物件・ホテル・民泊レイアウト事例集 : 株式会社ユニバーサルホーム 様

徳島ハウス

“今日から住みたい”北欧スタイルのモデルハウス

株式会社ユニバーサルホーム 様(ヘッドオフィス:東京都中央区)

これから家を建てて、新しい暮らしを始めようとする方々にとって、モデルハウスは大きな指針の役割をします。どんな家にしたいか、どんな風に暮らしたいか、等身大でイメージができることが大切なのかもしれません。
2019年10月に徳島市に期間限定でオープンした、北欧ライフスタイルホーム「FIKA(フィーカ)」は、ユニバーサルホームの新しいモデルハウスです。FIKAとは、スウェーデン語で「ひと休み」や「コーヒーブレイク」を意味します。北欧インテリアを熟知したプロがデザインし、イケアの家具で全室を作り上げたモデルハウスは注目を浴びました。単に家具をレイアウトしたのではなく、家具ごと設計した住宅なのです。
ユニバーサルホームのこの新しい「FIKA」の取り組みについて、ヘッドオフィス店舗推進課の八木橋二朗さんにお話しを伺いました。

店舗推進課 八木橋二朗さん

店舗推進課 八木橋二朗さん

単なる箱ではなく、無駄のない空間作りをしたい

徳島ハウス

リビングのソファは日本の住宅用にデザインされたコンパクトサイズを採用。

ユニバーサルホームは、新築木造の注文住宅で定評のある住宅メーカーです。今回の「FIKA」について、八木橋さんはこう語ります。
「家というのは箱です。どこのメーカーでも、注文住宅はお客さまのご希望を伺って、白紙の状態から設計し、作り上げ、出来上がった箱の状態でお渡しします。その箱に、お客さまがご自分で家具を入れていくわけですね。どんなに希望通りの箱ができても、家具をレイアウトして実際に住み始めると、どうしても“無駄な余白”が出てきてしまう。これを解消できればと思ったのです」。
住まいの空間の無駄なスペースや、動線の悪さ、そのようなちょっとした不満は、おそらく誰もが日々感じていることだと想います。そしてそれは、希望通りに設計した住宅であっても完全に解決できる問題ではないようです。
「たとえば、“ここにコンセントがあったら良かったのに”というようなこともそのひとつです。住宅を提供する側として、無駄が極力ない状態でお渡しできないかと考えた時に、最初からインテリア、ホームファニチャーを含めて設計できたらと発想したのです。それが“FIKA”のスタートです」。

なぜイケアを選んだか。北欧ライフスタイルの魅力

八木橋さんは、「私たちは住宅の設計・建築のプロですが、ホームファニチャーのプロではありません」と言います。今回のプロジェクトに当たっては、その専門家の力を必要としていました。

「そして出会ったのが、今回内装のプロデュース、インテリアデザインをしてくださった、アールティー・ヘンマ株式会社の竹川倫恵子さんなんです。竹川さんは北欧インテリアデザインのプロフェッショナルで、彼女に相談をした時に、このプロジェクトはうまくいくと確信しました」。
ユニバーサルホームは、「床暖房」に力を入れています。寒冷地の住宅も多数設計していて、寒い季節も家の中で上手に暮らす北欧のライフスタイルに、八木橋さんは共感を覚えていたそうです。
「北欧家具は日本の住宅にも馴染みやすいし、今回、イケアの家具でコーディネートすることになり、イケアの暮らしの考え方は、私たちの住宅のコンセプトに合っていると思いました。IKEA for Businessのような法人向けシステムがあることも今回知り、利用できたことも大きかったですね」。

キッチン&ダイニングスペース。ダイニングテーブルは、人数が増えた時に簡単に伸長できるものをセレクト。壁際にもうひとつ奥行きの狭いテーブルを配置して、空間を有効利用。

イケアの店舗がない地域でのモデルハウスの挑戦

設計の段階から、インテリアの専門家に入ってもらうというこのプロジェクトは、こうして始まりました。2019年10月オープンに向けて、2月より打ち合わせがスタート、4月に施工開始と、なかなかハードスケジュールだったそうです。「プランニングの速さと的確さ、そしてIKEA for Businessの迅速な対応のおかげで、無事オープンできました」と八木橋さん。
このモデルハウスが作られたのは、徳島市の住宅街の一角です。一番近いイケアの店舗が瀬戸内海をはさんだIKEA神戸という立地で、イケアでのコーディネートという試みはお客さまに訴えるものはあったのでしょうか?「お客さまは、驚くほどイケアに関心が高かったですね。IKEA神戸に行かれている方ももちろんいましたし、北欧のライフスタイルに興味がある方が多かったようです。FIKAというネーミングも、すごく良かったと思います」と八木橋さんは語ります。

玄関はすっきりと。奥にウォークインクロゼットを設けることで、靴やアウターを効率良く整理。

玄関にウォークインクロゼットがあると、外出時、帰宅時にとても重宝。

テラスはウッドデッキに。広いスペースでなくても、屋外用の折りたたみ式テーブルとチェアを置いて、くつろぎのスペースに。

実際に、モデルハウスの来場者は予想を上回る数だったそうで、お客さまの反応もとても良かったそうです。「今回のコンセプトである“今日から住みたい家”という提案は、まさにFIKAで具現化できたと思います。お客さまが、手を加えずにこのままここに住みたいと思える、そんな提案が成功したことは、大きな第一歩となりました。FIKA第2弾も企画していきたいと思います」と八木橋さん。「私たちが考えるモデルハウスは、“住宅展示場”ではなく、もっと等身大の“街角モデルハウス”です。それが、今回のプロジェクトによって、より理想に近づいたと思います。IKEA for Businessを利用しながら、今後も『建築+インテリア』を組み合わせて設計する北欧スタイルの住宅に、力を入れていきたいと思います」。


DATA

法人名 : 株式会社ユニバーサルホーム
所在地 : (ヘッドオフィス)東京都中央区八丁堀2-7-1 八丁堀サンケイビル5階
HP : https://www.universalhome.co.jp
会社概要 : 木造一戸建て注文住宅販売のフランチャイズ
今回のモデルハウス展示場 : ユニバーサルホーム徳島北店
http://www.uh-tokushima.com
導入年月 : 2019年10月
導入に要した期間 : 約7ヶ月
IKEA for Businessを選んだ理由 : イケアの知名度、北欧デザインのおしゃれさと明るさ、暮らしを楽しくするデザイン性、組み合わせの自由さ、コストパフォーマンス
担当したイケアストア : IKEA Tokyo-Bay
使用したイケアのサービス : ピックアップ代行サービス、配送サービス、組み立てサービス

(デザイン担当会社)
法人名 : アールティー・ヘンマ株式会社
所在地 : 東京都渋谷区神宮前2-31-20 アコルデ神宮前403
http://rthemma.co.jp

※使用されている商品は記事掲載時期のもので、販売終了になっている商品が含まれる場合がありますのでご了承ください。