メインのコンテンツへジャンプ

イケアのハイライト

イケアのハイライト 2017
多くの企業や組織、人々が一体となって、イケアを形づくっています。一人ひとりが、そして一つひとつのアイデアやソリューションが、イケアという大きな世界の創造に貢献しています。イケアのハイライトでは、イケアの世界のさまざまな分野からストーリーを集め、この一年の成功事例や思いがけないできごと、いくつかの失敗さえもご紹介します。人間っていいなと思える内容です。
買う前に試してみよう
買う前に試してみよう

イケアは、AppleのArkit上で動くAR機能を備えたアプリ「IKEA Place(イケア・プレイス)」をリリースしました。ホームファニッシングをもっと楽しくして、ストレスを減らしてくれるアプリです。
スウェーデンらしさをひとしずく
スウェーデンらしさをひとしずく
年間最優秀イケアストア賞を受賞したポーランドのIKEAヴロツワフ(Wroclaw)のコワーカーが、イケアの中心、スウェーデンのエルムフルトを訪れたときのようすをご覧ください。
LET'S PLAY すべての子どもに遊ぶ自由を
LET'S PLAY すべての子どもに遊ぶ自由を
Hay Tar Gayちゃんをご紹介します。彼女は、IKEA FoundationとHandicap International(ハンディキャップ・インターナショナル)のパートナーシップ事業から恩恵を受ける多くの子どもたちの1人です。
趣味の世界から、フルタイムの仕事へ
趣味の世界から、フルタイムの仕事へ
食に対する個人的な情熱を仕事に変えた、IKEA FoodのMartin Nordinの話を聞きました。(人気沸騰中の彼のインスタグラムと料理の本についても聞いています。)
光あれ
光あれ!
イケアのスマート照明製品はどんどん使いやすく便利になり、人々により多くの選択肢を提供しています。どれほど暮らしが明るく便利になったかご覧ください。
何が家をつくるのか?
何が家をつくるのか?
過去5年にわたり、イケアはLife@Homeレポートを発行してきました。今年は、家が抱える問題にさまざまなアイデアで果敢に取り組む人々にスポットをあてました。イケアは彼らのことを「ホームパイオニア」と呼んでいます。
プラスチックの再生
プラスチックの再生
イケアはリサイクルの輪の実現に全力を傾けています。ゴミに新たな命を与えることで、イケアが、どうやって地球資源への需要を減らしているかについてお読みください。
重要なのは名前じゃない。重要なのは学びだ。

IKEA of Swedenは前途有望なデザイナーや世界的に有名なデザイナーなど、数多くのすばらしいデザイナーとコラボレーションしています。
Bea ÅkerlundHAYChris StampDELAKTIG/デラクティグ
暗闇を追い払う
暗闇を追い払う
「難民キャンプに明かりを届けよう」キャンペーンを支えてくれたコワーカーとお客さまのおかげで、IKEA Foundationは難民キャンプにできる世界で初めての太陽光発電所に資金提供することができました。詳しくは、こちらからご覧ください。
ミラノに新たなリビングルームが登場
ミラノに新たなリビングルームが登場
2017年のミラノサローネ国際家具見本市で行われた「イケア・フェスティバル――Let’s Make Room For Life(暮らしのための空間をつくろう)」をご覧ください。3,500m2の敷地で繰り広げられたイベントは、展示のベスト40に選ばれました。
数字で見るイケア2017
数字で見るイケア2017
多くの企業や組織、人々が一体となって、イケアを形づくっています。一人ひとりが、そして一つひとつのアイデアやソリューションが、イケアという大きな世界の創造に貢献しています。イケアのハイライトでは、イケアの世界のさまざまな分野からストーリーを集め、この一年の成功事例や思いがけないできごと、いくつかの失敗さえもご紹介します。人間っていいなと思える内容です。
デモクラティックデザイン・デー
デモクラティックデザイン・デー
イケアは毎年、ジャーナリストやコラボレーションのパートナーをスウェーデンのエルムフルトに招待し、ワクワクする新商品を紹介したり、これから登場するコレクションのプレビューを行ったりします。そのようすを、こちらからご覧ください。
よい結果をもたらす優れたデザイン
よい結果をもたらす優れたデザイン
IKEA Foundationが支援する、難民のためのフラットパックの住居プロジェクトであるベターシェルターが、ロンドンで大人気のデザインミュージアムが主催する「ビアズリー(Beazley)・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。
動画と広告
動画と広告
笑えるもの、役にたつもの、そして心を打つものまで。イケアの奥深いすばらしい世界から最高の作品をご紹介します。
目前にせまる大イベント
目前にせまる大イベント

IKEA India(インド)がもうすぐオープン
難民に新たな暮らしを
難民に新たな暮らしを
難民の安全な暮らしは、まだ始まったばかり。難民キャンプにたどり着いても、またそこで新たな暮らしを築いていかなくてはなりません。ここでは、難民の人々が次のステップに進むのを支援するために、イケアが取り組んでいる2つのことを紹介します。
image13
目前にせまる大イベント
IKEA Indiaがもうすぐスタート
倫理的な製造と供給
優れたビジネスから、よい結果が生まれてる?
手ごろな価格の商品が、良好な労働環境と適正な賃金のもとで持続的に生産されることは可能でしょうか? イケアウェイで生産されるなら、それは可能です。