エネルギーと資源

イケアはポジティブな変化を生み出しています

太陽の光が差し込む森
創業以来、少ないものからより多くのものをつくることはイケアの伝統です。イケアは廃棄物を資源に変え、責任を持った方法で食品や原材料を調達し、天然資源を保護しています。またエネルギーの自給をめざし、再生可能エネルギーへと舵を切っています。 2014年度版サステナビリティ・レポート(PDF 英語版)をダウンロードする
エネルギーと資源: 気候変動とエネルギー | 木材 | 綿花 | | 廃棄物 | 食品
気候とエネルギー
何かをまるごと変えるには、みんなの力が必要です
現在人類が直面するもっとも大きな課題は、私たちの子供や孫のためにこの地球上に安全で実り豊かな未来を築くことです。そのためには、すべての人が力を合わせることが重要です。
気候変動の歴史を知って、私たち全員がとれる行動について学ぼう。
No Youtube Player
No Youtube Player
No Youtube Player
一列に並ぶ4基の風力タービン、青い背景に白抜き文字
クリーンエネルギー100%の
未来を築こう
momentforaction.org/100percent
気候変動と闘うための10億ユーロ
気候変動への緊急対策が求められています。そのため、イケアグループとIKEA Foundationは総額10ユーロをこの取り組みに投じます。
ご存じですか? イケアグループは2020年には、自社の建物で消費するエネルギーの100%に相当する再生エネルギーを生産します。
ご存じですか?
イケアグループは2020年には、自社の建物で消費するエネルギーの100%に相当する再生エネルギーを生産します。
6億ユーロを
風力と太陽光に投資
この新たな投資は、2009年以降の風力と太陽光発電への15億ユーロの投資に上乗せして行われます。これまでの15億ユーロは、オフサイトの314基の風力タービンとイケアの建物に設置した70万枚のソーラーパネルに投資されました。
4億ユーロを
人とコミュニティーに投資
IKEA Foundationの資金提供により、貧しいコミュニティーは気候変動の影響から立ち直るための力を得ます。また家庭や学校、コミュニティー、ビジネスの中に再生可能エネルギー技術を取り入れることができます。
イケアの照明製品はすべてLEDになりました
ご存じですか? LED電球は白熱電球に比べてエネルギー消費が85%少なく、寿命が20年もあります。
ご存じですか? LED電球は白熱電球に比べてエネルギー消費が85%少なく、寿命が20年もあります。
エネルギーと資源: 気候変動とエネルギー | 木材 | 綿花 | | 廃棄物 | 食品
木材
イケアは木材が大好きです
木材は耐久性に優れているうえに、再生可能な資源で、リサイクルも可能です。イケアは小売業界の中で、もっとも大量に木材を使用する企業のひとつなので、木材を賢く使う方法をいつも模索しています。この大切な天然資源を守り、維持していくためのイケアの取り組みを動画でご覧ください。
木材に関するイケアの活動を紹介する資料をダウンロードする
No Youtube Player
No Youtube Player
森林にポジティブな影響を与えるための2020年までの目標について、イケアのサステナビリティ・オフィサー、Steve Howardからのメッセージをお聞きください。
No Youtube Player
森林スペシャリストのEgle Petrylaiteがどのようにイケアのサプライヤーと協力して責任ある方法で木材を調達しているかをご覧ください。
IWAYの品質チェックリストに沿って森林の検査を行う4人の人々
責任ある森林管理のための明確な基準
イケアのIWAY森林管理基準はイケア製品に使用されるすべての木材に対し明確な要求事項を設けています。その中には、違法伐採された木材でないこと、社会的対立を引き起こしている森林や保全価値の高い森林から調達した木材でないことなどが含まれています。この基準を満たしたサプライヤーだけがイケアに木材を納品できます。遵守状況を検査するための監査を行い、サプライヤーとの関係を改善しています。 イケアのIWAY森林管理基準をダウンロードする(PDF 英語版)
イケアとWWFとのパートナシップによる活動が行われているリトアニアやウクライナ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ルーマニア、ブルガリア、中国、ラオスを示すWWFの地図
リトアニア
ウクライナ
ボスニア・ヘルツェゴビナ
ルーマニア
ブルガリア
ロシア
中国
ラオス
ベトナム
カンボジア
WWFと協力して森林認証を支援
イケアはWWFをはじめとするパートナーとともに違法伐採を防止し、責任ある木材取引を促進しています。イケアとWWFは2002年から、信頼性の高い森林認証の支援や、生物学的・社会的森林価値を守るために保全価値の高い森林のマッピングおよび保護のために協働しています。イケアとWWFはこれまでにヨーロッパとアジアにおける森林管理の改善に貢献し、協働する国々においてFSC認証林の面積をおよそ3500万ヘクタール(ほぼイタリアの国土面積に相当する広さ)を増加させました。WWFのウェブサイトでイケアとのパートナーシップについて読む(英語のみ)
間違いに気付いたら修正する
数年前、イケアのペーパー製品に熱帯硬材の繊維が使われているのを発見しました。これはイケアの基準に合わないものです。そのため、徹底的な調査を行い、こうしたことが再発しないように社内の手順を改善しました。
違法伐採されたウォールナット材の使用を禁止
イケアの森林エキスパートは5年前に、違法伐採されたウォールナット材を中国で見つけ、その木材をイケア製品に使用するのをやめました。その結果、MOLGER/モルゲル バスルームシリーズに現在使用しているのは認証林から調達されたバーチ材です。
森林管理に関わるイケアの活動について詳しく知る
イケアのIWAY森林管理基準を遵守するサプライヤーの数が増加していることに加え、より持続可能な調達先から仕入れた木材(リサイクル材、FSC認証林の木材)の量も2014年は41%へと増えました。2017年には50%にするのが目標です。FSC(森林管理協議会)のウェブサイトを見る(英語のみ)
The IWAY Forestry Standard PDF(IWAY森林管理基準)(英語版 PDF)をダウンロードするサステナビリティの戦略、People & Planet Positive (英語版 PDF)をダウンロードする
エネルギーと資源: 気候変動とエネルギー | 木材 | 綿花 | | 廃棄物 | 食品
綿花
イケア製品の原料となる綿花のすべてが
よりサステナブルな調達先から仕入れたものに
すばらしいお知らせがあります。2015年9月1日以降、イケア製品の原料となる綿花はすべて、よりサステナブルな調達先から仕入れたものになりました。つまり、イケア製品に使用する綿は、水や化学肥料、農薬の使用を削減し、農家の利益を向上させる方法で栽培したものだけになたtということです。
ただし、2015年9月1日より前に生産された商品のうち在庫のあるものは、売り切れるまでのしばらくの間は店頭に並びます。とはいえ、これに該当する商品はわずかで、量も限られています。
綿畑で綿花(コットンボール)を手にたたずむ綿花農家の人。
Better Cotton Initiative(BCI、ベター・コットン・イニシアチブ)を通して、綿花栽培は環境と綿花農家の人々にとって、よりよいものになっています。
ÄLSKAD/エルスカード 赤ちゃん用の毛布のクローズアップ画像
なぜ、よりサステナブルな綿が大切なのか
綿花はイケア製品に使用する原材料のなかでも、もっとも大切なものの1つです。ソファを始め、クッション、ベッドシーツ、マットレスまで、多くのイケア製品に使われていることにお客さまもお気づきでしょう。イケアは製品の素材に綿を積極的に使用していますが、これまでの綿花栽培は、環境にもそれを栽培する人々にも害があるという事実に心を痛めていました。
伝統的な栽培方法では、綿花を栽培する際に大量の化学薬品と水を使用します。この習慣は農家の人々の健康へのリスクを高め、土壌浸食や水不足をもたらします。また、ほとんどの綿花は発展途上国の小規模農家で栽培されるため、多くの農家は利益の創出に苦しんでいます。
そこで、イケアはこうした課題に取り組み、綿花産業の向上に貢献しようと決めたのです。
綿花産業に変革をもたらす行動
10年以上前に、イケアは綿花の栽培方法を変えるための対策に取り組み始めました。WWFやその他の機関とともに、Better Cotton Initiative(BCI、ベター・コットン・イニシアチブ)の設立を支援しました。BCIが目指すのは世界の綿花栽培をよりよいものにすることです。綿花の主力商品としてサステナブルなベター・コットンを開発することにより、綿花栽培に従事する人々にとって、綿花栽培が行われる地域の環境にとって、そして綿花セクターの未来にとって、よりよい綿花栽培を目指しています。
2005年以来、イケアは綿花栽培をより持続可能なものにするためにWWFと力を合わせて取り組んでいます。この取り組みはパキスタンの500の農家とともに始まりました。当初、農家の人々はこれまでの栽培技術を変えるというアイデアに消極的でした。しかし1年後には、このアイデアが大きな成功を収めたため、より多くの農家の人々がこのプロジェクトに参加することになりました。
実践的なトレーニングと現地での学びを通して、イケアはパートナー機関とともに、11万人以上の農家の人々がより持続可能な農法を学ぶための支援を行ってきました。このイニシアティブによって、農家はコストを削減し、利益を向上させ、労働環境を改善することができました。その結果、綿花農家の家族の生活の質が向上し、子供たちは学校に通えるようになりました。
Cotton farmers kneeling down in a cotton field inspecting water tubes.
No Youtube Player
持続的な影響を生み出す
私たちは100%という目標の達成を喜んでいます。しかし、これで終わりではありません。イケアは綿花産業全体でポジティブな変革を起こすことに全力で取り組んでいます。私たちのビジョンは、サステナブルな綿が主力素材となり、イケアのビジネスに留まらず、多くの人々が手ごろな価格で手に入れられるようになることです。
イケアとWWFの綿花プロジェクトについてもっと詳しく知る
エネルギーと資源: 気候変動とエネルギー | 木材 | 綿花 | 水 | 廃棄物 | 食品
手のひらで受ける、透き通った新鮮な水
敬意をもって水に接する
水は生きるのに不可欠ですが、世界にはきれいな真水が贅沢なものになっている地域もあります。そのためイケアとサプライヤーにとって水は、量の面でも質の面でも重要な問題です。 イケアはバリューチェーン全体における水資源管理の推進を通じて、2020年8月までに水資源にポジティブな影響を与えることをめざしています。サプライヤーや他の機関と協力しながら、水需給が逼迫している地域で、使用水量と水質の両方に焦点をあてて、水資源管理の向上に貢献していきます。
水とエネルギーを節約するインドでの取り組み
インド南部のいくつかの工場では、十分な量の水を得るためにトラックで50kmも運んでくるしかありません。旧式の機械や汚染水がエネルギーと水の効率的な供給の妨げとなることもしばしばです。インド南部のイーロードゥに拠点を置くテキスタイルサプライヤーのJansonsは、イケアのPeople & Planet Positive(ピープル&プラネット・ポジティブ)戦略に触発され、この水の問題に取り組むべくイケアとパートナーシップを結びました。対策法の1つとして、生地のプリント過程から出る排水をリサイクルし、染色過程に利用するシステムを取り入れました。その結果、使用水量が減り、モーターも必要なときしか作動しないようにしました。

「私たちの加工工場があるエリアでは水とエネルギーが不足しています」と、JansonsインダストリーのマネジングディレクターのThirukumarは述べています。「イケアのサポートを得て、プロジェクトが生み出す違いを目の当たりにし、もっとビジネスチャンスを求めていきたいと考えるようになりました。従業員も強い関心を示し、これまでに285メガワットの電力と6900万リットルの水を節約しました」
バングラデシュにあるイケアのサプライヤーの水処理設備
バングラデシュの水処置設備に注ぎ込まれる水
ずっと先を見据えて:未来のために水を節約するには
バングラデシュでは2300万人以上もの人々が安全な飲料水を得られずにいます。

「自分の子どもや孫がこの数字に含まれるようなことになってほしくないのです。ですから、私の会社では次世代に問題を先送りすることのないよう取り組みたいと考えています」 と語るのは、バングラデシュに拠点を置くイケアのテキスタイルサプライヤー、UnillianceのマネジングディレクターのShah S Alamです。彼は、イケアがUnillianceで始めた水処理プロジェクトで重要な役割を担っており、水に関するプロジェクトへの自社のより意欲的な参加を推進しています。
「イケアの仕事を始めたときにわが社ではすでに廃水処理プラントを所持しており、廃水を自然に戻す前に汚染物質を取り除いていました。でもイケアは、廃水の削減と再利用を考えることを提案してきました。

たとえば、設備に少し手を加えただけで、廃水を機械の冷却に利用できるようになりました。これだけで毎日およそ100立方メートルの水を節約できます。1年間でオリンピックプール15個分にも相当します!

5年から10年以内にバングラデシュでは法律が改正され、廃水利用が義務になります。イケアと働き始めたことで、わが社は一歩先を行っており、わが社の顧客はその違いに気付いています」とShah S Alamは述べています。
エネルギーと資源: 気候変動とエネルギー | 木材 | 綿花 | | 廃棄物 | 食品
廃棄物
大きなブルーのボックスでリサイクル
ムダを省き、少ないものから多くを生み出すという考え方はイケアの基盤を成すものです。イケアは資源を節約したいと考えており、これが日々の業務にも影響を与えています。2015年8月までに、ホームファニッシング製品用の原材料(パッケージ材を含む)はすべて、再生可能素材、リサイクル可能素材、もしくはリサイクル素材になります。
イケアストアやその他のイケアの事業から埋め立て処理場に送られるゴミをゼロにすることを目指しています。
イケアストアのリサイクルゴミ用ステーション
リサイクルのために集められた電球
リサイクルするものはイケアへお持ちください!
リサイクルをできるだけ手軽なものにするために、ご家庭で出たゴミをイケアに持ち込んでリサイクルできるようにしています。使用済みの乾電池や省エネ電球(CFL)をイケアストアに持っていけばリサイクルできることをご存じでしたか? お近くのイケアストアでリサイクルできるものを確認する
イケアストアのお客さま用リサイクルステーション
知っていましたか?
2014年は
イケアで発生した
廃棄物の89%が
リサイクルされました
エネルギーと資源: 気候変動とエネルギー | 木材 | 綿花 | | 廃棄物 | 食品
食品
満足できる食品
イケアではイケアストアのレストランやスウェーデンフードマーケットを通じて、年間に2億6100万人のお客さまに食品を提供しています。イケアの食へのアプローチには、よりサステナブルでオーガニックな食材の使用が含まれます。たとえば国際的に評価の高い基準を満たした食材の使用や、動物福祉の基準の適用もその一部です。
UTZ Certifiedコーヒーの苗をチェックする農夫
2008年以来、イケアで販売されるコーヒーはすべてUTZ Certifiedを受けています。
責任を持って調達されたシーフード
責任を持って調達されたシーフード
責任を持ってシーフードを提供することは、この目的にとって当然の貢献です。ASC認証またはMSC認証の製品しか販売提供しない、という私たちの約束は、23種以上の責任を伴うシーフード産品に及び、それを47の市場で6億人以上のお客様にお届けしています。
イケアで取り扱う養殖サーモンはすべてASC (Aquaculture Stewardship Council : 水産養殖管理協議会)の認証品となる予定です。ASC認証は、環境や社会への負荷を最小に抑える、持続可能な養殖の基準を満たしていることを保証するものです。
また、イケアで取り扱う天然魚はすべて、MSC(Marine Stewardship Council : 海洋管理協議会)の認証品となる予定です。MSC認証は、持続可能な漁業の基準、および魚介類のトレーサビリティーの基準を満たしていることを保証するものです。
ASC(水産養殖管理協議会)
ASC(水産養殖管理協議会)とは?
ASC(水産養殖管理協議会)は国際的非営利組織で、責任を伴う 養殖シーフードについての認証とラベリングプログラムを管理しています。
ASCの使命は、責任ある魚の養殖を認証してそれに報いることにより、水産養殖に環境の維持と社会的責任を伴わせることです。
WWF(世界野生生物基金)の音頭で2004年に始まったサーモン水産養殖対話の結果として、2012年にASCのサーモンスタンダードが施行されました。この対話には、イケアや他の企業のステークホルダーが参加しました。
ASCの認証は、シーフードの入手のしやすさ、海の健康、そして地域共同体の生活の保障に貢献しています。
水産養殖は、世界的に増加するシーフードへの需要を満たす可能性を秘めています。すでに、人間が消費するシーフードの50%は養殖場に由来するものになっています。
MSC(海洋管理協議会)
MSC(海洋管理協議会)とは?
MSCは国際的非営利組織で、世界の海洋が生命に富み、シーフードの供給が現在未来の世代に維持されることをめざして設立されました。
MSCのエコラベルと認証プログラムは、途切れのない漁業活動を認証しそれに報い、より持続性のあるシーフード市場の創造を助けます。
MSC認証のシーフードは自然漁法で捕獲され、環境を維持する漁法のためのMSCの独立した科学的基準により認証されます。MSCの連鎖管理により、MSC認証の漁業者由来のシーフードはそれとはっきりわかり、工程の各ステップごとにきちんと分離されます。サプライチェーンの各社は、独立検査によるMSCの連鎖管理認証を得ねばなりません。
イケアのサーモン
サーモンには必須脂肪酸であるオメガ3が豊富。オメガ3は心臓病や脳卒中の予防に効果があるといわれています。
イケアのサーモン
No Youtube Player
責任ある方法で
食品を生産することに
力を注いでいます
子供向けのオーガニックメニューの新商品
オーガニックなメニューが増えました
スウェーデンフードマーケットでは現在12種類のオーガニック食品を提供しています。また、イケアレストランでは2013年8月よりお子さま向けのオーガニックメニューも販売しています。(オーガニックメニューはこれのみ)
UTZ Certifiedのコーヒー豆が入った麻袋
UTZ Certifiedの食品
UTZ Certifiedは、コーヒー・紅茶・ココアがサステナブルな方法で生産されたことを保証する独立機関で、持続可能な食品に関する主な基準の一つとなっています。 UTZ cerftifedのウェブサイトを見る
氷の上に置かれた新鮮なサーモン
責任を持って調達されたシーフード
すべての天然のシーフードはMSC (Marine Stewardship Council、海洋管理協議会) 認証を得た漁業団体によって捕獲されたものであるか、きちんと管理された健康的な個体群に属する種類としてWWF(世界自然保護基金)のシーフードガイドに表示されたものでなくてはなりません。 WWFのウェブサイトからシーフードガイドをダウンロードする(英語のみ)
こちらのページもぜひご覧ください
ゴミの分別ソリューションが環境に与える影響の抑制に貢献します
サステナブルな暮らし
小さな積み重ねが大きな変化につながる
イケアがインスピレーションあふれる職場なのはなぜかをご覧ください。ゴミの分別が環境に与える影響を減らせることをご存じですか? 「サステナブルな暮らし」のページを見る
女の子や女性の権利拡張は、貧困や児童労働に対する包括的な解決策を生み出すことにつながります。
人とコミュニティー
人を第一に考える
イケアは世界中の人々により快適な暮らしを提供するためにさまざまな取り組みを行っています。「人とコミュニティー」のページを見る