メインに戻る

SOARÉ/ソアレー – 違いを生み出す手編みのランチョンマット

「より快適な毎日を、より多くの方々に」というイケアのビジョンの対象は、イケアのコワーカーやお客さまだけでなく、サプライヤーやそのコミュニティにまで及びます。これを実現する方法のひとつは、ビジネスの域を超えた目的を持つ商品をつくることです。たとえば、このシンプルなランチョンマットのような商品です。

SOARÉ/ソアレー ランチョンマットの上に野菜スープ、木のスプーン、ナプキン、水が入ったグラス。

未来を紡ぐ

SOARÈ/ソアレーは美しい円形のランチョンマットで、ベトナムのメコン川に生育する青々とした頑丈で成長の早いホテイアオイを編んでつくられています。この水草を収穫し、乾燥させ、編むという一連の作業は、川岸に住む人々にとってとても重要です。なぜなら、水路がふさがれるのを防ぎ、手工芸の伝統を守り、さらに織り手の収入を増やすからです。

    ある女性は、『SOARÈ/ソアレーのおかげで、娘は教師になるための勉強をすることができる』と話してくれました

    Lillemor FranzénSOARÈ/ソアレー チーム、IKEA of Sweden

    全容を把握するためのベトナム訪問

    SOARÈ/ソアレーがお客さまの人気を集めるようになると、サプライヤーはその需要に対応できなくなりました。そのため、生産方法を何か変えるか、または機械生産に変更するタイミングかもしれないと考えるようになりました。でも、最終的な決断を下す前に、ベトナムを訪れて生産工程全体を見てみたいと思いました。

    部分的に乾燥している、収穫したホテイアオイの山。

    共に働く女性たち

    イケアのSOARÈ/ソアレー チームは織り手たちを訪ね、一人ひとりに話を聞き、彼女たちの日々の生活に参加しました。女性が大部分を占める織り手たちはいろんな家に集まって一緒に作業をします。仕事の量や頻度は自由に調整できます。おしゃべりを楽しみ、農場に目を配り、子どもの面倒も見ています。

    晴れた日にしゃがんでメコン川のホテイアオイを収穫している、日よけ帽をかぶった2人の人。
    SOARÈ/ソアレーが生産者たちにポジティブな影響を与えているのを見ることができたので、現地を訪問してとてもよかったと思いました

    Lillemor FranzénSOARÈ/ソアレー チーム、IKEA of Sweden

    よいビジネスをしながら、みんなによいことをする

    ベトナムを訪問して織り手に会ったことで、イケアのチームは新たな視点を得ることができました。ベトナムに到着したときは、おもにコストとビジネスのことを考えていましたが、離れるときは生産者や商品に対する精神的なつながりを感じていました。

    すべてのランチョンマット&コースターを見る
    テーブルの上にSOARÉ/ソアレー ランチョンマットと厳選されたベトナム料理や花の装飾がコーディネートされている。
    すべてのランチョンマット&コースターを見る

    お客さまの需要に応えるための事業拡大

    手編みの天然繊維製ランチョンマットはお客さまに大人気で、ベトナムのサプライヤーがその需要に追いつけないほどでした。世界中のより多くの食卓でこうした商品を使っていただけるように、私たちはインドでも生産を開始しました。

    ホワイトの面の上に置かれたSOARÉ/ソアレー ランチョンマット1枚。