メインに戻る

家での暮らしの新時代

イケアは、家は世界で一番大切な場所だと信じています。だから、人々が暮らしている場所を定期的に訪ねて、家での暮らしについて必要なものや夢見ていることを調べているのです。家での暮らしの側面の中には、睡眠や食事のように世界中で共通するものがあります。また、文化や伝統、気候、居住スペースの広さによって形づくられるものもあります。そのため、人々の暮らしを知れば知るほど、住んでいる場所や暮らし方にかかわらず、家での暮らしを少しよくするためのインスピレーションと力をより多く与えられるようになります。

Life@Homeレポート

イケアは毎年新しいLife@Homeレポートを発表して、世界中の人々の暮らしについての調査から学んだ興味深い情報をお伝えしています。このレポートでは、今日の世界で起こっている大きな変化を深く掘り下げ、そうした変化がさまざまな国の家での暮らしにどのような影響を及ぼしているかを調べています。

イケアがこれまでに学んだことの例:

あなたにとって家とは?

私たちの多くは、家を説明するときに、一緒に暮らす人、持っているもの、スペースの広さ、住んでいる場所について話します。これら4つの要素は、家での整理整頓の方法や家で普段行う活動を説明するのに役立ちます。また、家ごとに見た目と雰囲気が大きく異なるときでも、どれだけ共通点があるかがわかります。

家とは心の拠り所になる場所

家は単なる場所ではありません。フィーリングです。住む場所や暮らし方にかかわらず、誰もがくつろいだ気持ちになれる場所だと私たちは信じています。イケアの調査で、プライバシー、安全、快適さ、所有権、所属感という5つの核となる感情的欲求が家での暮らしに結び付いていることが明らかになりました。これらの欲求がすべて満たされると、くつろげる可能性が高くなります。

四方の壁の向こう側にある家

私たちの家はこれまでになく小さく、スマート機器であふれていて、ごった返していて、うるさい感じがします。だから、必要なものが家で手に入らないときに、家の外に向かうことが多いのも無理はありません。住んでいる場所に加えて、近所やコミュニティーでもくつろげると言う人が増えていることから、家での暮らしが四方の壁を越えて外に移っていることがわかります。

Life@Homeレポートを読む

世界中の家についてもっと知りたいと思いませんか?イケアの調査を読んで、家での暮らしをより快適にするために今日からできる方法を見つけてください。

詳しくは、こちらにアクセスしてください:lifeathome.ikea.com