メインに戻る

家での暮らし

家での暮らしに対する興味が、現在のイケアをつくり上げました。そして今は、家での暮らしがこれまでにないほどに大切になっています。そのため、イケアは毎年、何千人もの人々に、家での暮らしを彼らにとってよりよくする方法について話を聞いています。そうすることで、イケアはお客さまが単に生活するのではなく、より豊かに暮らすためのお手伝いができるのです。

この興味を通して、特別な知識を構築してきました。家の雰囲気に関することや、家にいるときの感情的ニーズに関すること。この感情的ニーズには、プライバシー、心地よさ、所有感、帰属感、安心が含まれます。そして、イケアは、デモクラティックデザインの理念に基づいてイケア製品をデザインし、すべての人にとって手ごろな価格で、手に入れやすく、サステナブルなソリューションを生み出しています。つまり、こうした取り組みによって人々の今のニーズや夢を知ることができます。そして、将来別のニーズが生まれたときも、イケアはそれに応えることができるのです。

イケアのHarmoni/ハルモニー―家での暮らしをシンプルに