズの異なる保存容器の積み重ね。映像が上下に動く。

ムダにしない、したくない

毎年、世界で食品の3分の1がムダになっているそうです。この途方もない数値は、キッチンでの習慣をちょっと変えるだけで少なくできる可能性があります。

食材を買うとき、日持ちしない食品は傷む前に使いきれる分だけ購入するようにしましょう。そして帰宅したら、食材を透明の容器に入れて、手の届く位置に収納します。そうすれば、生鮮食品は少し長持ちし、何を先に使うべきか見ればすぐにわかります。

夕食の残りは、ゴミ箱ではなく保存容器へ。冷蔵または冷凍すれば、翌日の手軽なランチになります。手ごろな価格のIKEA 365+ ガラス容器は耐熱ガラス製。保存して、あたためて、そのまま食卓へ出すことができます。食器洗いの手間を省くこともできますよ。

すべての保存容器&整理アイテムを見る