KUNGSFORS クングスフォルス 水切り

価格 ¥ 5999
消費税込み。価格は店舗によって異なる場合があります

購入方法

オンラインストア利用可能かチェックしている...
店舗受取り利用可能かチェックしている...
イケア店舗利用可能かチェックしている...
8 KUNGSFORS クングスフォルス画像
画像をスキップ

プロのキッチンからヒントを得て、家庭向けにアレンジしました。目指したのはまさにレストランのキッチン。耐久性に優れた素材と便利なウォール収納にこだわりました。そんなクリエイティブなキッチンなら、料理のアイデアも広がります

商品番号203.712.26

商品の詳細

壁に直接取り付けることも、KUNGSFORS/クングスフォルス システムに組み合わせることも、ワークトップの上に置くこともできます

取り外し可能な水受けトレイ付き

滑り止め効果のある柔らかなプラスチック製の足付き。ワークトップの上に置いて使うときに安定します

お皿を立てるための突起はたためるので、棚としても使えます

湿度の高い場所でも使用できます

デザイナー

Ehlén Johansson

  • 水切りを壁に設置する前に、食器を置くスペースの高さが十分にあることを確認してください

    壁に直接取り付けることも、KUNGSFORS/クングスフォルス 吊り下げレールに取り付けることもできます

    壁の材質により使用できるネジの種類が異なるため、専用の取り付けネジは含まれていません。壁の材質に適したネジをご使用ください

    取り付け面の材質によって耐荷重が異なる点にご注意ください。たとえば石膏の壁は、木材やコンクリート、レンガの壁に比べ耐荷重性に劣ります

    取り付けに適したネジがわからない場合は、ホームセンターなどの専門店にご相談ください

    KUNGSFORS/クングスフォルス シリーズのほかの商品と組み合わせて使えます

    屋内使用推奨

  • 素材
    ストリップ/ トレイ:
    ステンレススチール, ステンレススチール
    ブラケット/ リベット:
    ステンレススチール
    ワイヤー:
    スチール, 亜鉛メッキ, 粉体塗装
    お手入れ方法

    中性洗剤を含ませた布で拭いてください

    きれいな布でから拭きしてください

    ステンレススチールのお手入れの際は、常に長辺の方向に拭いてください。ツヤが出てピカピカになります

    研磨剤やスチールウール、硬い道具や尖った道具はステンレスの表面を傷つけるおそれがあるので、使わないでください

サイズ

幅: 60 cm

奥行き: 30 cm

高さ: 10 cm

  • KUNGSFORS クングスフォルス商品番号203.712.26

    幅: 32 cm

    高さ: 5 cm

    長さ: 63 cm

    重さ: 3.76 kg

    パッケージ: 1

;
満足認証済ユーザー狭い賃貸のシンクサイズにぴったりでした。 賃貸のため、シンクに直置きですが問題なく使用できてます。 かなりの重量を置いても大丈夫です。基本、皿類を置くことを前提に作られている(日本仕様ではない)ので、分ってはいましたが、、お椀類を置く場合は滑り止めかねて、横にもついて欲しかった。 皿受けの仕切りも、一部倒して使えるようになれば、和食器も置きやすくなると思う。 あとは、水受けがステンレス製でかなりの重量あり、軽い素材への変更希望します(水捨てが重くて面倒に感じる)。ステンレス素材のため、肌は切れはしないが、キッチンに傷を付けそうなので、、☆-1です。4

原材料

ステンレススチールについて

ステンレススチールは、建物の構造から、自動車、シンクやナイフに至るまで、あらゆるものに使われています。なぜそれほど広く使われているのか、理由は明らか。ステンレススチールは強固で耐久性に優れ、腐食、つまりサビに強い素材だからです。ステンレススチールは通常、ニッケルの含有量が少なく、イケアの製品には主にニッケルフリーのステンレススチールを使用しています。ほかの金属類と同様に、ステンレススチールは繰り返しリサイクルして新たに長持ちするものにつくりかえることができ、その特性が失われることはありません。

デザイナーからのメッセージ

デザイナーからのメッセージ

KUNGSFORS/クングスフォルス シリーズをデザインしたときに一番大事だったのは、料理の楽しさを広めることでした。キッチン用品や調味料、食材を見えるように収納するのに役立つシリーズにしたいと思いました。見せる収納は、キッチンをおしゃれに演出するだけでなく、食欲や料理のやる気も刺激します。また、キッチン用品の整理整頓をよりシンプルにすることで、料理をより簡単にしたいという思いもありました。このシリーズの各種パーツは好きなように組み合わせられるので、大きいキッチンにも小さいキッチンにもフィットし、各家庭で異なるニーズにも対応します。

デザイナー:Ehlén Johansson