メインに戻る

ベジドッグ – プラントベースのメリット

イケアは、スウェーデンビストロのために、おいしいベジドッグの開発に挑戦しました。イケアを象徴する人気のホットドッグよりもサステナブルな、プラントベースのメニューです。でも、なぜ肉を使わないホットドッグをつくったのでしょう?

イケア店舗のカウンターの上にある出来たてのベジドッグを取ろうとして手を伸ばしているピンクのセーターの子ども。

    2つのすばらしい理由

    1つめは、プラントベースの食品は生産に必要な資源、水、土壌が少なくて済むうえ、クライメートフットプリントを低く抑えられることです。

    2番目は、健康的でサステナブルな食べ物はおいしく手ごろであるべきだと考え、より快適な毎日を送るための選択をより手軽なものにしたいと思っているからです。

    イケアの食品が、お客さまの意識を高め、よりヘルシーでサステナブルなライフスタイルをお手ごろ価格で楽しめるようにしたいと考えています。そうすれば、みんなで一緒に、人々と地球にポジティブな影響をもたらすことができます。

    Helene von Reisビジネスエリアマネジャー 、BA Food

    フライパンで焼いたベジドッグに振りかけるために、タイムの小枝を刻んでいる人。その横にKORVMOJ/コルヴモイ ベジタブルホットドッグのパッケージ。

    家で楽しめるベジタブルホットドッグ

    イケアのスウェーデンフードマーケットでは、人気のKORVMOJ/コルヴモイ ベジタブルホットドッグを購入できます。ビストロのベジドッグと同様に、ケール、赤レンズ豆、ニンジン、ショウガなどでつくられています。

    白い大理石のワークトップにピンクの六角形のプレートが置いてある。プレートにはベビースピナッチの葉が輪状に装飾的に並べられている。

    プラントベース食品のいろんなメリット

    私たちの食品の選択が気候に影響をもたらします。そのため、イケアはよりサステナブルなフードシステムの構築を目指しています。

    おいしいプラントベース食品を見る