メインのコンテンツにジャンプ
Product Recycling Fund
The price of this item includes a contribution to a Product recycling fund to ensure that waste electrical and electronic equipment is collected and recycled in a responsible manner.
 
 
価格帯 (¥)
-

ANNANSTANS/アンナンスタンス コレクション

意外な出会い

モダンで都会的な印象のANNANSTANS/アンナンスタンス。でもその印象は機械がもたらしたものではありません。一つひとつ手づくりされています。だからひとつして同じものはありません。スウェーデン語で「どこかの場所」を意味する、ANNANSTANS/アンナンスタンスは、デザイナーMartin Bergström(マルティン・ベリストローム)のコンテンポラリーなコンセプトが、インド、ルーマニア、タイの社会的企業の職人たちを通じて新たな表現へと昇華された、ユニークな手仕事品の限定コレクションです。熟練の工芸家たちがMartinのプロダクトデザインを発展・洗練させました。クッションカバー、スカーフ、バッグから、陶器、これまでなかった「クレイジー編み」のバナナ繊維のバスケット、木製のキノコのオブジェまで、さまざまなアイテムがラインナップしています。

ANNANSTANS/アンナンスタンス コレクションからのアイテム:ブルーとグレーのカフタンチュニックと、グレー、レッド、グリーンの大胆柄のクッションカバー。
No Youtube Player
ANNANSTANS/アンナンスタンスは手工芸とモダンデザインが融合し、詩的なテキスタイルやクッションカバー、焼き物に結実したコレクション。個々のアイテムには、従来のような意味合いでの”統一感”を持たせていません。ANNANSTANS/アンナンスタンスをデザインしたMartin Bergström(マルティン・ベリストローム) は言います。「コレクションというよりもファミリーという感じですね。アイテム同士はマッチするとも言えるししないとも言える」。あらゆる意味で満足感のある、普通にはないユニークなデザイナーズアイテム。そんなアイテムを手にできるチャンスをお届けできることに、イケアは誇りを感じています。
「インスピレーションに
なったのは、静けさと
離島。 つくりたかった
のは、言葉にならない何か。
白昼夢とか、
どこかの場所の記憶
とか……。
コラージュとか、
無言の詩」
– Martin Bergström (デザイナー)
ANNANSTANS/アンナンスタンス コレクションのレッド、ブラック、ホワイトのプリント柄のスカーフの前で写真に収まる、デザイナーのMartin Bergström(マルティン・ベリストローム)。ANNANSTANS/アンナンスタンス コレクションの抽象柄がプリントされたスカーフ、クッションカバー、布張りのボックスと、イレギュラーな形の陶器やバスケット。
それぞれであること、に意味がある
 
 
 
 
 
 
 
モダンが伝統と出会う
ANNANSTANS/アンナンスタンスのプリント柄はすべて、Martin Bergströmが自然界をインスピレーションに手描きしたスケッチから起こしたもの。これを、水の使用量を大きく抑えられる染色技法のデジタルプリントで布地に転写しているため、ステートメントのあるデザインは同時に環境へのステートメントにもなっています。ANNANSTANS/アンナンスタンス クッションカバーでは、このプリント地にインドの社会的企業Rangsutraの職人たちが手刺繍を施し、Martinのエッジ―なデザインにユニークなコントラストを与えています。
グリーン、グレー、ブラック、レッドのモダンな抽象柄がプリントされた、ANNANSTANS/アンナンスタンス コレクションの綿のクッションカバー 。ANNANSTANS/アンナンスタンス コレクションのために職人の手で刺繍が施されているクッションカバー。ANNANSTANS/アンナンスタンス コレクションのために手づくりされた、イレギュラーな形のダークブルーとグリーンの陶器のボウル。
独特の質感
2012年からイケアとパートナーを組んでいる、タイの社会的企業Doi Tung。ANNANSTANS/アンナンスタンスを担当した職人たちは、今回の製品はいつになく複雑で、でもやりがいも製品づくりへの関わりもいつになく大きかった、と言います。普通にはないざらついた質感をつくりあげ、そこに入念に選び抜いた釉薬を合わせて、独特な風合いに仕上げました。どれも微妙に異なり、ひとつとして同じものはありません。
ANNANSTANS/アンナンスタンス コレクションのイレギュラーな形をしたグリーンの手づくり花瓶。
 
 
 
 
 
 
 
新しい編み方
バナナの木から採れる再生可能繊維を使った編み細工が専門の、インドのIndustree。いつもの精緻に編み上げるスタイルとは異なり、今回Martinが彼らに求めたのは、天然の素材本来の美しさを引き出す有機的で臨機応変な編み方。筆頭職人のManiは、望ましい無造作感を出せるようになるまで試作を重ねたといいます。彼女はこの新たな編み技に「クレイジー編み」という名前まで付けました。
ANNANSTANS/アンナンスタンス コレクションのためにイレギュラーに編む新技法でバナナ繊維を編み上げる職人。
コレクション以上の何か
ANNANSTANS/アンナンスタンス コレクションは、デザインや手仕事による仕上げのクオリティもさることながら、社会的意義のあるコラボレーションとしても際立っています。ANNANSTANS/アンナンスタンス はイケアの商品開発者とデザイナーのMartin Bergström(マルティン・ベリストローム)、そしてインド、ルーマニア、タイの4つの社会的企業の優れた職人たちとのコラボレーション。この国際的なチームのメンバー一人ひとりが、それぞれのアイデアやスキル、経験を注ぎ込み、ほかとは一線を画するコレクションが完成しました。
ANNANSTANS/アンナンスタンス コレクションのために、新技法「クレイジー編み」でバナナ繊維のバスケットを編む、筆頭職人のMani。
「そのものずばりの名前を付けました – ‘クレイジー編み’です! こういうランダムな編み方は好きですね。このバスケットは編みのパターンも仕上がりも本当にステキだし、編む作業自体もものすごく楽しいんですよ」
– Mani(Industreeの筆頭職人兼技術指導者)
職人が手作業で木をろくろ挽きしてつくっている、ANNANSTANS/アンナンスタンス コレクションのキノコ形のモダンなオブジェ。
ろくろ細工の技
ANNANSTANS/アンナンスタンス コレクションのためにMartinは、ルーマニア・ブカレスト郊外にある小さな工房、Mesteshukar ButiQの職人たちと共に、個性と本物さとナチュラルさのある目に快い木製品を、手挽きのろくろ細工でつくろうと考えました。Mesteshukar ButiQは社会的企業で、イケアのパートナー。手仕事による上質な製品づくりを通じて、ロマの工芸と社会的インクルージョンを推進しています。
ANNANSTANS/アンナンスタンス コレクションのために社会的企業の職人が手づくりした、木製のキノコのオブジェ。
五感を喜ばせるデザイン
キノコはMartinの作品によく出てくるモチーフ。すぐさま判別できる独特の形でありながら、どこかミステリアスな雰囲気が漂うところが、ANNANSTANS/アンナンスタンス コレクションのテーマにぴたっとはまりました。このキノコのオブジェの木材原料は、ほかのイケア製品同様、すべて適切に管理された森林資源に由来しています。森のひとかけらが、おうちの中で生き続けます。
社会的企業とのパートナーシップ
世界各地の社会的企業とパートナーを組むイケア。その理由と取り組み方についてもお読みください。