8 STOLTHET ストルトヘット画像
画像をスキップ

STOLTHET ストルトヘット まな板, 竹,

価格 ¥ 1999
消費税込み。価格は店舗によって異なる場合があります

購入方法

商品番号105.128.11

商品の詳細

デザイナー

Friso Wiersma

サイズ

長さ: 35 cm

幅: 22 cm

高さ: 8 cm

レビュー

まな板としてではなく台として使用レビュー投稿者低いコーヒーテーブルで食事をする際の台として購入しました。これで腰痛くせず食事できます。5
アプリで見つけて店舗で購入レビュー投稿者食材を切りながら、最短距離で炒め物ができるので時短になると思いました。背の高い夫が料理する時にも使ってもらってます。以前のまな板より包丁の音が小気味よくなり、楽しんで料理してくれています。置き場所に少し迷いますが傷んだらまた購入したいです。5
とても良いレビュー投稿者古い家の低いキッチンで腰痛に悩まされていましたが、一気に解消しました。 脚が少し滑る感じがあったので、滑り止めを貼ってみました。 材質が心配だったので、上にまな板を重ねて使用しています。5
ちょっと重いけど可愛いし使いやすいレビュー投稿者高さがあるので、まな板周りに材料を置いていても包丁が当たらず使いやすいです。まな板の下にバットなどを置けば切ったものをそのままスライドさせて落とすこともできます。竹がどの程度耐久力があるかはまだ分かりませんが、今のところ大きく傷がつくこともなく使えています。手入れとしては食用油でコートする方法が書いてありましたので、正解か分かりませんが私は米油で手入れしています。 問題点はあまりありませんが、強いて言うなら通常のまな板より重くてかさばる点でしょうか。我が家では乾いたら食洗機の中に収納しています。 使いやすいので買って正解だったと思っています。5
高さがよい!レビュー投稿者高さがあってよい! 身長180〜185cmの男性にも高さピッタリ 魚さばきやすいそうです。 切った食材、野菜などささっと段差利用して保存容器、お鍋にいれれます。 収納が気になるなぁ〜 と思っていたのですが特に問題無し。 日々活躍しています。5
足つきなのでまな板の下のベチャベチャが気にならない。レビュー投稿者足つきなのでまな板の下のベチャベチャが気にならない。5
安定感ありレビュー投稿者意外とずっしりと安定感あります。 長く使えそう。4
これはいいレビュー投稿者平らなまな板に比べ高さが有る事が調理人にとっては正に感じられるステイタスかと4
便利でしたレビュー投稿者乾きやすいし、 我が家のキッチンは狭いので コンロの上に置いて食材を切ったりしました☆5
正規の使い方では無い使い方をしてるのですが、設置場所に丁度良いサイズ、高さなので良かったです。レビュー投稿者正規の使い方では無い使い方をしてるのですが、設置場所に丁度良いサイズ、高さなので良かったです。4
まな板レビュー投稿者もう少し大きいともっと使いやすいと思います2
使いやすいレビュー投稿者狭い流し台の上で丁度のサイズ感で使いやすかった。5
犬の台レビュー投稿者小型犬のご飯台に使いました。 高さもちょうど良く食べやすそうでよかったです。5
ちょうどいいレビュー投稿者この上にまな板を載せて利用しましたが高さがちょうど良くて、切った野菜などもそのまま別皿へ移動することができて便利です。5
本来の使い方ではないけれどレビュー投稿者竹で出来ているので和室に合いました。 飾り台になってます。 丈夫ですし気に入ってます5
調理しやすいレビュー投稿者高さが変わるだけでこんなに楽になるのかと実感した。 ダメになったらまた購入したいので廃盤にしないでほしい。5
調理しやすくていいのですが、置き場所に悩んでます。レビュー投稿者調理しやすくていいのですが、置き場所に悩んでます。4
良いですレビュー投稿者まな板としてではなく、PCモニターの台として使っています。小さなスペースにおけて、大変便利です。 木の感じも優しくて気に入っています。5
高脚なのは便利レビュー投稿者素材が竹ということで、どうしても切っているとささくれが出てくる。洗っている時に刺さるかも知れないので怖いなと思う。 でも高さがあるのはほんとに便利。3
良かったレビュー投稿者サブのまな板にしています ダイニングテーブルを使って料理する時に高さが良いです5

デザイナーからのメッセージ

デザイナーからのメッセージ

「私は天然素材を使用した飽きの来ないデザインの、シンプルで機能的な商品が好きです。STOLTHET/ストルトヘット まな板をデザインしたときは、食材をカットし、刻み、まとめるためのスマートな方法を見つけたいと思いました。プロの料理人はすべての食材をそろえて下準備をしますが、家のキッチンにも取り入れられる方法です。私が思い付いたアイデアは、まな板を少し高くすることで、IKEA 365+ 保存容器をまな板の下に滑り込ませ、作業スペースを効率よく使えるようにすることでした。もちろん、STOLTHET/ストルトヘ

デザイナー Friso Wiersma