ÖVERSIKTLIG オーヴェルシクトリグ ランチョンマット, ライトグレー,

価格 ¥ 299
消費税込み。価格は店舗によって異なる場合があります

購入方法

オンラインストア利用可能かチェックしている...
店舗受取り利用可能かチェックしている...
イケア店舗利用可能かチェックしている...
人気商品
8 ÖVERSIKTLIG オーヴェルシクトリグ画像
画像をスキップ

このランチョンマットはRÄSKOG/ロースコグ ワゴンのトレイにぴったりです。ワゴンの表面を保護し、音を抑えるマット。ワゴンを移動しても中の物が動きません

商品番号704.692.30

商品の詳細

ワゴンの表面を保護し、音を抑えるマット。ワゴンを移動しても中の物が動きません

ランチョンマットの裏に滑り止めが付いているので、ずれにくく、安定感があります

  • RÅSKOG/ロースコグ ワゴンの中にぴったり収まります

  • 素材
    ポリエステル 100%
    お手入れ方法

    手洗いしてください(40℃以下)

    漂白不可

    タンブル乾燥不可

    平干し

    アイロン不可

    ドライクリーニング不可

    濡れているうちに形を整えてください

  • イケアは地球にポジティブな影響を与えたいと考えています。そのため、2030年までにすべてのイケア製品に、責任ある方法で調達されたリサイクルまたは再生可能素材を使用することを目指しています。

サイズ

長さ: 39.0 cm

幅: 29.0 cm

  • ÖVERSIKTLIG オーヴェルシクトリグ商品番号704.692.30

    幅: 29 cm

    高さ: 0 cm

    長さ: 39 cm

    重さ: 0.08 kg

    パッケージ: 1

;
とてもよいなにかがこぼれたりしても、オーヴェルシクトリグがあるので安心です。5
これまでランチョンマットを折り曲げてクッション代わりにしてましたが試しに購入して良かったです。欲を言えばコスト面から厳しいとは思いますが如何に中山これまでランチョンマットを折り曲げてクッション代わりにしてましたが試しに購入して良かったです。欲を言えばコスト面から厳しいとは思いますが如何にも再生ポリエステルカラーっぽいので、メリハリの有るカラーが数色有れば良いと思います。4
展示を見て買いました。以前購入したワゴンの中に引いて使っています。当然ですがピッタリサイズで物が落ちることもなく使い勝手が良いです。田中展示を見て買いました。以前購入したワゴンの中に引いて使っています。当然ですがピッタリサイズで物が落ちることもなく使い勝手が良いです。5
茶色の物も出して欲しいです。サイズも少し小さい物が欲しいです。小山茶色の物も出して欲しいです。サイズも少し小さい物が欲しいです。4
ロスコ-グの上段に敷きました。愛猫が上段で寝るようになりました。青木ロスコ-グの上段に敷きました。愛猫が上段で寝るようになりました。5
あると便利山本迷ったけどあったら便利な一品です。5
良いです。岩桐リピします。5
お願い!松岡ワゴンが可愛い色がたくさんたるので、このシートも綺麗め、可愛めカラーを出して、ワゴンとポップに使いたいです! グレーは残念ながら一番下のカゴに使います。リピ無しです。3
追加で購入山内キッチンワゴンを購入して追加で棚マットを購入。デザインも大きさも満足できて棚内のクッション役と汚れ防止のマットはとても良いと思います。5
サイズがちょっと吉川イケアのワゴンに敷くマットとして購入。 ぴったりサイズを期待していたのですが、微妙にちょっと大きかったので、端っこがちょっと曲がってます。 それ以外は、問題なし!2
色が他にもあるといいなと思いましたが、 気に入って使ってます。古屋色が他にもあるといいなと思いましたが、 気に入って使ってます。4
音の軽減に中倉金属のメッシュになっているので、 傷や音が気になる方にはお勧めです。5
コレは1枚ずつなのね…斉藤3枚組だと更に良いのですが。 コレがあるとないとでは使い勝手が違います!4
生地がしっかりしている大河内カートで使えるピッタリサイズ3
良い商品です。木島しっかりとした生地で使いやすいです。5
防音、防傷!勝間田上段に瓶や缶に入った調味料、中段にStaub鍋を入れています。瓶や鍋を置く際に音や傷防止になって良いです♪5
買って良かった大滝ワゴン購入後、購入しました。買って良かったです。滑り止めになり、必要でした。5
想像通り、おしゃれでお買い得で良かった。荻野想像通り、おしゃれでお買い得で良かった。5
使い方は色々村井本来ランチョンマットやスチールワゴンに使うのだろうが、電子レンジの下敷きに使ってます。 素材と厚みとサイズがピッタリでした。3
問題なし土屋パソコン収納のマットとして使用してます。何も問題ありません。4

ポリエステルへの取り組み

ポリエステルは、耐久性に優れ、しわになりにくく、手入れしやすく、ラグ、枕、キルト、クッションなどのホームファニッシング製品に最適な素材です。 未使用のポリエステル(バージンポリエステル)の欠点は、石油、石炭、または天然ガスからつくられていることにあります。つまり、バージンポリエステルを使用すると、地球の天然資源を使い果たすことになります。そのためイケアは、製品に使用するバージンポリエステルをすべてリサイクルポリエステルに置き換えています。 2020年には、イケアのテキスタイル製品に使用するバージンポリエステルの79%をリサイクルポリエステルに置き換えるという節目に到達しました。今後、ポリエステルを使用するすべての製品にリサイクルポリエステルのみを使用するという目標に向かって変革をさらに加速させていきます。

バージンポリエステル vs リサイクルポリエステル

もともとすべてのポリエステルは再生可能でない石油由来の原料からつくられていましたが、イケアでは、リサイクルポリエステルのみの使用へと徐々に切り替えています。ポリエステルのよい点は、製品の品質に悪影響を及ぼさずに繰り返しリサイクルできることです。 リサイクルポリエステルで製品をつくることで、生分解性できない素材に第二の人生を与え、最終的に埋め立てや海洋投棄になる量を削減することができます。廃棄するかわりに、ペットボトルやほかのリサイクルポリエステルを使用して、テキスタイル、収納ボックス、キッチン扉&引き出し前部、ランプをつくることができます。 リサイクルポリエステルは、外観、品質、機能性の面でバージンポリエステルと変わらず、CO2排出量をおよそ50%削減します。また、同様に衛生的で、あらゆる点で安全です。

リサイクルポリエステルの課題

リサイクルポリエステルを使用することで、石油への依存を軽減することができます。つまり、リサイクルポリエステルに切り替えることで、その分のバージンポリエステルに使われたバージン化石燃料を使用せずに済んでいるということです(染色など、リサイクルポリエステルの生産後にバージン原材料を使用する場合もあります)。 若干の例外はあるものの、課題はポリエステルをリサイクルポリエステルとして再利用することではく、手ごろな価格にして誰でも購入できるようにすることです。多くの場合、環境への影響が少ない製品には、高い値札がつくためです。イケアは、リサイクルポリエステル製品をさらに手ごろにして、多くの人々が購入できるように努めることで、そうした状況を変えたいと考えています。

リサイクルポリエステルのみを使用

イケアは、2030年までにバージン化石素材への依存を終わらせ、再生可能素材またはリサイクル素材のみを使用することに決めました。 製品の原材料であるポリエステルへのこうした取り組みを加速させて、テキスタイル製品に使用するバージンポリエステルをすべてリサイクルポリエステルに置き換えることを目指しています。2020年、イケアはテキスタイル製品に使用するバージンポリエステルの79%をリサイクルポリエステルに置き換えました。つまり質量で、13万メートルトンのリサイクルポリエステルに切り替えて、20万トンのバージンポリエステルを削減したことになります。 目標をまだ100%達成できていませんが、これまで多くの障害を克服して前進してきました。こうした削減量によって、イケアはリサイクルポリエステルへの切り替えの先駆者となっています。イケアの決定がさまざまな業界全体の変化を促し、インスピレーションとなることを願っています。

責任ある調達

イケアでは、サプライヤーへの要件として、イケア製品に使用するすべてのリサイクルポリエステルを、グローバル・リサイクルド・スタンダード(GRS)に準拠するリサイクル業者から仕入れ、イケア製品のトレーサビリティを確保することを求めています。 グローバル・リサイクルド・スタンダードに準拠したリサイクルポリエステルを使用することでしか、リサイクル業者の生産工程を社会、環境、化学の各側面で徹底することはできません。イケアは現在のところ、GRSスタンダードが市場でもっとも優れたスタンダードであると考えています。イケアはパートナーや、Textile Exchangeなどのテキスタイル団体と連携し、リサイクル業者を越えた素材のトレーサビリティの確保など、リサイクル素材に関するスタンダードの改善を行っています。

原材料

ポリエステルについて

ポリエステルは耐久性に優れ、早く乾き、保温性のある素材です。テキスタイル、枕や掛け布団の中素材、家具に使うのに最適です。この素材は、限りある資源である原油からつくられています。イケアはこれ以上、バージン資源である原油を使用したくないと考えているため、ペットボトルなどの資源を利用したリサイクルおよびトレーサブル(追跡可能な)ポリエステルに段階的に切り替えているところです。すばらしいことは、ポリエステルの優れた特性が変化したり、損なわれたりすることなく、繰り返しリサイクルが可能なことです。