メインに戻る

キッチンの救世主

キッチンで困った時に助けてくれる。誰にでもそんなスーパーヒーローが必要です。スーパーヒーローがいなくても、キッチンの作業を簡単、しかも楽しくこなせるスーパースマートなヒントをご紹介します。

ビニール袋ににんにくを入れてシェイクすれば、にんにくの皮むきが子どもの遊びになります。
ビニール袋ににんにくを入れてシェイクすれば、にんにくの皮むきが子どもの遊びになります。

新しい視点で料理を考える

料理に使うさまざまな調理道具やキッチンツールの用途は一つではありません。たとえば、自分でレモネードをつくって飲みたい時、調理用トングがあれば簡単にレモン汁を絞れます。

食材を薄くスライス

エッグスライサーは卵だけに使うのはもったいない万能選手です。素早く、簡単に包丁を使わず、材料を細かく刻むことができます。ヨーグルトに入れたり、つまんで食べやすい大きさに切りましょう。

容器の中でにんにくの皮むき

にんにくと皮を分けるのが簡単で楽しい作業に変わります。容器の中ににんにくを入れて、よーく振ります。こうすると、にんにくの皮がスルリとむけています。ワカモレディップをつくってみませんか?

    はさみで野菜を刻む

    はさみで同じように下ごしらえができるなら、包丁は必要ありませんね。トマトなど小さく刻みたい材料をボウルに入れ、はさみで切ります。お子さまが使う場合は大人が目を離さないように。単純な作業は手伝ってもらいましょう。

    ビニール袋でつくる最高のアイデア

    生クリーム100cc、牛乳100㏄、砂糖大さじ2、バニラ小さじ1を小さいほうのビニール袋に入れます。口を閉じて密封します。大きい方の袋に100㏄の塩と約500㏄の氷と一緒に入れ、材料を入れた小さいほうの袋も入れて、口を閉じます。よく振ってください。あっという間に、アイスクリームのでき上がりです。

      デザインチーム
      インテリアデザイナー:Elin Stierna
      写真:Johan Månsson
      文章:Henrik Annemark