メインに戻る

屋外スペースの広さを測る

さまざまな素材や色の屋外用フロアデッキを活用すれば、オリジナルの空間に早変わりします。はめ込み式の製品なので、屋外用フローリングの模様替えも簡単です。

木目調の屋外用フローリング。白い布張りの屋外用ソファを配置し、その上には本が置かれている。
木目調の屋外用フローリング。白い布張りの屋外用ソファを配置し、その上には本が置かれている。

屋外スペースの広さを計算する

「長さ×幅」で屋外スペースの広さを算出します。たとえば、幅3m × 5m = 15m2のように計算します。スペース全体から差し引くエリア(柱やコーナーなど)を計算します。

必要なパッケージ数を計算する

上記の計算結果を0.81で割り、四捨五入します(フロアデッキの数が足りなくならないようにするため)。たとえば、14.5m2 ÷ 0.81 = 17.90といった場合、四捨五入すると、必要となるのは18パッケージであることがわかります。

目安として用意されている計算を参照

屋外スペースの全面積が計算できたら、以下の数値を参照し必要なパッケージ数を出してみましょう。

例:
2m2(3パッケージ)
5m2(7パッケージ)
7m2(9パッケージ)
10m2(13パッケージ)
12m2(15パッケージ)
18m2(23パッケージ)
20m2(25パッケージ)
25m2(31パッケージ)
30m2(37パッケージ)

オリジナルのフローリングつくりに挑戦する

雨風に強い陶器製の新しいマラケシュスタイルのフロアデッキ、MÄLLSTEN/メルステンと、さまざまな色や素材を選べるRUNNEN/ルッネン デッキを組み合わせてオリジナリティあふれるフローリングをつくってみてはいかがでしょうか。