メインのコンテンツへジャンプ

工具、メンテナンスについて



家具の組み立て

1. イケアの家具は一般的なプラスドライバーで組み立てができますか?

日本で多く流通しているドライバーでも組み立てができます。しかし、イケアでは、ポジドライブ型のネジを多く使用しています。そのため、ポジドライブ用のドライバーを使用いただいたほうが、十分に力が伝わり、ネジが回しやすくしっかり締められます。

2. 組み立て説明書の初めのほうに載っている絵はそれぞれどのような意味があるのか教えてください。

イケアの組み立て説明書は、絵で表すことで全世界のどの国の人でも 理解できるようになっています。


組み立ては2人以上で
  (1人で組み立てられる家具には、この絵はありません)。


組み立てる際は、床や家具を保護するシートなどを敷きましょう。


壁固定しないと倒れてくる場合があります。
    このマークがある際は必ず壁固定をしましょう。

3. イケアの家具は壁への固定が必要ですか?

高さが78cm以上ある家具については、安全にご使用いただくために壁への固定をお願いしております。

4. 壁へ固定するためのネジが入っていませんでした。

壁へ固定するネジは壁の材質によって、異なるネジが必要です。 壁の材質にあったものを、お客様にてご用意願います。

5. 壁固定には、どのようなネジを使えばいいでしょうか?

壁へ固定するネジは壁の材質によって、異なるネジが必要です。


【木の壁】
ネジを打てるだけのしっかりした下地材が入っている木の壁には、一般的な木ネジを使用できます。ドリルで穴をあける必要はありません。

【石膏の壁】
石膏の壁の場合、金属ネジがゆるんでしまうので、かならず先にアンカープラグを埋め込みます。取り付け位置にしるしを付けて、ドリルで下穴をあけ、そこにアンカープラグを差し込んで、ハンマーで軽く叩いてください。その上からネジを差し込みます。ネジはプラグよりも長いものを使用してください。短いネジを使うと、あとでプラグを引き抜くことができなくなります。

【コンクリートの壁】
コンクリートの壁の場合、あらかじめネジ穴をあけます。ネジをしっかり留めるためにプラスティック製のアンカープラグが必要です。取り付け位置にしるしを付けて、ドリルで下穴をあけ、そこにアンカープラグを差し込んで、ハンマーで軽く叩いてください。その上からネジを差し込みます。ネジはプラグよりも長いものを使用してください。短いネジを使うとあとでプラグを引き抜くことができなくなります。

工具

6. 工具の販売はありますか?

はい。FIXA/フィクサ ツールセット17点の取り扱いがございます。

【セット内容】
ゴム製カバー付きハンマー
モンキースパナ
ペンチ
スクリュードライバービット(プラスねじ、マイナスねじ、六角 ねじ用)
小キリ
 

FIXA/ツールセット17点の詳細を確認する

7. FIXA/フィクサ スクリュードライバ/ドリル、リチウムイオンバッテリー7,2Vの各部の名称について教えてください。

電動ドリルの各部位の名称は下記をご参照ください。

8. 初回充電時間の目安を教えてください。

3~8時間で充電が完了します。
充電中は、赤色のLEDインジケーターが点灯し、充電が完了すると消えます。

お買い上げ時のバッテリーにはテスト用の電力しか充電されていませんので、ご使用になる前に必ず容量一杯まで充電してください。また、充電は、まわりに燃えやすいものがない安全な場所で行い、充電したまま8時間以上放置しないようご注意ください。

9. 電動ドリルのビットホルダーを取り付ける箇所がありません。

ビットホルダーを取り付けるためのチャックは、購入後の状態では奥まで入っている場合があります。 スリーブとトルク調節ダイヤルの間のリングが一緒に回らないように手でしっかりと固定しながら スリーブをGRIPとかかれた方向(右方向)に回し続けるとチャックが出てきますのでお試しください。

10. ビットホルダーの取り付け方法を教えてください。

スリーブをReleaseの方向(左方向)に回し、チャックが奥に入った状態でビットホルダーを取り付けてください。ビットホルダー取り付け後、スリーブをGRIPとかかれた方向(右方向)に回していただくとビットホルダーが固定されます。

11. 電動ドリル トルクの調整方法がわからないのですが。

トルクは1から15の間で設定ができます。数字が大きくなるほど、締め付け力が強くなります。ドリルで使用するときはドリルのダイヤルにあわせます。

メンテナンス

12. フレーム(シェルフ)扉の位置を調節したいのですが、ヒンジの調整方法がわかりません。

【扉が上寄り、または下寄りになってしまう場合】

扉の高さ・位置はフレーム側の金具取り付け位置を上下させて調節します。
扉を動かしたい方向の上下のネジを緩めてください。

【扉が前に出すぎてしまい、フレームとの間に隙間ができてしまう場合】

扉の位置はフレーム側の金具のネジを緩める事で調節ができます。
まずは、Aのネジを緩めてください。フレーム側についている金具と接合している部分が前後に動くようになります。
調節できたら緩めたAのネジを締めてください。

【扉が右寄り、または左寄りになってしまう場合】

扉の位置はフレーム側の金具のネジで調節ができます。
まずはAのネジを緩めてください。次ににBのネジを回すことで扉の調節ができます。
調節ができたら緩めたAのネジを締めてください。

13. 最近、テーブルや椅子からギシギシ音がなるようになった。

イケアの商品は組み立て家具のため、使用していくうちにネジが緩んでいくことがございます。商品を長くご愛用いただくためにも定期的にネジの締め直しをおすすめいたします。