8 FJÄLLBERGET フィェルベルゲット画像
画像をスキップ

FJÄLLBERGET フィェルベルゲット 会議用チェア, ホワイトステインオーク材突き板/グンナレド ベージュ

価格 ¥ 29990
消費税込み。価格は店舗によって異なる場合があります

10年保証

購入方法

家具組立てサービス利用可能かチェックしている...

10年品質保証。詳しくは「品質保証のご案内」をご覧ください

商品番号604.062.76

商品の詳細

チェアの高さを調節できるので、自分に合った高さで快適に座れます

成形高反発フォームを使用。快適な座り心地が持続します

デザイナー

H Preutz/N Karlsson

サイズ

最大荷重: 110 kg

幅: 67 cm

奥行き: 67 cm

高さ(最大): 86 cm

シートの幅: 42 cm

シートの奥行き: 40 cm

シートの高さ(最小): 43 cm

シートの高さ(最大): 56 cm

レビュー

まぁ、こんなものかな〜レビュー投稿者脚まで白くてどこかに木が使われている椅子を探していたので、デザイン的にドンピシャでした。 今まで使っていた椅子が背もたれがそこそこあるものだったので、まだ慣れていませんがやはり背もたれが固くて低いというのはあります。そこは今後慣れたり、クッションを敷いてみようと思います。 値段は特段安くて、値段以上の機能があるという訳ではありませんが、部屋に圧迫感を与えないデザインで気に入っています。4
かわいいレビュー投稿者実物は見ずに購入しましたが、 クッション性もあり座り心地もいいです。 157cmの女性ですが胡座もかけます。 肘置きも机(リルオーセン)に収納できる高さです。 油圧のバーから異音がするのと、拭いても取れない黒い汚れがあったため交換していただきました。交換品は正常でした。5
良いです。レビュー投稿者少し高めでしたが、見た目も良いし触り心地も良いです。 ただ、合わせて買ったデスクの中に椅子がしまいきらなかったため、買うときに高さも注意するべきでした。 ですが、問題なく使えています。5
イケアのイスの中では価格が高い方の製品だが、その分、製品としてのクオリティは高く感じる。期待通り。レビュー投稿者イケアのイスの中では価格が高い方の製品だが、その分、製品としてのクオリティは高く感じる。期待通り。5
デザインは良いが、25000円の椅子には見えないのと、木枠がけっこう重たいレビュー投稿者デザインは良いが、25000円の椅子には見えないのと、木枠がけっこう重たい5
かわいい! キャスターがあるともっと使い勝手いいかも!レビュー投稿者かわいい! キャスターがあるともっと使い勝手いいかも!3
デザインがいいレビュー投稿者ローラーないからそこら中にコロコロして傷つけることないし、コンパクトで狭い部屋にも適してる。在宅で仕事に打ち込める椅子兼日常でも違和感ない椅子が欲しかったので嬉しいです。5
デザインが可愛いレビュー投稿者組み立てとか苦手でも簡単に組み立てられてデザインも可愛いくて満足です。5
FJÄLLBERGET フィェルベルゲット 会議用チェア, ホワイトステインオーク材突き板/グンナレド ベージュ

ポリエステルへの取り組み

ポリエステルは、耐久性に優れ、しわになりにくく、手入れしやすく、ラグ、枕、キルト、クッションなどのホームファニッシング製品に最適な素材です。 未使用のポリエステル(バージンポリエステル)の欠点は、石油、石炭、または天然ガスからつくられていることにあります。つまり、バージンポリエステルを使用すると、地球の天然資源を使い果たすことになります。そのためイケアは、製品に使用するバージンポリエステルをすべてリサイクルポリエステルに置き換えています。 2020年には、イケアのテキスタイル製品に使用するバージンポリエステルの79%をリサイクルポリエステルに置き換えるという節目に到達しました。今後、ポリエステルを使用するすべての製品にリサイクルポリエステルのみを使用するという目標に向かって変革をさらに加速させていきます。

バージンポリエステル vs リサイクルポリエステル

もともとすべてのポリエステルは再生可能でない石油由来の原料からつくられていましたが、イケアでは、リサイクルポリエステルのみの使用へと徐々に切り替えています。ポリエステルのよい点は、製品の品質に悪影響を及ぼさずに繰り返しリサイクルできることです。 リサイクルポリエステルで製品をつくることで、生分解性できない素材に第二の人生を与え、最終的に埋め立てや海洋投棄になる量を削減することができます。廃棄するかわりに、ペットボトルやほかのリサイクルポリエステルを使用して、テキスタイル、収納ボックス、キッチン扉&引き出し前部、ランプをつくることができます。 リサイクルポリエステルは、外観、品質、機能性の面でバージンポリエステルと変わらず、CO2排出量をおよそ50%削減します。また、同様に衛生的で、あらゆる点で安全です。

リサイクルポリエステルの課題

リサイクルポリエステルを使用することで、石油への依存を軽減することができます。つまり、リサイクルポリエステルに切り替えることで、その分のバージンポリエステルに使われたバージン化石燃料を使用せずに済んでいるということです(染色など、リサイクルポリエステルの生産後にバージン原材料を使用する場合もあります)。 若干の例外はあるものの、課題はポリエステルをリサイクルポリエステルとして再利用することではく、手ごろな価格にして誰でも購入できるようにすることです。多くの場合、環境への影響が少ない製品には、高い値札がつくためです。イケアは、リサイクルポリエステル製品をさらに手ごろにして、多くの人々が購入できるように努めることで、そうした状況を変えたいと考えています。

リサイクルポリエステルのみを使用

イケアは、2030年までにバージン化石素材への依存を終わらせ、再生可能素材またはリサイクル素材のみを使用することに決めました。 製品の原材料であるポリエステルへのこうした取り組みを加速させて、テキスタイル製品に使用するバージンポリエステルをすべてリサイクルポリエステルに置き換えることを目指しています。2020年、イケアはテキスタイル製品に使用するバージンポリエステルの79%をリサイクルポリエステルに置き換えました。つまり質量で、13万メートルトンのリサイクルポリエステルに切り替えて、20万トンのバージンポリエステルを削減したことになります。 目標をまだ100%達成できていませんが、これまで多くの障害を克服して前進してきました。こうした削減量によって、イケアはリサイクルポリエステルへの切り替えの先駆者となっています。イケアの決定がさまざまな業界全体の変化を促し、インスピレーションとなることを願っています。

責任ある調達

イケアでは、サプライヤーへの要件として、イケア製品に使用するすべてのリサイクルポリエステルを、グローバル・リサイクルド・スタンダード(GRS)に準拠するリサイクル業者から仕入れ、イケア製品のトレーサビリティを確保することを求めています。 グローバル・リサイクルド・スタンダードに準拠したリサイクルポリエステルを使用することでしか、リサイクル業者の生産工程を社会、環境、化学の各側面で徹底することはできません。イケアは現在のところ、GRSスタンダードが市場でもっとも優れたスタンダードであると考えています。イケアはパートナーや、Textile Exchangeなどのテキスタイル団体と連携し、リサイクル業者を越えた素材のトレーサビリティの確保など、リサイクル素材に関するスタンダードの改善を行っています。

原材料

突き板について

突き板は、薄い木のシートをパーティクルボードなどに貼り付けて、ナチュラルな見た目の丈夫な表面に仕上げるために使われます。無垢材を使わなくても、木のいろんな利点が楽しめます。もっとも一般的な突き板の種類は、バーチ、アッシュ、オーク、ビーチです。イケアは、木の自然な構造を守るのに役立つ、特別なUVラッカーをつくりました。やや厚みのある突き板の利点は、表面に損傷があるときに補修したりサンドペーパーをかけたりして、家具をより長くより美しく使い続けられることです。