メインに戻る

IKEA Foundationの貧困と気候変動の問題への取り組み

子どもたちは一人残らず、明るい未来を待ち望む権利を持っています。しかし多くの子どもと家族は、貧困と気候変動という、未来への2つの大きな脅威に直面しています。

IKEA Foundationは、完全に独立した慈善団体で、この両方の課題と対峙している人々を支援する取り組みを行っています。

子ども2人をそれぞれ抱っこして自然の中を歩いて進んでいる家族。

IKEA Foundationは、家族がよりよい暮らしを営むための支援と環境保護を目的とする、戦略的慈善団体です。パートナーと協力しながら活動を進めており、問題を特定して解決し、ソリューションの規模を拡大し、貧困と気候変動を引き起こしている複雑なシステムを変化させています。小売事業と同様に、IKEA Foundationも、より快適な毎日を、より多くの方々に提供するという、創業者のビジョンの実現に向けて取り組んでいます。しかし重点を置いているのは、通常イケアが事業を展開しているコミュニティに属さない多くの人々の支援です。そのため、世界でもっとも弱い立場にあるコミュニティで、住む場所を追われた子どもや家族、人々を助けることに尽力しています。

IKEA Foundationとイケアの小売事業はともに、より快適な毎日を、より多くの方々に提供するために取り組んでいます。IKEA Foundationの取り組みについて、または各国のイケアのサステナビリティとコミュニティへの取組みについてご覧ください。

あなたの知識をテストしましょう

下の2つの質問に答えてみてください。あなたがどこまで知っているかをテストして、世界のことをもう少し詳しくなりましょう。

  • 1980年には、世界人口の約40%が1日2ドル未満という極度の貧困状態で暮らしていました。現在は何%でしょうか?

    • 10%
    • 30%
    • 50%

     

    現在、世界の人口の約10%が極度の貧困の中で暮らしています。IKEA Foundationは、人々が極度の貧困から抜け出すのを支援する方法の1つとして、ウガンダにいる難民にお金を支給している慈善団体のGiveDirectlyとパートナーシップを組んで活動しています。これは、彼らが賢い投資を行うことで、持続的な生計手段を構築するのに役立っています。

  • インドの新生児のうち、医療施設で誕生した割合は?

    • 25%未満
    • 約50%
    • 85%以上

     

    2021年には、インドの赤ちゃんの85%以上が医療施設で生まれました。IKEA Foundationは、SELCO Foundationを支援し、太陽エネルギーソリューションの活用によるインドの公衆衛生施設の改善に取り組んでいます。二酸化炭素排出量を削減し、労働状況を改善し、何百万人もの人々にサステナブルな医療を提供するために役立っています。 

世界観をアップグレードしましょう。クイズに挑戦。

もっと知識を増やしたいですか?

いろいろなクイズに挑戦してみてください。より快適な毎日を、より多くの方々に届けるために、IKEA Foundationが行っている取り組みについてさらに詳しく知ることができます。

IKEA Foundationについて

地球の新たなストーリーを紡いでいきましょう

毎年、IKEA Foundationは多大な資金を提供し、弱い立場にある子どもたちの暮らしを改善するため、その家族がサステナブルな生計手段を得て、気候変動の問題に立ち向かえるよう取り組んでいます。

夕日に照らされた緑の野原に立っている女性が微笑んでいる。
© IKEA Foundation

IKEA Foundationはどのように貧困の改善に取り組んでいるの?

IKEA Foundationは世界でもっとも弱い立場にあるコミュニティのいくつかで、家族の生計の向上に尽力しています。パートナーとともに、家族がきちんとした収入を得て、家族と子どもたちが貧困から抜け出せるようにサポートしています。

人々の暮らしに再生可能エネルギーで電力を供給し、地球に配慮した農業を支援し、グリーン企業の機会創出プログラムに資金を提供することで、それを実現しています。たとえば、そうした取り組みにより、インドのコミュニティに再生可能エネルギーで電力を供給したり、ケニアの荒廃した土地をこれから何世代にもわたって耕作できる健康な土地に変えたりしています。

また、難民や家を追われた人々を支援して、サステナブルな生計を立て、繁栄しているコミュニティの一員となれるようにしています。IKEA Foundationは10年以上かけて、国際社会が難民を支援する方法を変えようと取り組んできました。難民とホストコミュニティがともに向上するようなアプローチへの研究や実用的な解決策に貢献しています。

IKEA Foundationは気候変動とどのように闘っているの?

地球温暖化が進み、食品や飲料水から空気まで、私たちの生活のあらゆる側面を脅かす気候変動が起きています。科学的証拠は明らかです。私たちはごくわずかな時間に、二酸化炭素の排出量を大幅に削減しなければなりません。今こそ行動するときです。

IKEA Foundationは、多くの人々が住み続けられる地球を実現するために闘っています。政府、企業、慈善団体がステップアップして変化を生み出すよう促すプログラムを支援しています。また、再生可能エネルギーと再生農業に取り組んで、排出量を削減し、子どもたちとその家族の生計を向上している組織に直接資金を提供しています。

2021年、IKEA Foundationは、温室効果ガスの排出量を急速に削減するため、5年間で10億ユーロの資金を提供すると発表しました。この基金からすでに5億ドルが、Global Energy Alliance for People and Planet(人と地球のためのグローバルエネルギーアライアンス)と呼ばれる新しいイニシアチブに割り当てられています。このイニシアチブは、40億トンの温室効果ガスの排出を防ぎ、再生可能エネルギーで10億人を支え、環境に配慮した1億5000万の雇用を創出することを目的としています。

© IKEA Foundation
© IKEA Foundation

IKEA Foundationはどこから資金を得ているの?

IKEA Foundationは、小売事業からは独立して運営されていますが、イケアの名前、バリュー、創業者を共有していることを誇りに思っています。

IKEA Foundationは、INGKA Foundationから資金提供を受けています。INGKA Foundationは、最大のイケア小売業者であるIngkaグループのオーナーです。Ingkaグループのオーナーシップは、INGKA Foundationに慈善活動の目的を達成するために必要なものを提供します。

Ingkaグループからの利益は、事業に還元するか、INGKA Foundationに提供することのみが認められています。INGKA FoundationがIKEA Foundationに提供する資金は、もともとIngkaグループから受け取った配当から得たものです。

2022年に、IKEA Foundationは2億6,800万ユーロを支出しました。2009年以降、その額は18億ユーロを超えています。

IKEA Foundationの詳細については、ウェブサイトをご覧ください。

 

IKEA Foundationの使命

IKEA Foundationは、家族が持続可能な生計手段を得られるようにし、気候変動の問題と闘うことで、弱い立場にある子どもたちの暮らしを向上できるよう取り組んでいます。

IKEA Foundationの働きを読む(英語のみ)