メインに戻る

イケアの伝統

今日のイケアは、世界中の何百万もの人々の心と家庭とつながっています。しかし、どんなサクセスストーリーにも始まりがあるはずです。ご存知かもしれませんが、イケアはかつて、スウェーデンの田舎にある小さな村エルムフルトで、カタログによる通信販売を行っていた小さな会社でした。イケアのデザイン本部は今もそこにあります。イケアのストーリーをご紹介します。

イケアストアの店先にいるカップル。焦点はイケアストアのブライトイエローのロゴに合っています。
イケアストアの店先にいるカップル。焦点はイケアストアのブライトイエローのロゴに合っています。

イケアのルーツ

イングヴァル・カンプラードは、1943年、17歳のときにイケアを創業しました。当時は、ペン、財布、額縁といった日用品を販売していました。イングヴァルが育ったスモーランドには、石だらけの荒々しい風景が広がっていました。その当時、住民の多くは、ほとんど何もないような状態でできるだけ多くのものをつくりながら、わずかな収入で何とか暮らさなければなりませんでした。こうした背景があるため、スモーランドの人々は、つましく革新的で、日常の問題解決に現実的に取り組むと言われています。この伝統も、イケアの物事のやり方や成功への道のりを説明するものです。

長年にわたるイケアのロゴの変遷:

ご存じでしたか?

IKEAは、創業者のイングヴァル・カンプラード(Ingvar Kamprad)のIK、イングヴァルが育った農場エルムタリッド(Elmtaryd)のE、近隣の村アグナリッド(Agunnaryd)のAという頭文字をとって名付けられました。

IKEAカタログ

イケア創業の地であるエルムフルトは、スウェーデンの都会から遠く離れた地域にあります。そのため、より大きな都市の潜在顧客に存在を知ってもらうのが困難でした。これが理由で、1951年にIKEAカタログが誕生しました。イングヴァルはそのときすでに、イケアで良質な家具を低価格で販売することを決めていました。

美しい製品はなぜごく一部の顧客向けにつくられているのだろう?優れたデザインと機能を兼ね備えた製品を低価格で提供することはできるはずだ

– イングヴァル・カンプラードの言葉

イケア初のショールーム

イケア初のショールーム

初のIKEAカタログでは価格がとても低かったので、人々は当初製品の品質に懐疑的でした。そこでイングヴァルは、エルムフルトの古い作業場を、人々が注文前に商品を見たり試したりすることができるショールームに改装することを決意しました。

フラットパックのアイデアが生まれたいきさつ

通信販売でのかさばる家具の流通は困難なうえに、コストがかかりました。また、家具の破損が頻繁に発生しました。1956年にイケアは、LÖVET/ローヴェット テーブルから脚を取り外すというアイデアを思い付きました。それがさらに、組み立て式とフラットパックのアイデアにつながりました。

現在、LÖVET/ローヴェットは、LÖVBACKEN/ローヴバッケンという新しい名前でイケアに再登場しています。これは、偉大なアイデアに貢献した小さなテーブルです。

挑戦を好むイケア!

イケアの歴史を通して、最大の挑戦が最高のアイデアの源となってきました。このことが他社との違いを生んでいるとイケアは考えています。現在、イケアは世界でもっとも有名なホームファニッシングブランドの1つとなっています。サプライヤーに雇用されているたくさんの方々を含めると、約100万人の人々が「より快適な毎日を、より多くの方々に」というイケアのビジョンを実現するために働いていることになります。これはまだ始まりにすぎません。イングヴァル・カンプラードはよく次のように言っていました。「やるべきことはまだまだある。輝かしい未来へ!」