メインに戻る

カフェデザイン・レストラン事例集:PANORA

PANORA (宮城県仙台市) 

モダンな空間に親しみを取り入れて、誰にでも愛されるお店へ

PANORA kitchen of the seasons(宮城県仙台市)

森の中に浮かぶ宇宙船。そんな風に表現される「宮城県図書館」は、建築家の原広司氏が設計した宮城を代表する美しい建築物。その一角に、2020年8月26日(水)待望のカフェ・レストランがオープンしました。その名も『PANORA』。全景、広々とした眺めという意味のPANORAMA(パノラマ)からのネーミングされた店内では、壁一面のパノラミックなガラス窓から美しい自然林を眺めながら、宮城の旬をカジュアルに味わうことができます。 地域に愛される図書館の一角に、居ぬきで新しい飲食店をオープンさせるという事業に取り組んだのは、ボーダーアクト株式会社の代表取締役 葛西義信さんと妻の幸恵さん。図書館ユーザーをはじめ、幅広い層に気軽に利用いただけ愛されるお店にするために、プロジェクト開始当初から家具はオールイケアでと決めていたと言います。以前にもカフェプロデュースの仕事でイケアの家具を利用したことのある葛西さん。当時は家具や食器を自分で選んだそうですが、今回はIKEA for Businessに登録し、専任スタッフによるインテリアデザインサービスを利用し、スペースコーディネートを進めました。 もともとモダンなレイアウトにコンクリート打ちっぱなしという、飲食店としては少しクールな印象だった空間に、柱やインテリアなどで木目をあしらうことで、表情をやわらげぬくもりを取り入れることに成功した店内。エントランスから店の奥へ進むにつれ、さまざまな利用シーンを叶える5つの席スタイルが現れます。(写真:ボーダーアクト株式会社 葛西幸恵さん)

誰もが気軽に来店しやすいよう、イケアの家具で親しみやすい空間に

『PANORA』は空間プロデュースがスタートする時点で、店舗のコンセプトやデザインイメージがしっかり固まっていたため、そのイメージに寄り添い具現化するためにコーディネートが進められました。イスやテーブルなど、メインの家具のカラーも初回の提案で、黒に即決だったと言います。 「最初にパース、店内写真、図面をお渡しして、最適なアイテムやレイアウトを提案してもらいました。私もイケアのウェブサイトを見ながら商品を探すことはあるのですが、とにかく種類が多いので、IKEA for Businessで相談すると話が早くて助かりました」。 年に4回新商品が入るイケア。その数多のアイテムから、希望にあうアイテムを自力で探し出すのはなかなか労力が必要です。IKEA for Businessでは、専任のプランナーが、ビジネスニーズとインテリアデザインのご要望に応じて最適な商品をご提案。今回は目指す店舗イメージが明確だった分、提案する商品ラインナップからのセレクトもスムーズだったのだとか。 「有名な建築家が設計したモダンなデザインの空間に、フレンチ俵山陽介シェフの料理。どうしても敷居が高くなりがちな要素に、イケアのインテリアを組み合わせることで、どなたにでも気軽に来店いただける親しみやすい店舗を完成させることができました」。 コロナ禍で対面での打ち合わせが難しい時期を乗り越え、提案された商品は実際にお店に足を運び、見て触って確かめ決定していったそうです。 エントランススペースには、ハイテーブルとハイチェアを設置。軽食や待ち合わせ、テイクアウトの料理を待つ間にも便利。黒と木目のコーディネートが、上品かつ親しみやすいPANORAならではのムードを創り上げている。

注文カウンター向かいの商品棚も、黒と木目が基調。上部の天板は店舗のイメージにあわせてオーナー様が別素材に変更するなど、フレキシブルに活用。イケア人気のキッチングッズが、PANORAでは買い物かごに。

おひとりさまも、親子連れも。みんながお気に入りの席を見つけられる

森が眺められる一面のガラス窓に面して1人用の席を設け、壁面側には複数人で座れ、人数によってテーブルを付けたり離したり、自由にカスタマイズできるスクエアの席を用意しました。お客さまそれぞれが自分にあった座り心地を見つけてほしいという思いを込めて、店内にはいろいろなタイプのチェアが揃います。 「お店ができあがってから見えてきた希望もあります。例えばここにはペンダント系のライトをつるした方がいいかなとか。今後も状況に応じて新しいアイテムを取り入れていきたいですね。また図書館とも相談をして、紅葉時期や雪景色のライトアップなど、夜向けのスポットもつくっていきたいと考えています」。葛西さんの情熱は尽きません。ガラス面から森を眺められる特等席には、人気シリーズのブラックチェアを。

動かしやすいよう、サステナブルな素材 竹を使った軽めのチェアをセレクト。クッションタイプの座面は合皮なので、汚れが拭き取りやすい。テーブルはエントランスのハイテーブルと同シリーズの天板違い。

ちょっと奥まった空間は、靴を脱いで過ごせる小上がりのキッズスペース。ゆらぎのある丸型のコーヒーテーブルを設置しました。 「図書館利用で小さいお子さんを連れてくるご家族の方も多いので、ハイハイする赤ちゃんともいっしょに食事ができるようなスペースを設けて、お母さんたちも気軽に来られるように工夫しました」と葛西さん。 キッズスペース脇には靴を入れる収納を配置。加えて子どもたちが待ち時間を楽しく過ごせるようにと、口に入れても安心の色鉛筆とロール紙のお絵描きグッズも用意されています。キッズスペースには、角のないデザインのコーヒーテーブルを配置。

検査基準の厳しいイケアのキッズ商品は、どれも子どもたちに安心のデザイン。

フレキシブルな提案とレスポンスの早さで、目指す店舗イメージが完成

スカンジナビアンデザインの伝統をインスピレーションにした、シンプルなスタイルのテーブル&チェア。存在感がありながらも空間にマッチするデザイン。

料理のイメージや、お店の雰囲気にマッチしたプレーンなフォルムの食器や小物類。黒・白をメインカラーに、グリーンやグレーといった個性あるカラーを取り入れて、スタイリッシュなコーディネートを実現。

スタイリッシュに仕上げたトイレの特長は、荷物を置ける棚を設置したこと。荷物の多い女性にもうれしい工夫。

インテリアデザインサービスを担当したIKEA for Businessの高見

「ボーダーアクトの葛西さんは、とてもパワーのある方。コロナ禍の対策もどんどん考え実行されていて、一緒にお仕事ができて楽しかったです。こちらの提案に対しても、すぐにご意見をいただけて、スムーズに話が進んでいきました。私たちも、できるだけ早く返事やご提案ができるようにといつも心がけていますので、レスポンスが早いというのは最大の誉め言葉ですね。お店のオープンとても楽しみです。個人的にもぜひ利用したいと思っています」。 当初はGW明けオープンが予定されていたPANORA。コロナ禍で先の見通しがつかない中、持ち前の発想力と行動力で、さまざまな対策を導入しオープンにこぎつけた葛西さん。状況に応じた対応で準備を重ねることで、満を持してのオープンとなりました。「今後も気づきや変化に柔軟に、リノベーションしていきたいですね」と話してくださいました。