KLAPPA クラッパ オルゴール アオムシ
KLAPPA クラッパ オルゴール アオムシ
KLAPPA クラッパ オルゴール アオムシ

遊びは、赤ちゃんが五感を発達させ、親や社会とのつながりを築いていく方法のひとつ。KLAPPA/クラッパ おもちゃコレクションのオルゴールは、赤ちゃんにとって重要な発見の過程を刺激します。

603.726.34

商品の詳細

赤ちゃんの視覚や聴覚、触覚を刺激します赤ちゃんの繊細な耳に配慮して、音を小さくしました対象年齢:0歳以上デザイナー

Malin Unnborn

  • 本体:綿 80%, ポリエステル 20%
    中素材:ポリエステル繊維
    洗濯不可漂白不可タンブル乾燥不可アイロン不可ドライクリーニング不可
  • KLAPPA クラッパオルゴール アオムシ商品番号:603.726.34
    幅: 9 cm高さ: 7 cm長さ: 19 cm重さ: 0.12 kgパッケージ: 1

商品サイズ

長さ: 
20 cm

レビュー

4.4(9)
これから誕生する孫に買いました。ジェシカ07オルゴールが鳴る可愛いアオムシちゃんと 遊んでくれるのが楽しみです!5
かわいいアオムシのオルゴールhiro0617体をひっぱるとブルブル動くのは見たことありましたが、オルゴールは初です!やさしい音色とフォルム、また赤ちゃんは大抵タグ好きなので、長いお付き合いになりそうです。 音がもっと長く流れてくれたらいいな。4
オルゴール付で安いひろみさオルゴールつきと知らずに、お友達の子供なのプレゼントしました。とっても気に入ってくれて良かったです。4
お気に入りhal311ネットで見て気になり店舗で購入しました。 売り場で赤ちゃん(生後5か月前)に「これどう?」と渡したらその時点で食いつき気味。そのまま購入。 泣きそう、もしくは泣いてるときに音を鳴らしてあげると泣き止みます(うちの子だけかも…?) また、イモムシさんだよ~と手渡すとニコニコ笑ってご機嫌になります。とってもお気に入りみたいです。 オルゴールの曲は何の曲か気になります。 オルゴールの流れてる時間が短いのが残念なため、☆4つです。4
以外とお気に入りasahi553ヶ月のこどもに購入しました。音が鳴りながら縮んでいくのを、不思議そうに眺めたり、角を掴んだり。以外とお気に入りのおもちゃになり、持ち歩いてます。4
オルゴールの音色が優しいくもんくん友達の出産祝いに、プレゼントしました。 ぬいぐるみの手触りもよく 色味も明るいので写真に撮っても可愛いかったようで喜んでもらえました5
顔がいいあはママもうすぐ生まれる孫にと買いました。のんびりした顔とゆる~いオルゴールの音色がいい感じです。4
可愛いHakumama子供がはらぺこあおむしが好きで、虫の人形がなかなか見つからないなかとても可愛いらしい人形にであえました。オルゴールも可愛らしく5歳になる男の子でも喜んでくれました。5
素晴らしいmine0821孫に購入しました。遊ぶより飾るかな。よかったです。5
KLAPPA クラッパ オルゴール アオムシ

遊びを通じてヒトは人間になる

見る、ふれる、押す、持ち上げる……遊びを通じて、赤ちゃんは五感を発達させ、まわりの世界に目を向け、それを理解しようとします。KLAPPA/クラッパ おもちゃコレクションで、イケアは赤ちゃんの発見の旅を刺激し、親子の大切なふれあいに貢献したいと考えました。子どもたちは遊びの中に社会とのつながりを感じながら成長し、人間になります。  もっと読む
新生児が初めて目を開けるとき、中枢神経系はまだ完全には発達していません。赤ちゃんは20~40cm以上、つまり、世話をしてくれるお母さんの顔より遠いところは見えません。でも、色や形、手ざわりや音とのふれあいから得るさまざまな印象が、赤ちゃんの脳の発達を刺激します。そう説明するのは、子どもの発達と遊び、学びについて長く研究を続けているKrister Svenssonです。「でも、休むことも刺激と同じくらい重要です。赤ちゃんの脳もときどき休みをとり、新しく受け入れた情報を整理して、すでに頭の中に登録されていた情報と関連付ける時間が必要です」

ディテールが遊びへといざなう

小さな赤ちゃんのために開発されたおもちゃは、脳の発達を刺激する、こうした重要な印象に貢献します。でも、子どもの気を引くおもちゃの特徴とはいったいどんなものでしょうか? 「たいてい、まわりの環境から浮き上がり、それ自体が目立っています」とKristerは言います。「黄色いキリンの黒い模様や、ガラガラの音などがそうです」KLAPPA/クラッパ おもちゃコレクションを手掛けたデザイナーのMalin Unnbornは、好奇心を生んで遊びへといざなうような独特のディテールを生み出したいと思いました。「そこで、布絵本とボールには、強いコントラストを生む色や、異なるテキスチャーの布地を使用しました。布地は、つやつやしたものやマットなもの、ソフトなもの、ざらざらしたものなどさまざまです」ほかにも、ブランケットやプレイマット、ベビージムでは、サメのひれやシマウマの顔など、動物たちの体の一部を立体的にデザインして、好奇心いっぱいの小さな指がさわって確かめられるようにしました。

おもちゃが生むふれあい

KLAPPA/クラッパの世界には、空想の動物や植物、惑星が登場します。「赤ちゃんにしてみれば、プレイマットの端っこでカニがこちらを見上げていても大した意味はありません。でも、年長の子どもは、弟や妹と一緒にそれで遊びたがるでしょう」とMalin。Kristerは、おもちゃが子どもの発達において、重要な社会的機能を果たしていると感じています。Kristerはこう言っています。「おもちゃは親子の社会的なふれあいのツールとして役立っています。しかも、おもちゃに命と意味を与えるのは、親なのです」たとえば、あなたがガラガラに『黄色いキリンさん』という名前をつけて、そのキリンについて話をします。そして親子が交代でキリンを手にするたびに、子どもの中で、キリンも親も自分も、みんなこの世界の一部なのだという理解がわき上がります。遊びの基本はふれあいです。そして、遊びはヒトの成長のためにまさに必要なものです。人間になるためには、ほかの人たちとのふれあいが必要なんです」
表示を減らす

KLAPPA クラッパ
オルゴール アオムシ

消費税込み。価格は店舗によって異なる場合があります
¥ 799
オンライン取り扱い商品
在庫を更新中
365日間、気が変わっても大丈夫
KLAPPA クラッパ オルゴール アオムシ

KLAPPA クラッパ

¥ 799