メインに戻る

時間も食材もムダなく活用

廃棄物の削減やリサイクルは、環境を守るための決め手。難しそうに聞こえるかもしれませんが、自宅に分別ゴミ箱を置いたり、本当に必要なときに必要なものだけを使用したりするなど、一人ひとりにできることがあります。週単位で夕食のメニューを考え、残り物を冷凍して翌日のランチに回せば、地球の資源をムダづかいすることもありません。

ブレスレットをつけた人が、キッチンの引き出しに入ったVARIERA/ヴァリエラ 分別ゴミ箱にバナナの皮を落としている様子。
ブレスレットをつけた人が、キッチンの引き出しに入ったVARIERA/ヴァリエラ 分別ゴミ箱にバナナの皮を落としている様子。
キッチンの引き出しに入れたVARIERA/ヴァリエラ ゴミ箱。家庭ゴミがきちんと分別されています。

資源とゴミをすっきり分別

VARIERA/ヴァリエラはモジュール式の分別システム。自由に組み合わせてカスタマイズできます。ゴミ箱は簡単に取り出して運べるうえ、ふたが臭いをしっかりと閉じ込めます。再生プラスチックを70%も使用したVARIERA/ヴァリエラは、あなたにも地球にもやさしいシリーズです!

ご存じですか?

世界中で人類のために生産されている食料の約3分の1が毎年廃棄されています。

パスタをつくりすぎたことはありませんか?

でも大丈夫。IKEA 365+ 保存容器があれば、余ったパスタもおいしいつくりおきになります。ふたをパチンとはめてしっかり密閉できるので、液もれや匂い移りの心配もありません。ランチボックスに保存した食品の鮮度もキープできます。つまり、ゴミが減って満足度は上がるというわけ。今度は、パスタ1袋を使い切ってしまいましょう。

ご存じですか?

食事から肉や乳製品を減らせば、環境への負担も大幅に減らせます。最近の調査によれば、食品の二酸化炭素排出量を最大73%も削減できるそうです。