メインに戻る

イケアは安全な製品をどのように開発するか

イケアは、多くの人々の家での毎日の暮らしをよりよいものにしたいと考えています。暮らしは安全であるほどより快適になります。デザイナーやサプライヤーから店舗のコワーカーまで、イケア全体が、お客さまのために家での暮らしをより安全にすることを目指して取り組んでいます。それはイケアのDNAの一部となっています。

イケア製品は試験と検証が入念に行われています。すべての製品が、発売前にすでに、販売される市場の関連法や関連基準を順守しています。さらに、当局が課す基準よりもさらに厳しいことが多いイケア独自の基準も満たしています。

白いソファの上で遊びながら四つんばいになっている男の子。イケア製品の安全性を象徴しています。
白いソファの上で遊びながら四つんばいになっている男の子。イケア製品の安全性を象徴しています。

製品開発プロセスでは安全が鍵

自分の家で安心できないとしたら、どこで安心すればよいのでしょうか?この考えに基づき、デザインと開発のプロセスを通して、製品のアイデアをお客さまに提供する完成品に取り入れる製品開発の各段階の中心に、安全を据えています。イケアのデザイナー、製品開発担当者、技術者は、製品がどのように使われることがあるかを、誤用も含めて検討し、さまざまな使われ方に基づいて製品試験を行います。

お客さまのために優れた安全な製品をつくることが目標です

Inter IKEA Group、ロー&スタンダードスペシャリスト、Marie Wendel-Svensson

家での暮らしのスペシャリスト

イケアは、75年にわたって家での毎日の暮らしにかかわり続けています。家での暮らしというものを知っています。つまり、家に共通する危険についてもよく知っています。それが、お客さまが家でより安全に暮らすのに役立つイノベーションや働き方につながっています。

イケアでは、製品の安全性のリスク評価は製品開発プロセスに欠かせない部分となっています。各製品が本質的に安全であることを確認していますが、製品の実際の使われ方も考慮に入れています。

グローバルな製品の安全に関する概要

お客さまがイケア製品をどのように使い、楽しんでいるかを知るために、世界中からお客さまのフィードバックを継続的に集めています。商品展開を時間とともに改善できるように、集めたフィードバックはすべて考慮に入れています。その一例がコードレスブラインドです。

イケアはコードの安全上の潜在的リスクを理解した時点で、コードの提供を中止しました。現在、イケアのすべてのブラインドはコードが付いてないか、コードが内蔵された設計になっています。これは、製品の継続的な試験と開発を通じて、どのように家から不必要な危険を取り除くかを示す例です。

ベビー用品と子ども用品の安全性は最優先事項

幼児は何通りの方法でおもちゃを使う可能性があるでしょうか?この問いに対する答えを何度も繰り返し見つけることがイケアの仕事です。製品とユーザーの相互作用を理解し、予測することは、製品開発プロセスで非常に重要な部分を占めています。

イケアの子ども用品は、価格水準にかかわらず、安全であるようにデザインされています。家族全員がイケア製品を安心して使えるように、製品試験の際は、意図された使い方と意図されていない使い方の両方を検討し、安全上のリスクの可能性を認識し、リスクを最小限に抑えています。

赤ちゃんのように安らかに眠っていただくために

ご存知でしたか? HÖVÅG/ホーヴォーグ ポケットスプリングマットレスは、耐火性、引き裂き強度、密度などの多くの設定について、安全性、サステナビリティ、および品質に関連した基準を120近く満たしたうえで、発売されています。

製品が安全であることを確認するために

イケアは、安全性、品質、環境への影響を評価しています。化学物質、火、表面、耐食性、照明と電子機器、機能と耐久性、洗浄と組み立てなど、幅広い分野が対象となっています。次の例をご覧ください。

化学物質に関する安全性

イケアは、人間や自然環境に害を及ぼす可能性がある化学物質を製品に使用しないよう懸命に取り組んでいます。また、有害なおそれがある化学物質の段階的な廃止にも積極的に努め、多くの場合法律の制定に先立って実施しています。

肌に触れて使うベッドリネンや子ども用のおもちゃには、お客さまやお子さまに害を及ぼす化学物質を使用していません。そのため、安心してお使いいただけます。たとえば、イケアのベッドリネンは有毒な染料やアレルギーを誘発する染料、毒性溶媒、ホルムアルデヒド、APEOを含んでいません。

安定性に関する安全性

ドレッサやチェストは、デザインや構造にかかわらず、転倒を防ぐために、付属の転倒防止器具を使って壁に適切に固定する必要があります。

お客さまが簡単に家でより安全に暮らせるように、一定の高さを超えるイケアの収納家具には転倒防止器具が付属しています。

穴、隙間、開口部の安全性

イケアは、すべての穴、隙間、開口部で必要とされる安全性を確保できるように、構成部品と完成品の両方に厳しい基準を設けています。

これが非常に重要になる製品の1つが2段ベッドです。ガードレールの隙間は、誤って落ちることがないくらい小さくする必要がありますが、寝ている間に指や腕が引っかかるリスクがない程度の大きさも必要です。

小さな部品の安全性

開発段階ですでに、3歳以下の子ども向けのイケアのおもちゃには、触って飲み込んだり吸い込んだりするおそれがある小さな部品を使わないようにしています。

イケア製品が確実に子どもの人生の全段階で安全であり、子どもの成長を支援するように、子ども用品を開発するコワーカーは全員、子どものニーズや成長についてトレーニングを受けます。

可動部の安全性

開閉時にはさみのような動きをする家具部品は常にリスクとなります。特に子ども用品の場合は、手足の大ケガにつながりかねません。そのためにイケアは、折りたたみチェアなどの可動部に基準を設けています。構成部品はある程度まで分解できる必要があります。そうすれば、子どもが指を挟んでも、骨折することなく、青あざをつくるだけで指を抜くことができます。

電気に関する安全性

イケアはLED革命において業界をリードする企業の1つとなっています。家庭用照明をLED技術に切り替えた結果、お客さまと自然環境に重要なメリットをもたらしました。しかし、LED技術は、光の強度が高くなる可能性があるため、肌や目に損傷を与えるおそれがあることをご存知でしたか?だからイケアは、もっとも厳しい安全性基準を満たすためにすべてのLED製品を試験し、安全に使えることを確認しています。

私たちは構想段階でプロジェクトを中止しました。私たちが求める安全性を確保できないとわかったからです

キッズ部門、製品品質ナビゲーター、Annabella Martegani

イケアのテストラボ – イケアのビジネスに不可欠な部分

イケアは毎年100万回を超える製品試験を実施しています。エルムフルトと上海にあるイケアのテストラボは、約20,000m2の統合された試験エリアがある最先端のラボです。ここでは、250人を超える従業員がフルタイムで働き、イケア製品が耐久性に優れ、持続可能で安全に使えることを確認しています。イケアは、独自のラボに加え、世界中の複数の独立した認定試験機関と協力しています。

すべてのイケア製品が厳しい要求基準を確実に満たし続けるために、製品寿命を通して評価と試験を行っています。必要な場合は、製品の改善を行います。