“オープンなわが家へようこそ”

CarmenとJosé Luisがつくり上げた心地よい家には、家族や友達が定期的に訪れます。「みんなでのんびりリラックスして過ごすのに、ここは最適ですよ」とCarmen。「この家は外の自然に向かってオープンで、楽しい雰囲気です。いつでもゲストは大歓迎ですよ」

CarmenとJosé Luisの紹介


「José Luisと私は、彼が仕事でMálagaに引っ越した16年前に出会いました。私たちには前のパートナーとの間に、合わせて4人の子供たちがいます。それに孫も一人います。自分たちでつくったこの家は、家族みんなが週末や休日に遊びに来れる田舎の家です」

わが家のスタイル


「田舎の風景になじむ家をつくりたいと思ったので、伝統的なアンダルシア様式の建築手法と、磁器タイルや木の梁などの自然の素材を使いました。Fuente Santaにあるこの家は、暖かみがあって、居心地がよくて、光があふれています。家全体をシンプルに仕上げました」

わが家の紹介

“屋外を室内のような雰囲気に演出”


「たくさんの人が屋外スペースで過ごせるようにこの家をデザインしました。私たちは室内で過ごすのと同じくらい長く、屋外で過ごします。家のまわりにある屋根付きのテラスを、室内の部屋のようにコーディネートしたので、このスペースでゆっくり快適に過ごすことができます」

“毎日の食事を楽しむ”


「ここは、家族や友達が集まる場所です。みんなで囲むテーブルにはおいしい料理を並べます。私たちは特別な日の食事だけを楽しんだりはしません。普段の食事でも、テーブルに張りのある麻のクロスを掛け、フレッシュな花を飾り、ハッピーなゲストがいれば、パーティーには十分です」

“屋外で家具を使う”


「わが家は、トラディショナルやアンティークのアイテムでコーディネートしました。ほとんどは、自分たちで修復したものです。さらに、古く見えるようにカスタマイズしたイケアの商品やナチュラルなテキスタイルを組み合わせました。私たちはこのテラスでとても長い時間を過ごすので、わが家の家具は屋外で使うときに移動しやすい軽量のものが多いですね」

“予備のワークスペースをプラス”


「わが家のコンパクトなキッチンは、シンプルなI型で、リビングルームに向かってオープンに配置されています。そこにイケアのサイドテーブルを置いて、予備のワークスペースにしたり、オープンなスペースを仕切ったりしています。棚が付いているので、屋外に出るドアの近くに食器を収納できます。急に思いついたディナーパーティーでも、重ねた食器を運ぶのに便利です」

“落ち着いた癒しのスペースをつくる”


「スペインは一年中天気がよいので、家の中で過ごすのは寝るときぐらいなんです。だから、ベッドルームはとても大切です。家具を最小限に抑え、軽くて明るいテキスタイルで落ち着ける癒しのスペースを演出しています」

わが家の秘訣とアイデア

家具を使い古した雰囲気に仕上げる


「イケアのサイドテーブルをもっとカントリー風に見せるために、組み立てる前に各パーツをサンドペーパーで磨き、透明ニスで仕上げました。サンドペーパーで磨いて透明ニスを塗布する工程を数回繰り返すことによって、傷やシミが付きにくくなります」

コレクションをディスプレイして個性をプラス


「このキッチンでは、オープンシェルフの食器と一緒に、アンティークな缶のコレクションをディスプレイしています。これなら、最新の設備機器が設置された部屋にも、トラディショナルな雰囲気が生まれます」

食卓を飾る


「友達を招いたときは、いろんな形のキャンドルをたくさん使い、花瓶に花を飾り、クッションを並べ、音楽を掛けて、テラスをリラックスできる雰囲気に演出します。愛情がこもった料理と素晴らしいワインも欠かせません!」

必要な場所に必要なものを


「みんなが集まることが多いので、屋外のテラスにもキッチンをつくりました。これなら、料理をする人もつねにみんなと一緒に過ごせます。シェフが孤独に作業をする必要はありません!」

José Luisのレシピ


「おいしい料理は、最高のおもてなしです。素晴らしい料理には、新鮮な材料が欠かせません。私たちは自分たちで季節の野菜やさまざまなハーブを栽培し、いつも料理に使っています」

「大勢で集まるときは、メインの料理をたくさんつくり、テーブルに並べ、各自で取ってもらいます。あるいは、いろんな料理を少しづつ楽しんでもらうテイスティングメニューを用意することもあります」