メインに戻る

2030年までにイケアの製品で使用されるプラスチックをリサイクルプラスチックか再生可能なプラスチックにします

さまざまな利点を持つプラスチックはあらゆる場所で使われています。強度と耐久性に優れ、軽量かつ用途が広いうえに、低コストの素材です。その一方で、無責任に廃棄されたプラスチックが環境に及ぼす影響も懸念されています。

イケアは人と地球環境にポジティブな影響を与えるべく、全力で取り組んでいます。私たちの目標は、イケア製品に使用するプラスチックを2030年までにすべて再生可能な素材かリサイクル素材にすること。

すでにこの目標に向けた取り組みに着手し、使い捨てのプラスチック製品を廃止する計画を進めながら、持続可能な各種プラスチックを使用した製品も増やしています。

水を入れた透明のプラスチックボトルを脇に置き、イケアのプラスチック製保存容器に入れたお弁当を食べる女性。
水を入れた透明のプラスチックボトルを脇に置き、イケアのプラスチック製保存容器に入れたお弁当を食べる女性。

    海洋プラスチックからつくったコレクション - MUSSELBLOMMA/ムッセルブロマ

    MUSSELBLOMMA/ムッセルブロマ コレクションの商品に使われている素材はリサイクルポリエステル製。1キロのプラスチックを回収するために、9キロのごみを海から取り除いています。海洋プラスチックごみを資源として利用することで、よりサステナブルな未来に一歩近づけます。

    使い捨てプラスチックを段階的に廃止

    無責任に廃棄された使い捨てプラスチックは生態系を汚染します。人と地球にポジティブな影響を与えるための取り組みの一環として、イケアは2020年1月に、世界中のホームファニッシング製品への使い捨てプラスチックの使用を廃止しました。これには、プレートやカップ、プラスチックストローなどのアイテムも含まれます。イケアレストラン、ビストロ、カフェで使用する使い捨てプラスチック製品も、よりサステナブルな使い捨てアイテムに替えていきます。

    安心して使えるリサイクル可能なプラスチック

    イケアは、さらに持続可能なプラスチックで、お客さまに喜ばれ、気に入っていただけるような製品をつくりたいと考えています。化石燃料由来のバージン原料ではなく、コーンやテンサイ、サトウキビなどの再生可能な資源からつくるPLAは、そんなイケアの思いを実現するプラスチックの一例です。

    プラスチックは耐久性があり、優れた価値を持つ素材で、さまざまな用途に使用できます。私たちは製品に使用するプラスチックを、再生可能な資源かリサイクル資源に由来したものにする必要があります

    Alexander Grouleff、リサイクル&再生可能プラスチック製品プロジェクトリーダー、IKEA of Sweden

    再生プラスチックの用途は多彩

    イケアはあらゆる面で循環型企業を目指しています。そのためには、リサイクル素材の新たな利用法を見つけることがカギになります。廃棄物を資源として活用すれば、さらに持続可能な未来に一歩近づきます。PET樹脂は世界でもっともリサイクルされているプラスチックで、多彩な用途に使用できます。イケアがリサイクル素材や再生可能な素材を使用した製品を品ぞろえに加えることで、他社が追随する流れをつくることができます。この問題には業界全体で取り組んでいく必要があると私たちは考えています。

    環境フットプリントの削減

    リサイクルプラスチック製のドアマットを選んで、玄関への足跡も、環境へのフットプリントも減らしましょう。MEJLS/メイルス ドアマット1枚にペットボトル6本が使われています。

    力を合わせれば、可能性が広がる

    リサイクルプラスチックか再生可能なプラスチックのみを使用するという目標を達成するには、やや時間がかかり、新しいやり方も必要になりますが、イケアは責任を持って新たな解決策を見つけようと決意しています。そしていずれは、さらにサステナブルな再リサイクル可能な素材を使った製品をお選びいただけるようにしたいと考えています。みんなで力を合わせれば、大きな変化を起こせます!

    プラスチックに関するイケアの取り組み

    • 2030年までに、イケア製品に使用するプラスチックを再生可能な素材とリサイクル素材のみにします
    • イケアは2020年1月に、世界中のホームファニッシング製品への使い捨てプラスチックの使用を廃止しました。