メインのコンテンツへジャンプ

おうちまるごとホームファニッシング

ロフトベッドで空間を立体的に使い
収納を増やして整理整頓しやすい子供部屋

兄妹ふたりの子供部屋として使っていた5畳の部屋は、妹さんの部屋に。天井の高さをいかしてロフトベッドにすることで、机と収納を置けるようにしています。習い事の道具や大好きなぬいぐるみ、おもちゃなどもきちんと片づけられる部屋になりました。
KIDS ROOM 1
KIDS ROOM 1
イメージ1
ロフトベッドの下は
広いデスクで集中して勉強ができる空間に
STUVA/ストゥヴァのロフトベッドには、デスクやワードローブ、シェルフユニットまで付いていて、子供部屋に欲しいものが揃っています。広いデスクには、JULES/ユーレス ジュニアデスクチェアを組み合わせて、座って勉強できる場所に。ロフトベットで空間を立体的に使い収納を置くスペースを確保し、小物やバッグが多かったデスク周りをすっきりさせました。
イメージ2
LJUSNING/ユースニング フレームはLEDライトつき。お気に入りの写真をおしゃれにライトアップすると、楽しげな雰囲気になりますね。
イメージ3
子供でも使いやすいコンパクトな収納をたっぷりと
イメージ4
KALLAX/カラックス シェルフユニットにはおもちゃやぬいぐるみを収納。棚の横に置いているDRÖNA/ドローナ ボックスは、持ち手がついているので出し入れが簡単です。
イメージ5
KUNSKAP/クンスカップのシェルフユニットには絵本や習い事に必要なものを収納。長い間使える、耐久性に優れた温かみのある天然素材でできています。
イメージ6
FLISAT/フリサット ノブラックには、習い事のチアリーディングの小物をかけています。よく使うものは取り出しやすい位置に。
毎日を快適に、楽しく過ごせる部屋をのぞいてみよう。
それぞれの部屋の間取りをクリック!
間取り
ホームファニッシングコンサルティングサービス
ホームファニッシングコンサルティングサービス
部屋のリニューアルのプラン検討は、ホームファニッシングコンサルティングサービスでイケアの専任スタッフと一緒に。まずは、それぞれの部屋での過ごしかた、困っていることなどを伺います。そこから、どんな雰囲気にしたいか、どんな事をしたいかニーズをお聞きし、家具を選んでいきます。家具だけでなく、カーテン、照明、アートフレームなど、トータルなアドバイスをしつつプランを決めていきました。