LILLABO リラブーレール

消費税込み。価格は店舗によって異なる場合があります
¥ 999/ 10 ピース

購入方法

配送がご利用可能か確認
クリック&収集情報の確認
在庫を更新中
8 LILLABO リラブー画像
画像をスキップ

みんなで楽しい旅に出発! シュッシュッポッポッと部屋を一周したり、貨物を積み込んだり、車両を連結したり、新しい組み合わせをつくったりして遊べます。小さなエンジニアたちは、操車場で起こる日々の課題を解決するのが大好きです

商品番号103.637.26

商品の詳細

列車をもっと遠くまで走らせたい? それなら、このレールセットで線路を長くしましょう

市販のほとんどのレールシステムと組み合わせられます

LILLABO/リラブー シリーズをつくるときには、地球の資源を保全するために、材料となる木材をできる限り無駄なく使用します。商品の木目や色が一つひとつ異なるのはそういうわけなのです

お子さまの運動能力や論理的思考力の発達を促します

LILLABO列車基本セットの追加パーツです。

デザイナー

IKEA of Sweden

商品番号103.637.26
  • ビーチ無垢材

    湿らせた布で水拭きしてください

    きれいな布でから拭きしてください

  • 対象年齢:3歳以上
  • 木材などの再生可能素材を使用することで、化石原料や限りある原料を使わないようにしています。

    イケアは地球にポジティブな影響を与えたいと考えています。そのため、2030年までにすべてのイケア製品に、責任ある方法で調達されたリサイクルまたは再生可能素材を使用することを目指しています。

サイズ

パッケージ個数: 10 ピース

  • LILLABO リラブー
    レール商品番号103.637.26

    幅: 22 cm

    高さ: 3 cm

    長さ: 23 cm

    重さ: 0.60 kg

    パッケージ: 1

レビュー

3.8(13)
孫へレビュー投稿者我が家に孫が来た時のおもちゃとして買いました 一緒に遊んで大人も楽しいです5
いつも孫と遊んでいます。とっても楽しいです。レビュー投稿者いつも孫と遊んでいます。とっても楽しいです。4
凹どうし凸どうしがぶつかるレビュー投稿者以前にリラブー(列車、レール付き、45点セット)を購入して、それに追加するつもりでした。 分岐を中心に8の字につないでみましたが、凸と凸、凹と凹がかち合ってしまってつなぐことができません。これでは買った価値がないです。 つなぐためには2499円の50点セットに含まれる凸凸、凹凹が必要ですが、50点セット自体に分岐レールがあるので重複します。1
木の温もりレビュー投稿者プラレールとは違って、木製の温かさがあり良いです。ただ、レールのつなぎ目は引っかかりやすいかもしれません。3
追加レビュー投稿者線路が足りなくなったので買い足しました 女の子ですが大好きで遊んでます5
気に入ってますレビュー投稿者2歳の息子が展示で熱心に遊んでいたため購入しました。 木なので壊れにくく買って良かったと思います。 他社製品にも互換性のあるものもある様なので楽しみが増えました。5
子どもが楽しんで遊んでいます。値段も安くて手頃なのでいいです。レビュー投稿者子どもが楽しんで遊んでいます。値段も安くて手頃なのでいいです。5
互換性ありレビュー投稿者以前、子供へのプレゼントに電車とレールのセットを購入し、今回追加でレールのみ購入。プラレールの電車やトミカのトーマスシリーズなども幅が合い子供も良く遊んでおり、木製でお洒落なので気に入っています。5
レールちょい足し嬉しいtotoチャン子どもの遊びやパーツに合わせて、増やせ嬉しいです。4
ん〜〜mochimamaこのレールと電車の玩具気に入ってるのですが、ハマりにくいレールもある。3
子供達大興奮!うみころ以前のものを持っていた為、レールを繋げて楽しめるよう追加購入しました。木のぬくもりを感じるおもちゃであり、組み合わせ次第で走行が変わります。子供達の独創性を育むには良いと思います。 残念なのは、裏面にレール後がないパーツがあったことです。ひっくり返してレールの向きが変えられたら、更に良いのにと思います。以前のは出来たので、改善されると良いなと思います。4
値段相応KEI0215ひと月前に購入後、1歳半の子どもがとても楽しんで遊んでいます 良い点 木の温もり感があり出しっ放しでも見え方がかわいい 安価でプラレールなど他の電車を走らせることも可能な形 悪い点 ややガタつく 側面の木の処理が粗く、多少ざらっとしている。使ううちにトゲなどが出てこないか少し心配 このセットだけでは一周を組み立てることができず遊び方が限られる 全体的には悪くない印象でした 我が家は子がまだ小さく大がかりなセットを買って使わなかったら嫌だなと思い試し買い感覚でこちらを購入したのでまあ良いかな、という感想です3
しっかりした線路ですGeorgemom旧シリーズでは、結合部はプラスチック素材だったと思うのですが…全部木製になったのですね。全く別のメーカーですが、木製の結合部が欠けてしまったことがあり、IKEAのプラスチックのものならその心配がないと気に入っていた点だったので、少し残念です。 カーブレールが4本ですが、とりあえず円が作れる分(カーブ8本)のパックは欲しいと感じました。3
LILLABO リラブー レール

想像の世界を走る列車

LILLABO/リラブー シリーズの木製の列車が新しくなりました。デザインがモダンになり、新しいパーツが増えて、創造的な遊びと無限の想像力を刺激します。すべての年齢の子どもたちが一緒に遊んで、新しい世界を創造できるのが遊びの時間です。遊びをとおして運動能力を発達させたり、問題の解決方法を学んだりもします。LILLABO/リラブーなら、そんな究極の遊びの時間をつくれます。

荷物をいっぱい積んだ貨車を連結した列車が、小さな町の駅に到着しました。貨車をいくつか切り離したら、また次の冒険に向かって出発です……どの時代の子どもたちも、こうして同じように遊んできました。床は空想の世界の景色に変わり、線路は曲がりくねりながら続いています。不可能なことなど何もありません。木製のおもちゃの列車がこれほど長く愛されている理由は、さまざまな遊び方ができるからです。LILLABO/リラブー シリーズのモデルチェンジを担当し、新しい列車セットなどを開発したBodil Fritjofssonもそう考えています。「子どもたちは自分だけの線路や景色をつくるという創造的な遊びができるだけでなく、自分だけの想像の世界で昔ながらの列車ごっこ遊びに興じることもできるのです」。Bodilは、LILLABO/リラブーのようなクラシックな列車セットが、持続可能な無垢材製だという点も、多くの親の支持を得る理由になっていると考えています。

子どもたちのニーズを理解する

なぜBodilには、木製の列車やおもちゃが現代の子どもたちにもアピールするとわかるのでしょうか? こうした知識の一部はイケアのChildren's School(チルドレンズ・スクール)という部署から得ています。この部署は子どもに関する知識の宝庫で、先生のようなもの。ここで働くJessica Bondessonが、Children's Schoolの仕事を説明してくれました。「私たちは、イケアの従業員が子どもの発達とニーズを深く理解する手助けをして、安全で優れた子ども用製品を提供できるようにしています」。Jessicaは、LILLABO/リラブー シリーズの頑丈な線路やパーツは、技術の発達した現代でも喜ばれると確信しています。こうしたおもちゃは想像力を刺激し、子どもの論理的思考力を発達させ、人との交流を促します――どれも子どもたちが心から喜ぶことです。「2015年にイケアは遊びに関する大規模な調査を行いました。その結果をまとめた『プレイ・レポート』からわかったのは、世界中の子どもたちのニーズは同じで、どの子も親と遊ぶのを楽しいと思っているということです」。また、ほとんどの親がもっと遊んだり、仕事の時間を減らしたりすべきだと考えていることもわかりました。どの親もだんだんとこうした考え方になっています。

新しい時代の新しい列車

LILLABO/リラブーは1990年代からずっとイケアで販売されていますが、高速列車が蒸気機関車に取って代わり、貨車がカラフルなコンテナを運ぶ時代となった今、このシリーズも新しいアイテムをそろえて新たな時代を迎えることになりました。新登場の列車セットも木製ですが、コンテナにキャンディーを何個積めるかなとか、機関車はどのくらい重い荷物を積んで陸橋を登れるかななど、どの子も自分の暮らしを反映させて楽しく遊べます。新しいアイテムをシリーズに加えることで、Bodilと彼女の同僚が望んだのは、暮らしにもっと遊びと創造性を増やすお手伝いをすることです。「列車に電池と照明が付いたので、年長の子どもたちもLILLABO/リラブーで遊ぶでしょう。ファンタジーの世界を心に思い描くのに歳をとりすぎているということは絶対にありません」

もっと読む表示を減らす

原材料

無垢材について

無垢材は、イケアが大好きな素材のひとつで、北欧スカンジナビアの伝統の一部です。さまざまな用途に使える、流行に左右されない素材でもあります。樹木の種類を問わず、美しく耐久性に優れた、再生可能でリサイクル可能な素材です。イケアでは無垢材をできるだけ賢く効率的に利用して、廃棄物を出さないよう努力しています。また施設やロジスティクスに投資して、リサイクル木材の使用量を増やせるようにしています。こうすることで木を無駄なく、余剰がほとんど出ないように活用します。