メインのコンテンツへジャンプ

おうちまるごとホームファニッシング

スペースを有効活用して
すっきりと過ごしやすくなったリビング&ダイニング

12畳のリビング&ダイニングは、「もともと収納が少ない間取りということもあり、収納が足りず困っていました。」と大星さん。キッチンの手前に置いていたカウンターテーブルを思い切ってなくし、代わりに壁際に大きな収納を設置。ソファの裏などのコンパクトなスペースにも収納を増やし、スペースを有効活用しています。以前は濃い色の家具が多かったのですが、ナチュラルな無垢材やホワイトなどの明るい色を中心にコーディネートして、すっきりとしたリビング&ダイニングになりました。
LIVING & DINING
LIVING & DINING
イメージ1
大容量の収納に可動式のワゴンをプラスして
使い勝手よく
収納するものに合わせてフレキシブルに棚の位置を調節できるIVAR/イーヴァルを、壁に沿わせて配置しました。加えて、コンパクトな動かせるワゴンのUDDEN/ウッデンRÅSKOG/ロースコグも採用。UDDEN/ウッデンには食卓で使う物を、RÅSKOG/ロースコグには文房具や工作の材料などの小物を入れています。稼働式なので、使いたい時にテーブルのそばまで持っていくのも簡単です。
イメージ2イメージ3
イメージ4
明るい色でまとめて、さらにくつろげる
ソファコーナーに
ソファは、コンパクトでもくつろげるKARLSTAD/カルルスタードに置きかえました。カバーが交換できるので、洗濯もしやすく、季節や気分に合わせて色を変えることもできます。
TINGBY/ティングビーのコンパクトなサイドテーブルは、キャスター付きで簡単に移動できます。テレビ台はシンプルなデザインのBESTÅ/ベストーを採用しました。どちらも色はホワイトで明るい雰囲気に。
イメージ5
ソファの後ろにもKALLAX/カラックス シェルフユニットを設置。コンパクトなスペースにおける棚で収納を増やしました。
イメージ6
家族団らんの中心になるテーブルは
長く使えるしっかり作られたものを
ダイニングテーブルは、お子さんが勉強したり工作をしたりすることもあるので、食卓としてだけではなくいろいろな使い方ができるものが欲しいと考えていたそうです。そこで、耐久性の高いバーチ無垢材を使ったNORRÅKER/ノッルオーケルを採用。テーブルを明るい色にすることで部屋全体が優しい雰囲気になりました。
イメージ7
BITTERGURKA/ビッテルグルカ ハンギングプランターは、限られたスペースでのガーデニングに適しています。
毎日を快適に、楽しく過ごせる部屋をのぞいてみよう。
それぞれの部屋の間取りをクリック!
間取り
ホームファニッシングコンサルティングサービス
ホームファニッシングコンサルティングサービス
部屋のリニューアルのプラン検討は、ホームファニッシングコンサルティングサービスでイケアの専任スタッフと一緒に。まずは、それぞれの部屋での過ごしかた、困っていることなどを伺います。そこから、どんな雰囲気にしたいか、どんな事をしたいかニーズをお聞きし、家具を選んでいきます。家具だけでなく、カーテン、照明、アートフレームなど、トータルなアドバイスをしつつプランを決めていきました。