夏らしいテキスタイルでクリエイティブに!

テキスタイルを使えば、どんなに小さいスペースでも変えられます! 鮮やかな色のテキスタイルで、夏のアウトドアをもっと楽しくするアイデアを『live』のスタイリスト、Sam Griggがご紹介します。

テキスタイルを使ってカスタマイズする6つの秘訣

「鮮やかな色は、どんなスペースも楽しい雰囲気に変えてくれます。みんなも自然と笑顔になれます! テキスタイルを使えば、手軽で簡単に部屋を新しい印象に変えられます。しかも、お財布にもやさしい方法です。『live』のスタイリスト、Sam Griggが、オレンジ色のキャンピングカーのおもしろみのない車内を、大胆で、鮮やかで、楽しいスペースに模様替えしました。あなたのお気に入りのスペースの模様替えに、6つの秘訣をぜひお試しください」

1. クッションカバーをカスタマイズ


「大きな四角にカットしたテキスタイルを縫い合わせて、シートカバーをつくりました。ストライプ模様を横にしたり、縦にしたりして組み合わせると楽しいカバーができますよ。簡単に取り外して洗えるので、もともと付いているシートカバーを保護することができます。シンプルなクッションカバーには、ポンポンの飾りやリボンを付けたり、刺繍を施したりして個性的に演出しましょう」

2. アウトドアシーティングをつくる


「薄いマットレスをいくつか用意して、それぞれをいろんな柄のテキスタイルでくるみます。それらを重ねて置けば、ふかふかのシーティングのできあがり! 屋外でくつろぐのにぴったりです。一番上のマットレスは、キルティングのような雰囲気に仕上げるために、大きなボタンを付けました。子供部屋に置けば、おしゃれなソファとしても、予備のベッドとしても活躍します」

3. 新しいカーテンを掛ける


「カーテンの交換はちょっとした変化ですが、印象を大きく変えます。これは両面カーテンなので、楽しいストライプ柄が車の中からも外からも見えるんですよ!」

4. 洗面バッグをつくる


「キャンピングカーのよさは、どこにでも行けて、どこででも寝られること! 洗面道具の収納には、大きめにカットした布地に、対照的な布地のポケットをいくつか縫い付け、ハンガーを取り付けたものが最適です。好きなようにリボンで縁取りしたり、飾りを付けたりしましょう」

5. 三角旗を飾る


「鮮やかな色の三角旗ほど、楽しい時間を演出するのにぴったりなものはありません。つくり方はとても簡単。濡れても大丈夫な、防水加工が施されたいろんな色や柄のテキスタイルを用意して、2枚ペアで三角形をカットします。布用の接着剤でそれぞれのペアを貼り合せ、両面の三角旗をつくります。つり下げるためのリボンに、三角旗を縫い付ければ完成です」

6. 文字でデコレーションをつくる


「基本的な三角旗のつくり方と同じ要領で、文字をカットし、リボンに縫い付けたり、洗濯ロープに固定させたりします。家の中でも外でも、文字のデコレーションを使えば、特別な日を個性的に演出したり、毎日の暮らしに遊び心をプラスしたりできます」