メインに戻る

夏の終わりの盛大なパーティーを開こう

スウェーデンのザリガニパーティー、Kräftskiva(クレフトシ―ヴァ)はみんなが楽しみにしている夏の風物詩。おいしい料理とお祭り気分、一年で一番気持ちのよい季節を楽しむパーティーです。それに、なによりスウェーデンらしさあふれるイベントです。何を食べるのか、どんな準備をすればよいのかを紹介します。あなたもぜひお試しください(夏でなくてもかまいませんよ)。

ザリガニをあふれんばかりに盛ったサービングスタンド
ザリガニをあふれんばかりに盛ったサービングスタンド

ザリガニパーティーって?

スウェーデンでは昔ザリガニ漁は法律で8月後半のみと決められていました。もちろん今は一年中ザリガニを手に入れることができますが(お近くのイケアストアで購入できますよ)、ザリガニパーティーは今も伝統に乗っ取り8月に行うのが一般的です。今では、どちらかというと友人や家族が集まって、みんなで一緒にさわやかな夏の終わりを惜しみながら楽しい時間を過ごすのが目的となっています。

ザリガニだけでお腹いっぱいになるのは実は難しいかも(でも、たくさん食べてくださいね)。だから、ディルを添えたザリガニの山の横には、パンやバター、ヴェステルボッテン・チーズ、チーズパイも並びます。これをビールやシュナップス(アルコール度数の強い蒸留酒)で流し込むのがザリガニパーティーの作法です。

    歌の時間です!
    ちょっと馬鹿げた歌のないザリガニパーティーなんて、ザリガニパーティーとは言えません。(歌はもちろん、スウェーデン語です。)しきたりを守るならば、一曲歌わなければシュナップスを飲むことは許されません。ちょっとややこしい歌なので、イケアのコワーカーに歌ってもらい、その様子をビデオに収めました。これで、楽しいザリガニパーティに必要なものはすべてそろいました。