メインに戻る

イケアのすべてのウールを責任のある調達先から仕入れたものに

イケアは責任ある調達先から仕入れたウールのみを使用することを目指しています。そのため、「責任あるウール基準(RWS)」または同等の目的のガイドラインを満たしているウールを調達します。これは、アニマルウェルフェア(動物福祉)に配慮した羊の飼育および責任ある土地の管理が行われている調達先から仕入れたウールを意味します。

毛を刈り取る前の羊の群れが晴れた日に草原を優雅に移動している。背景に木々や山、雲。

その目標を達成する方法は?

イケアで使用するウールを責任ある方法で調達するには、サプライチェーンで使用するウールのフルトレーサビリティを確保する必要があります。そうすればすべてのウールがどこから来たのかわかるようになり、ウールのバリューチェーン全体で羊にやさしい動物福祉をサポートできます。

ウールを選ぶ理由

  • ウールは再生可能・生分解可能・リサイクル可能
  • ウールは耐久性と強度に優れた天然素材
  • ウールは美しい経年変化が楽しめるうえ、汚れにくい
  • ウールは保温性と通気性が高い
  • ウールは染めやすいため、さまざまな美しいデザインやスタイルの商品を展開できる
もこもこした毛に覆われた羊の耳にイエローのタグが付いている。
羊が自然に生産するウールはすばらしい素材です。羊の毛は伸び続けるので、究極のサステナビリティです

Paul Smithニュージーランドの農場経営者

責任ある調達によるウールを誰もが楽しめるように

イケア商品に使用するウールを2025年までに責任ある調達から仕入れたウール100%にする取り組みを行っています。しかし、これで十分ではありません。イケアのレスポンシブル・ソーシング・リーダーのRafael Elizondoはこう話します。「できるだけ多くのお客さまが手に入れられるよう、責任ある調達先から仕入れたウールを手ごろな価格でお届けしたいと思っています」

綿状と繊維状の刈り取った羊毛の山のクローズアップ。
ホワイト、ブルー、ブラウンの色合いのVAMDRUP/ヴァムドゥルップ ラグが丸められて木材の山に立て掛けられている。

    天然素材への信頼

    イケアは天然素材の商品が大好きで、お客さまにもとても人気があります。耐久性と強度に優れた天然素材であるウールはひざ掛けやラグ、クッションなどの幅広い商品に最適です。

    すべてのハンドメイドラグを見る

    すべての段階で配慮する

    イケアのバリューチェーン全体で、イケアのサプライヤーは厳しい要求基準に従って作業を行っています。それによって、地球だけでなく、イケア商品を生産する業界で働く人々も守っています。こうした要求基準は、場所や業種を問わず、関連するすべての工程に適用されます。

    ブラックのTシャツにイエローのエプロンの男性が、染めたての鮮やかなイエローの綿を屋外に干している。

    意識的な心地よさ

    ウールはどの家にも心地よい暖かさをプラスします。さらに、イケア商品には責任ある調達先から仕入れたウールが使われていることを認識していることによって、より一層心地よさが増します。

    明るい木の床の上にSVÄRDBORG/スヴェルドボリ ラグ。
      ソファに座り、ULLTISTEL/ウルティステル ひざ掛けを膝にかけ、コーヒーまたはお茶を飲んでいる人。

        ウールの旅をたどる

        ニュージーランドの羊から刈り取られたウールが、インドに運ばれて美しいラグに生まれ変わる過程をご覧ください。このあと商品はイケアストアに並べられ、みなさんの家にたどり着くことになるかもしれません。