メインに戻る

赤ちゃんと生活をスタートするための5つの重要なヒント

赤ちゃんはなによりもすばらしい存在です。イケアのこだわりは、赤ちゃんが安全で自然な環境で成長できるように、赤ちゃんにとって望ましい製品をデザインするため、実際に子育てをした方の体験から学んでいます。赤ちゃんを育てる人が楽しい気分なら、赤ちゃんも楽しいのです。さぁ、一緒に少しづつ赤ちゃんとの生活を知っていきましょう。

木製チェアに座る母親と、サイドが開いた白いベビーベッドに座る赤ちゃんが見つめ合っています。ベッドにはブルーのテキスタイル。
木製チェアに座る母親と、サイドが開いた白いベビーベッドに座る赤ちゃんが見つめ合っています。ベッドにはブルーのテキスタイル。

ヒント1:赤ちゃんを迎えるためのお部屋の第一歩

まずは簡単なところから。以下の4点から始めましょう。

  • LEN/レーンなどの授乳クッションがあれば、授乳がより簡単で快適になります。
  • 吐き戻し対策のタオルなどバープクロスを用意してください。赤ちゃんはたくさんげっぷをします。
  • ナイトライトがあれば、夜間の授乳やおむつ替えなど必要なときに部屋をゆっくりとほんのりと明るくできます。
  • 遮光ブラインドやカーテンがあれば、必要に応じて赤ちゃんのお部屋を暗くできます

イケアの赤ちゃんの部屋用家具をチェック

ヒント2:赤ちゃんにとって優しい環境

生まれたての赤ちゃんは皮膚がとても薄く、大人よりも多くの呼吸が必要で、光や音に非常に敏感に反応します。このように、赤ちゃんはとても繊細な存在ですので、家の中ではできるだけ化学物質を使用せず、柔らかく落ち着いた環境をつくるようにしてください。イケアのベビー用品はすべて安全性を第一に設計されています。有害な化学物質は一切含まれていません。

ベビー用テキスタイルをもっと見る

ヒント3:赤ちゃん向けの音楽

生まれて数カ月の赤ちゃんは、視覚と聴覚が発達過程にあります。光と影は色よりも重要であり、メロディーは言葉よりも重要です。ベビーベッドから見える木の葉やモビールの動きに赤ちゃんは引きつけられ、歌声やKLAPPA/クラッパ ソフトトイのイモムシなどが奏でるオルゴールの音に反応するでしょう。

ベビートイをもっと見る

ヒント4:必要なものは考えているよりも少ない

赤ちゃんを初めて育てる経験は、別の惑星に足を踏み入れるようなものです。必要なすべてを最初からそろえる必要はなく、最低限の準備が整っているのなら、後は子育てをしながら必要なものを吟味していけば十分です。確かに、赤ちゃんはあなたが最善を尽くす価値のある大切な存在です。だからといって、すべてを最初から完璧にする必要はありません。

ヒント5:考えすぎない

アドバイスは赤ちゃんを育てた経験者の数だけ存在します。そうしたアドバイスを深掘りすればするほど、矛盾に思えることが多くなり、これが大きなストレスとなっていきます。これは赤ちゃんにとってもっともよくないことです。イケアからのアドバイスは、まず休めるときは休むこと。そして赤ちゃんの一瞬一瞬の表情を楽しむこと。赤ちゃんの成長は、思っているより速いのです。

照明、コード、フックに手が届かない場所にベビーベッドを配置し、可能であれば壁にぴったり付けて、隙間に小さな手や足が挟まれないようにすることをおすすめします

Jenny Wik(イケアのインテリアデザイナー)

赤ちゃんの成長に合わせたデザイン

1つだけ確かなことは、赤ちゃんが絶えず成長しているという事実です。製品を購入するのがもったいないと思うのは、購入してもすぐに用済みになってしまうからです。イケアはそのことを念頭に製品をデザインしています。サイドを取り外せる調節可能なベビーベッドから、引き出し付きチェストに変身するSUNDVIK/スンドヴィーク おむつ替え台にいたるまで、イケアは赤ちゃんの成長に対応できる製品をお届けしています。

おむつ替え台をもっと見る

赤ちゃんの安全のために、徹底した試験を

赤ちゃんは世界で一番小さな冒険者です。イケアの製品は子どもの安全を考慮して設計されています。角を丸くして、小さな指が挟まらないよう隙間や開口部をなくし、小さなパーツやコードのたるみもなくしました。必要な家具にはすべて壁への取り付け用キットが付属しています。

イケアは安全な製品をどのように開発するか

赤ちゃんを胸に抱きかかえて横たわる父親をクローズアップ。2人の上にはイエローのSOLGUL/ソルグル ブランケットが掛けられています。

睡眠

赤ちゃんは眠るのが大好きです。大人がひと休みするのと同じ感覚で眠ります。生後6カ月までは、1日最大20時間すやすやと眠ります。ただし、1度に連続してという意味ではありません。赤ちゃんはお昼寝が大好き。1日5時間連続でお昼寝することを考えると、起きて一緒に遊べる時間はたった4時間です。この話に興味がありますか?赤ちゃんは私たちにありとあらゆることを教えてくれるかもしれません。

イケアのANTILOP/アンティロープ ハイチェアに安全ベルトを着用して座り、トレイテーブルに両腕を乗せて笑っている赤ちゃん。

食事

初めて食べた離乳食を覚えていますか?最初に与えた離乳食がどんなものであれ、赤ちゃんの顔を見れば、初めて食べるものに心を動かされていることがわかります。食事を与えるための理想的な場所の確保から、ボウルから口への試験飛行にいたるまで、イケアはあらゆる場面をサポートします。

窓から射す光を背景に、イケアのSUNDVIK/スンドヴィーク ベビーベッドの中で立っている赤ちゃんと小さなソフトトイで遊ぶ父親。

遊び

遊ぶ権利はどの子どもにも平等にあります。私たちは遊びについて熱心に研究し、遊びとは何かを子どもと大人の両方の視点から学び、その結果をイケアプレイレポートにまとめました。すべての世界が初体験の赤ちゃんにとって、遊びはさまざまな感覚を喜ばせる体験です。最初に何を試してみますか?

イケアの人気商品