LÅNESPELARE ローネスペラレ フロアプロテクター,

価格 ¥ 5999
消費税込み。価格は店舗によって異なる場合があります

購入方法

オンラインストア利用可能かチェックしている...
店舗受取り利用可能かチェックしている...
イケア店舗利用可能かチェックしている...
8 LÅNESPELARE ローネスペラレ画像
画像をスキップ

フロアプロテクターを敷けば、ゲーム用チェアのキャスターが床を傷めたり、寝ている人を起こしてしまうことを心配せずに、勝負に集中できます。冷たい床に直接足が触れて冷えることもありません

商品番号005.157.68

商品の詳細

ゲームの雰囲気を盛り上げ、ゲーム用チェアのキャスターで床に傷や汚れがつくのを防ぎます

裏面がゴム張りなので、フロアプロテクターがずれないうえ、ゲーム用チェアのキャスターも静かにスムーズに動きます

フロアプロテクターには音を抑える効果もあるので、周囲への配慮にもなります

耐久性に優れた表面。ゲームが盛り上がってうっかり飲み物をこぼしても、簡単に拭き取れます

デザイナー

IKEA of Sweden

  • ほとんどのタイプの床や平織りのラグに使えます。コルクの床や床暖房付きの木製フローリングには使用できません

  • 素材
    表布:
    ポリエステル(リサイクル材料含有率90%以上)100%
    裏面:
    合成ゴム100%
    お手入れ方法

    洗濯不可

    漂白不可

    タンブル乾燥不可

    アイロン不可

    ドライクリーニング不可

    湿らせた布で水拭きしてください

    フロアプロテクターを長期間敷いたままにすると、床にフロアプロテクターの裏面が付着し、床を傷めるおそれがあります。定期的にフロアプロテクターをはがして、床への付着を防いでください。

  • リサイクルポリエステルを布地に使用することで、新たな原材料の使用量を減らし、環境への影響を低減すると同時に、使用済みの素材に新しい命を吹き込んでいます。

    イケアは地球にポジティブな影響を与えたいと考えています。そのため、2030年までにすべてのイケア製品に、責任ある方法で調達されたリサイクルまたは再生可能素材を使用することを目指しています。

サイズ

幅: 100 cm

長さ: 110 cm

  • LÅNESPELARE ローネスペラレ商品番号005.157.68

    幅: 100 cm

    高さ: 0 cm

    長さ: 110 cm

    重さ: 3.41 kg

    パッケージ: 1

;
息子の机の足元に透明のマットは好きになれず、色々と探していて見つけました! ちょっとホコリが付くと目立つし取れにくいんですが、固く絞ったタオルなどで拭けばきれいになりました。 息子が兎に角気に入ってます!5
床との相性なのか伊藤フローリングの上には置かず、ラグの上に置いて使用。 割とずれます。ずれ防止のを使った方がおすすめ。 素材もクリアの方が耐久性は高そう。3
LÅNESPELARE ローネスペラレ フロアプロテクター, 110x100 cm

ポリエステルへの取り組み

ポリエステルは、耐久性に優れ、しわになりにくく、手入れしやすく、ラグ、枕、キルト、クッションなどのホームファニッシング製品に最適な素材です。 未使用のポリエステル(バージンポリエステル)の欠点は、石油、石炭、または天然ガスからつくられていることにあります。つまり、バージンポリエステルを使用すると、地球の天然資源を使い果たすことになります。そのためイケアは、製品に使用するバージンポリエステルをすべてリサイクルポリエステルに置き換えています。 2020年には、イケアのテキスタイル製品に使用するバージンポリエステルの79%をリサイクルポリエステルに置き換えるという節目に到達しました。今後、ポリエステルを使用するすべての製品にリサイクルポリエステルのみを使用するという目標に向かって変革をさらに加速させていきます。

バージンポリエステル vs リサイクルポリエステル

もともとすべてのポリエステルは再生可能でない石油由来の原料からつくられていましたが、イケアでは、リサイクルポリエステルのみの使用へと徐々に切り替えています。ポリエステルのよい点は、製品の品質に悪影響を及ぼさずに繰り返しリサイクルできることです。 リサイクルポリエステルで製品をつくることで、生分解性できない素材に第二の人生を与え、最終的に埋め立てや海洋投棄になる量を削減することができます。廃棄するかわりに、ペットボトルやほかのリサイクルポリエステルを使用して、テキスタイル、収納ボックス、キッチン扉&引き出し前部、ランプをつくることができます。 リサイクルポリエステルは、外観、品質、機能性の面でバージンポリエステルと変わらず、CO2排出量をおよそ50%削減します。また、同様に衛生的で、あらゆる点で安全です。

リサイクルポリエステルの課題

リサイクルポリエステルを使用することで、石油への依存を軽減することができます。つまり、リサイクルポリエステルに切り替えることで、その分のバージンポリエステルに使われたバージン化石燃料を使用せずに済んでいるということです(染色など、リサイクルポリエステルの生産後にバージン原材料を使用する場合もあります)。 若干の例外はあるものの、課題はポリエステルをリサイクルポリエステルとして再利用することではく、手ごろな価格にして誰でも購入できるようにすることです。多くの場合、環境への影響が少ない製品には、高い値札がつくためです。イケアは、リサイクルポリエステル製品をさらに手ごろにして、多くの人々が購入できるように努めることで、そうした状況を変えたいと考えています。

リサイクルポリエステルのみを使用

イケアは、2030年までにバージン化石素材への依存を終わらせ、再生可能素材またはリサイクル素材のみを使用することに決めました。 製品の原材料であるポリエステルへのこうした取り組みを加速させて、テキスタイル製品に使用するバージンポリエステルをすべてリサイクルポリエステルに置き換えることを目指しています。2020年、イケアはテキスタイル製品に使用するバージンポリエステルの79%をリサイクルポリエステルに置き換えました。つまり質量で、13万メートルトンのリサイクルポリエステルに切り替えて、20万トンのバージンポリエステルを削減したことになります。 目標をまだ100%達成できていませんが、これまで多くの障害を克服して前進してきました。こうした削減量によって、イケアはリサイクルポリエステルへの切り替えの先駆者となっています。イケアの決定がさまざまな業界全体の変化を促し、インスピレーションとなることを願っています。

責任ある調達

イケアでは、サプライヤーへの要件として、イケア製品に使用するすべてのリサイクルポリエステルを、グローバル・リサイクルド・スタンダード(GRS)に準拠するリサイクル業者から仕入れ、イケア製品のトレーサビリティを確保することを求めています。 グローバル・リサイクルド・スタンダードに準拠したリサイクルポリエステルを使用することでしか、リサイクル業者の生産工程を社会、環境、化学の各側面で徹底することはできません。イケアは現在のところ、GRSスタンダードが市場でもっとも優れたスタンダードであると考えています。イケアはパートナーや、Textile Exchangeなどのテキスタイル団体と連携し、リサイクル業者を越えた素材のトレーサビリティの確保など、リサイクル素材に関するスタンダードの改善を行っています。

原材料

リサイクルポリエステルについて

リサイクルポリエステルで製品をつくると、PETボトルやその他のポリエステル資源は新たな命を得ることができます。たとえば、テキスタイル、収納ボックス、キッチン扉/引き出し前部、あるいはランプなどの製品に生まれ変わります。そうした製品は、未使用のポリエステル(バージンポリエステル)でつくられた製品とまったく同じ品質や機能性を備えています。もちろん、きれいで安全という点でも同じです。おそらくもっとも素晴らしい点は、新しい原材料の使用の削減に貢献できることでしょう。