お宅訪問:勉強にも遊びにも対応できるティーンのベッドルーム

中間色のベッドリネンと青い柄のクッションが置かれたベッドの拡大画像。

お宅訪問:勉強にも遊びにも対応できるティーンのベッドルーム

ティーンエイジャーにとってベッドルームは特別な空間。自分を表現したり、勉強したり、眠ったり、友達と一緒に過ごしたりする場所です。ティーンエイジャーの個性的でかつ実用的な部屋を見せてもらいましょう。

私のサンクチュアリ

「この部屋は小さなころからずっと使っていて、一緒に成長してきました」と話すMalin(15歳)。「昔は壁がグレーで、そのほかは全部赤でした。いまは青が好きです。オーシャンブルー。ラグーンみたいだから」。彼女の部屋は機能面も充実していて、深夜の読書用のタスクランプは光の向きを調節できます。オープンシェルフやマグネット式のディスプレイラックなどには、Malinの大好きなものを自由に飾って楽しんでいます。

「私のお気に入りの場所は大きなベッド! 前は2段ベッドだったから、あまりくつろげなかったんです。でもいまはベッドに座って本を読んだり、インターネットを楽しんでいます」

Malin

一緒に過ごせる空間

ティーンの隠れ家といっても、別に1人きりでこもる場所ではありません。軽量でフレキシブルなシーティングをプラスすれば、友達が来たときに一緒に過ごせる場所になります。ベッドからクッションを2~3個取って背もたれ代わりにすれば、さらに快適にくつろげます。Malinと姉のStine(20歳)はとても仲良し。Stineの部屋は隣の小さいほうの部屋なので、2人が一緒に過ごすのはたいていこの場所です。

「勉強スペースは学校専用ではありません。個人的な勉強にも使うし、自分のしたいこと、たとえば絵を描いたり、スクラップブックをつくったりするのにも使います」

Malin
A close-up of pictures and quotes clipped on a black board.

手軽に個性をプラス

ティーンが自分で手軽にデコレーションを楽しめるようにしましょう。写真やポストカード、インスピレーションを感じるアイテムなどのディスプレイに最適なのが掲示板です。ここで使用しているのはマグネット式なので、好みの変化に応じて簡単に入れ替えられます。Malinの部屋では、EKET/エーケトキャビネットのコンビネーションで壁を創造的に活用しています。キャビネット内には、思い出の品でつくったミニディスプレイが飾ってあります。

Files stored in a white letter tray.

すっきり整理された勉強スペース

ティーンのベッドルームでは、整理整頓もディスプレイと同じくらい大切です。Malinのコーナーデスクは父のBerndによるカスタムビルド。コーナーデスクのメリットはスペースが広いことで、デスク下には引き出しユニットを、デスク上にはデスクトップオーガナイザーを置いて、あらゆるものをすっきり整理できます。KVISSLE/クヴィッスレ レタートレイには宿題フォルダーがぴったり収まるうえ、平日の5日間に対応できます。

自分のアイデンティティを見つける時間

私たちが訪ねたとき、MalinはスタイリストのCarlに、ベッドルームにミラーがあったら完璧なのに、と言いました。Malinの家のように、家族の共用バスルームは混雑しがちで、ティーンが自分を発見したりアイデンティティを試したりできるパーソナルスペースがない場合もあります。専用のミラーを手に入れたことで、Malinのプライバシーは高まり、朝の身支度の時間も長くなりました。

お客さまがクリエイティブな方法でイケアの商品を使ってくださるのは、私たちの喜びです。どんどんアイデアを発揮してください!ただし、イケアの商品を改造または変更し、本来の目的では再販または使用することができなくなった場合、イケアの商業保証および返品の権利は失われますので、ご注意ください。

デザインチーム
インテリアスタイリスト:Ashlyn Gibson
フォトグラファー:Lina Ikse