メインに戻る

2030年までに、イケア製品に使用するプラスチックをリサイクルプラスチックまたは再生可能ベースのプラスチックのみにする

イケアは人と地球にポジティブな影響を与えるべく取り組んでいます。使用するプラスチックをすべて再生可能素材またはリサイクル素材にするという高い目標を掲げています。まず使い捨てプラスチックをやめ、各種のサステナブルなプラスチックを使用する商品を増やしています。

グリーンのタイル張りの壁におもちゃのボートのようなグリーンのKNOPARE/クノーパレ フック3個。その1つにホワイトのマクラメ編みのバッグが掛かっている。

イケアで使用するプラスチックに関する事実

  • 2030年までに、プラスチック製品には再生可能素材またはリサイクル素材のみを使用するようにします
  • 2020年1月、全世界のホームファニッシング製品から使い捨てプラスチック製品を段階的に廃止しました
  • ISTAD/イースタード フリーザーバッグは、サトウキビ産業から出た再生可能素材をもとにつくられています

リサイクル素材なのでリサイクルが可能

イケアは産業廃棄物をリサイクルしてプラスチック製品をつくり出すだけでなく、家庭廃棄物もリサイクルする取り組みを始めました。そうした取り組みの最初の商品がHÅLLBAR/ホルバル ゴミ箱です。家でゴミを分別してリサイクルを実践するために使えます。

キッチンの引き出しを開けた中に、ゴミ箱が4個あるライトグレーのHÅLLBAR/ホルバル ゴミ分別ソリューションが設置され、PETボトルや生ゴミが捨てられている。
木製のキッチンワークトップ、キッチンクロス、ステンレススチール製の引き出し前部。そばには、生ゴミをHÅLLBAR/ホルバル ゴミ箱に捨てる人。

ISTAD/イースタード フリーザーバッグをリユース

リユースできる多目的なフリーザーバッグのISTAD/イースタードは、サトウキビ産業で出た再生可能素材をベースにつくられています。耐久性がありジッパーが付いたISTAD/イースタードは何度もくり返し使えるので、簡単にビニール袋ゴミを減らせます。

ホワイトのキッチンワークトップ、ISTAD/イースタード フリーザーバッグ3枚。デニムのシャツを着た人がバッグの1つにラスクを入れている。
ドレッサーに置いたスモークのGODMORGON/グモロン ミニチェスト(引き出し×2)に化粧品が整理されている。横には花瓶。
私たちはバリューチェーン全体のあらゆるパートナーとお客さまとともに、探求、革新、開発に興味を持って取り組んでいます。

Minh Nguyenマテリアル&イノベーションマネジャー

スマートな技術は価格を下げ、サステナビリティを向上させる

新しい共射出成形技術により、同じ製品に2種類の素材を使用することができます。つまり、求められる機能や特性に合わせて素材を選択できるのです。たとえば、NYPON/ニーポン 鉢カバーは、内部は安価な素材を使い、表面は風合いのいい素材を使っています。

ターコイズのカーテンの前にあるターコイズのサイドテーブルの上に、シノブボウキを植えたグレーのNYPON/ニーポン 鉢カバーが置いてある。

リサイクルプラスチック製の商品を増やす

再生可能素材またはリサイクル素材をベースにしたプラスチックのみを使用することを目指す旅は順調に進んでいます。大きなプラスチック製品シリーズの多くは、すでにリサイクルプラスチック含有率の高い素材でつくられています。

GODMORGON/グモロン ボックス 仕切り付きに、ゴールドのラメの財布、はさみ、メイク用品や身だしなみ用品が収納されている。
壁に取り付けられたグリーンのKNOPARE/クノーパレ フック3個。そのうち2個にはバッグが、3個目にはジャケットが掛けてある。
屋内でグレーのNYPON/ニーポン 鉢カバーに植えられたばかりの青々とした観葉植物。周囲には土とテラコッタの植木鉢がいくつかある。
床に白と黒のタイルを張ったバスルーム。ホワイトのVESKEN/ヴェスケン シェルフユニットに、パステルカラーのボディパフとタオルが置いてある。
壁はライトカラー、床はダークカラーのモダンな玄関。ミラーとシューズラックの間にTRONES/トローネス シューズキャビネットが2セット取り付けられている。
白い壁の前のライトカラーの木製の床に、組み立て済みのブライトイエローのJANINGE/ヤニンゲ チェアが置いてある。
私たちはデザインや生産、そしてプラスチック素材のイケア商品への再利用の方法を見直す必要があります

Erik Ljungbladプラスチックカテゴリーマネジャー

ブラックのフォイル仕上げ

KUNGSBACKA/クングスバッカ 扉&引き出し前部のマットブラックの表面仕上げには、捨てられてリサイクルされたPETボトルが1枚につき25本使われています。この素材はサプライヤーとともに考案しました。

サプライヤーについてもっと見る
ブラックのKUNGSBACKA/クングスバッカ 扉&引き出し前部を使用したモダンなキッチン。シンクの片側にキッチン用品、もう片側には大きな植物が置いてある。
サプライヤーについてもっと見る

イケア、2028年までに消費者向け包装でのプラスチックの使用を段階的に廃止

プラスチック製梱包材を段階的廃止することによって、イケアはプラスチックごみやプラスチックによる汚染を減らし、再生可能素材やリサイクル素材を中心にした包装材を開発するように業界を促すことを目指しています。この段階的な廃止は、まず2025年までに新商品の包装材に、2028年までに残りの商品の包装材に適用します。

イケアグローバルサイトで詳しく読む
カップ、ストロー、ボックスなどの持ち帰り用の食品パッケージ。一部にイケアのロゴや「Hej」という文字がプリントされている。
イケアグローバルサイトで詳しく読む
海辺のしなびて湿った海藻の上にビニール袋とPETボトルが捨てられ、淡い朝日に照らされている。

廃棄物の活用

そのためには、リサイクル素材を活用する新しい方法を見つけることがカギになります。廃棄物を資源として利用すれば、よりサステナブルな未来に一歩近づけます。

ホワイトのKUGGIS/クッギス ボックスに、カラーペン、ピンクのテープ、鮮やかな色の毛糸玉が入っている。

PETはもっともリサイクルされているプラスチックであり、さまざまな用途に使用できます。

力を合わせれば、可能性が広がる

リサイクルプラスチックまたは再生可能ベースのプラスチックのみを使用するという目標を達成するには、やや時間がかかり、新しいやり方も必要になりますが、イケアは責任を持って新たな解決策を見つけるよう取り組んでいます。そしていずれは、お客さまに、再度リサイクルが可能なよりサステナブルな素材を使った商品をお届けしたいと考えています。みんなで力を合わせれば、大きな変化を起こせます!