IKEA PS LÖMSK IKEA PS ロムスク 回転パーソナルチェア, ホワイト/レッド

消費税込み。価格は店舗によって異なる場合があります
¥ 14,990

購入方法

オンラインストア利用可能かチェックしている...
店舗受取り利用可能かチェックしている...
イケア店舗利用可能かチェックしている...
8 IKEA PS LÖMSK IKEA PS ロムスク画像
画像をスキップ

くるくる回して遊びましょう! 早さは自分でコントロールできます。ゆっくり回せばリラックスでき、速く回せば平衡感覚を鍛えられます。フードを下ろすと居心地のいい隠れ家になります

商品番号904.071.37

商品の詳細

フードを下げると、秘密の隠れ家になります

フードは光を通す薄い素材でできているので、フードの下が完全に暗くなりません

椅子に座って回転することで、お子さまのバランス感覚が養われます

シートクッションやシートパッドを取り付ければ、より快適な座り心地になります

デザイナー

Monika Mulder

商品番号904.071.37
  • この製品はリサイクルまたはエネルギーに再利用できます(お住まいの自治体によります)

  • 素材
    布地:
    ポリエステル 100%
    プラスチック製留め具:
    強化ポリアミド樹脂
    シート/ シート/ ベースカバー:
    ポリプロピレンプラスチック
    ベースプレート:
    スチール, エポキシ/ポリエステル粉体塗装
    お手入れ

    手洗いしてください(40℃以下)

    漂白不可

    タンブル乾燥不可

    アイロン不可

    ドライクリーニング不可

    石けん水を含ませた布で拭いてください

  • 火のそばに置かないでください対象年齢:3歳以上
  • イケアは地球にポジティブな影響を与えたいと考えています。そのため、2030年までにすべてのイケア製品に、責任ある方法で調達されたリサイクルまたは再生可能素材を使用することを目指しています。

    BPA(ビスフェノールA)不使用

    イケアではキッズ(0~7歳)用のプラスチック製品と、食品に接触するすべての製品に対し、BPA(ビスフェノールA)の使用を禁止しています。BPAは2006年に段階的に廃止しました。

    イケアではすべての製品で、フタル酸類の使用に関する厳しい要求事項を設けています。子ども向け製品や食品に接触する製品については、フタル酸類の使用を全面的に禁止しています。

サイズ

幅: 59 cm

奥行き: 62 cm

高さ: 75 cm

全高: 82 cm

シートの高さ: 17 cm

  • この商品は2つのパッケージで構成されています
    IKEA PS LÖMSK IKEA PS ロムスク商品番号904.071.37
    この商品は複数のパッケージがあります

    幅: 54 cm

    高さ: 17 cm

    長さ: 54 cm

    重さ: 7.91 kg

    パッケージ: 1

    幅: 59 cm

    高さ: 37 cm

    長さ: 79 cm

    重さ: 3.10 kg

    パッケージ: 1

レビュー

4.5(2)
回転するとゴリゴリ音がするのが心配なのと 大人には小さめ。 それ以外は、問題なし!レビュー投稿者回転するとゴリゴリ音がするのが心配なのと 大人には小さめ。 それ以外は、問題なし!4
秘密基地アップルパイ娘が一目惚れして購入しました。 秘密基地にしたり、本読んだり…友達がくると取り合いして回して遊んでいます。 座面は硬いので、クッション敷いてます。 購入してよかったです。5
IKEA PS LÖMSK IKEA PS ロムスク 回転パーソナルチェア, ホワイト/レッド

ポリエステルへの取り組み

ポリエステルは、耐久性に優れ、しわになりにくく、手入れしやすく、ラグ、枕、キルト、クッションなどのホームファニッシング製品に最適な素材です。 未使用のポリエステル(バージンポリエステル)の欠点は、石油、石炭、または天然ガスからつくられていることにあります。つまり、バージンポリエステルを使用すると、地球の天然資源を使い果たすことになります。そのためイケアは、製品に使用するバージンポリエステルをすべてリサイクルポリエステルに置き換えています。 2020年には、イケアのテキスタイル製品に使用するバージンポリエステルの79%をリサイクルポリエステルに置き換えるという節目に到達しました。今後、ポリエステルを使用するすべての製品にリサイクルポリエステルのみを使用するという目標に向かって変革をさらに加速させていきます。

2003年以来、世界中の子どもたちは、LÖMSK/ロムスク 回転チェアでぐるぐる回ったり、中に隠れたり、自分だけの居心地よいスペースとして使ったりしています。子どもとその発達を研究している児童心理学者のBarbie Clarkeも、このチェアが磁石のように子どもたちを惹きつけるようすを目の当たりにしています。「子どもは変身するものが大好きです。想像力が刺激され、自分に魔法の力があるように感じるからです。チェアに座って回るのは楽しいだけではありません。大切な運動能力の発達にも貢献します」とBarbie。「よじ登ったり、さかさまにぶら下がったり、走ったり、バランスをとったり、くるくる回ったりしながら、子どもは感覚システムを――とりわけバランス感覚を発達させます」

想像力と遊びを刺激するアームチェア

今や、Monika Mulder自身も4人の子の母親です。「わが家では、LÖMSK/ロムスクはおもちゃの家として活躍しています。急いで部屋をかたづけたいときには、床にあるものをすべて放り込んでフードを下ろして隠すんです。夜になると、LÖMSK/ロムスクが光る玉のように見えることがあります。子どもが中でタブレットを操作しているからです」。Monikaは、LÖMSK/ロムスクが予想外の使われ方をすることをポジティブにとらえています。「ままごとの世界では、子どもたちは楽しみながら大人になる準備ができます。まだ何も決める必要がないからです。LÖMSK/ロムスクをどう使うかは、子どもたちの想像力次第です」

リサイクルプラスチックと再生可能プラスチックのみを使用

プラスチックは一般的に、再生不可能な化石資源である石油やガスからつくられます。こうした資源は再生されず、いつか枯渇します。 私たちは、2030年までにイケアの製品に使用するすべてのプラスチックを再生可能な素材またはリサイクル素材にするという野心的な目標を掲げています。再生可能プラスチックは、植物油やトウモロコシ、小麦、サトウキビなどからつくられます。また、プラスチックをリサイクルすることで、最終的に埋め立てるしかないペットボトルなど、生物分解性のない製品に「第二の人生」を与えることができます。また、再生可能な資源を使えば、原材料としての石油への依存を軽減することもできます。 現在イケアでは、プラスチック製品の40%以上がリサイクル素材や再生可能素材でつくられており、これを100%にすることを目指しています。リサイクル素材と再生可能素材からつくった製品を商品展開に加えて、他社にも同じ行動を促すことができればと考えています。

使い捨てプラスチックを廃止

無責任に廃棄された使い捨てプラスチックは生態系を汚染します。人と地球にポジティブな影響を与えるための取り組みの一環として、イケアは2020年に、世界中のホームファニッシング製品への使い捨てプラスチックの使用を廃止しました。これには、スウェーデンレストランやスウェーデンビストロで使用するプレート、カップ、プラスチックストローなども含まれます。これらは、再生可能資源100%のものに替わりました。

イケアで最も使用されるプラスチック、PETとPP

PET(ポリエチレンテレフタレート)とPP(ポリプロピレン)は、耐久性と防砕性に優れた衛生的なプラスチックです。また、ほとんど吸水性がなく、耐薬品性に優れています。PETもPPも、リサイクルして再利用できるため、廃棄物を削減でき、製品に何度も命を与えることができます。 PETは、世界で最もリサイクルされているプラスチックです。プラスチックボトル、食品や飲み物の容器だけでなく、トイレタリー製品や医薬品、そのほかの消費者向け商品など、さまざまな用途に使用できます。 イケアでは、主にボックス、クッションなどテキスタイル製品の中素材、キッチンの扉や引き出し前部のフォイルにリサイクルPETを使用しています。 PETは、食品や飲み物に安全に使用できる素材として食品衛生当局から承認されています。イケアは、使用後の廃棄物、つまり収集して分別されたペットボトル由来のリサイクルPETを使用しています。

清潔で安全

イケアは、製品の安全を第一に考え、全市場においてあらゆる製品のテストを行い、可能な限り厳しい法律や安全規格を遵守しています。イケアで買った商品は安全で健康的に使用できると、常にお客さまから信頼されるものでなければなりません。そのために、イケアは人や環境に害をもたらす可能性のある物質の使用を極限まで少なくする、または完全に廃止したいと考えています。

力を合わせれば、可能性が広がる

リサイクルプラスチックか再生可能なプラスチックのみを使用するという目標を達成するには、やや時間がかかり、新しいやり方も必要になりますが、イケアは責任を持って新たな解決策を見つけようと決意しています。そしていずれは、お客さまに、再度リサイクルが可能なよりサステナブルな素材を使った商品をお届けしたいと考えています。みんなで力を合わせれば、大きな変化を起こせます!

バージンポリエステル vs リサイクルポリエステル

もともとすべてのポリエステルは再生可能でない石油由来の原料からつくられていましたが、イケアでは、リサイクルポリエステルのみの使用へと徐々に切り替えています。ポリエステルのよい点は、製品の品質に悪影響を及ぼさずに繰り返しリサイクルできることです。 リサイクルポリエステルで製品をつくることで、生分解性できない素材に第二の人生を与え、最終的に埋め立てや海洋投棄になる量を削減することができます。廃棄するかわりに、ペットボトルやほかのリサイクルポリエステルを使用して、テキスタイル、収納ボックス、キッチン扉&引き出し前部、ランプをつくることができます。 リサイクルポリエステルは、外観、品質、機能性の面でバージンポリエステルと変わらず、CO2排出量をおよそ50%削減します。また、同様に衛生的で、あらゆる点で安全です。

リサイクルポリエステルの課題

リサイクルポリエステルを使用することで、石油への依存を軽減することができます。つまり、リサイクルポリエステルに切り替えることで、その分のバージンポリエステルに使われたバージン化石燃料を使用せずに済んでいるということです(染色など、リサイクルポリエステルの生産後にバージン原材料を使用する場合もあります)。 若干の例外はあるものの、課題はポリエステルをリサイクルポリエステルとして再利用することではく、手ごろな価格にして誰でも購入できるようにすることです。多くの場合、環境への影響が少ない製品には、高い値札がつくためです。イケアは、リサイクルポリエステル製品をさらに手ごろにして、多くの人々が購入できるように努めることで、そうした状況を変えたいと考えています。

リサイクルポリエステルのみを使用

イケアは、2030年までにバージン化石素材への依存を終わらせ、再生可能素材またはリサイクル素材のみを使用することに決めました。 製品の原材料であるポリエステルへのこうした取り組みを加速させて、テキスタイル製品に使用するバージンポリエステルをすべてリサイクルポリエステルに置き換えることを目指しています。2020年、イケアはテキスタイル製品に使用するバージンポリエステルの79%をリサイクルポリエステルに置き換えました。つまり質量で、13万メートルトンのリサイクルポリエステルに切り替えて、20万トンのバージンポリエステルを削減したことになります。 目標をまだ100%達成できていませんが、これまで多くの障害を克服して前進してきました。こうした削減量によって、イケアはリサイクルポリエステルへの切り替えの先駆者となっています。イケアの決定がさまざまな業界全体の変化を促し、インスピレーションとなることを願っています。

責任ある調達

イケアでは、サプライヤーへの要件として、イケア製品に使用するすべてのリサイクルポリエステルを、グローバル・リサイクルド・スタンダード(GRS)に準拠するリサイクル業者から仕入れ、イケア製品のトレーサビリティを確保することを求めています。 グローバル・リサイクルド・スタンダードに準拠したリサイクルポリエステルを使用することでしか、リサイクル業者の生産工程を社会、環境、化学の各側面で徹底することはできません。イケアは現在のところ、GRSスタンダードが市場でもっとも優れたスタンダードであると考えています。イケアはパートナーや、Textile Exchangeなどのテキスタイル団体と連携し、リサイクル業者を越えた素材のトレーサビリティの確保など、リサイクル素材に関するスタンダードの改善を行っています。

詳しく見る表示を減らす

原材料

ポリエステルについて

ポリエステルは耐久性に優れ、早く乾き、保温性のある素材です。テキスタイル、枕や掛け布団の中素材、家具に使うのに最適です。この素材は、限りある資源である原油からつくられています。イケアはこれ以上、バージン資源である原油を使用したくないと考えているため、ペットボトルなどの資源を利用したリサイクルおよびトレーサブル(追跡可能な)ポリエステルに段階的に切り替えているところです。すばらしいことは、ポリエステルの優れた特性が変化したり、損なわれたりすることなく、繰り返しリサイクルが可能なことです。