イケアの沿革 - 始まりのストーリー


このセクションでは、イケアがスウェーデン南部の森から出発して、世界44の国と地域にまたがる大手小売チェーンになるまでの、60年を超える足跡をご紹介します。
 
イケアの物語は、創業者イングヴァル・カンプラードがスウェーデン南部のスモーランド地方に生を受けた1926年に始まります。アグナリッドという小さな村にほど近い、エルムタリッド農場で彼は大きくなります。この頃からすでに、イングヴァル少年の中には、自分の事業を起こしたいという気持ちが芽生えていたといいます。

1920年代


5歳でイングヴァル・カンプラードは近所の家々にマッチを売り始め、7歳になる頃には自転車でもっと遠くまで訪問販売をしに行くようになります。ストックホルムで安くまとめ買いをしたマッチをバラで売ると、とても低い値段で売ってもかなりの利益を得られることを知ります。そしてマッチから、草花の種やグリーティングカード、クリスマスツリー用の飾りへと商品ラインナップを広げていき、後には鉛筆やボールペンも取り扱うようになっていきます。

1940年代~1950年代


家具商人としての原点。起業家精神を発揮して、イングヴァル・カンプラードは家具の小売りに取り組み始めます。この時期に、家具のデザインや組み立て方式、宣伝方法を探究。より多くの人に情報を発信しようと、カタログやショールームを使い始めるのもこの頃です。

1960年代~1970年代


イケアのコンセプトが形成され始めます。新店舗が続々とオープンし、POÄNG/ポエング、BILLY/ビリーなどのヒット商品が誕生。この時期に形づくられたコンセプトは、イングヴァル・カンプラードの著書『ある家具商人の言葉』で明確に文書化されます。

1980年代


急速に拡大・成長し、米国、イタリア、フランス、英国などの新たな市場に参入。LACK/ラック、MOMENT/モメントなど、さらなる定番商品が登場します。この時期に現在のモダンなイケアの原形ができあがります。

1990年代


さらに成長・発展を遂げます。キッズの商品展開が導入され、お子さまのいる家庭向けのホームファニッシング製品が焦点に。イケアグループが発足し、事業の成功の必須条件として、社会と環境への責任が重視されます。

2000年代


さらに拡大して日本、ロシアなどの市場に参入。ベッドルームとキッチンで使うあらゆるアイテムを探求し、トータルコーディネートが可能なホームファニッシングソリューションを提案します。この時期は、社会と環境への取り組みでも、いくつかのパートナーシップ活動が実を結びます。

各種資料の閲覧

報告書、行動規範、
その他の主な資料を
ダウンロード

ニュースルーム

最新のプレスリリースと
メディア担当窓口

Welcome Inside

年次サマリーを
ダウンロードする。