素材選び

世界中にビジネスを展開する
企業としての責任

大企業は大きな責任を伴います。当社の目標は、できる限り、再生可能、リサイクルまたはリサイクル可能な素材を選ぶことで、長期的に持続可能な原材料を確保することです。
イケアにとって、素材を選ぶことは責任ある意思決定を行うということです。再生可能な材料を使用できない場合は、リサイクルされた、あるいはリサイクル可能な材料の使用を優先しています。すべての商品を、手ごろな価格と同時に高い品質を保つよう努めていますが、そのために必要なのは材料だけではありません。人材、製造、流通も重要な要因です。また、改善にはとどまるところがありません。外部の企業の協力を得ながら、自社のやり方を見つめ直すことにより、長期的に持続可能な原材料を確保し、業界の仕組みを変えることがイケアの目標です。イケアの商品に使われる材料の一部について、詳しく紹介します。
木材はイケアの基盤となる素材で、数世代にわたって使える家具づくりを実現しています。世界で展開する大企業として、当社にはこの素材を守る能力だけでなく、責任があります。
木材
木材はイケアにとって基本となる素材です。木材は時間を重ねることで美しく変化し、数世代にわたって使える家具づくりを可能にしています。森林は壊れやすく繊細で、手入れを慎重にしなければなりません。現在、イケアで使用する木材は、森林関連の対立や違法に伐採した木材の調達を禁止するIWAY森林管理基準を順守しています。世界で展開する大企業として、イケアには世界の森林を保護する能力だけでなく、その責任があります。2020年までに、イケアでは使用する木材の100%をFSC(森林管理協議会)認定のもの、またはリサイクルで賄うことを目指しています。現在、達成度は約80%です。FSC基準は、自然の生態系と人々の生計手段を守ることを目的としています。
イケアの木材に対する取り組みについて読む
2020年までに、イケアでは製造に使用する木材の100%をFSC(森林管理協議会)認定のもの、またはリサイクルで賄うことを目指しています。現在、達成度はほぼ80%です。
2015年以降、イケアの製品には持続可能な方法で栽培された綿を100%使用しています。つまり、農薬や肥料の使用を最小限に抑え、人々や環境を考慮した生産を行っています。
綿
綿はイケアがこだわっている素材の一つ。自然な素材で通気性に優れ、再生可能であることが特長です。また、綿のテキスタイルは、湿気を吸収する性質が活かされ、気温の高いの時期にも適しています。しかし、従来の綿の製造方法は環境への負荷が高く、綿花生産農家やその家族に有害な影響を及ぼすという事実は、イケアにとって不本意なものでした。2015年以降、イケアの商品に使用する綿はすべて、持続可能性の高い方法で栽培されています。「持続可能性の高い」とは、農薬や肥料の使用を最小限に抑え、人々や環境にやさしい綿花生産を行うことを意味します。つまり、優れた水管理を行い、栽培慣行を発展させることです。イケアでは、今後も水の有効活用と生物多様性に重点的に取り組んでいきます。目標達成の一環として、持続可能な方法で栽培された綿をイケアだけでなく、業界全体にとって当たり前のこととしたいと考えています。
サステナブルな方法で栽培された綿に関する詳細を読む
通気性に優れ、再生可能な綿は、イケアがこだわっている素材の一つです。しかし、綿の生産が環境に悪影響を及ぼすという事実に不満を感じています。持続可能な方法で栽培された綿を業界全体のノルマとすることが目標です。
天然繊維は、独自の特性を備えた自然で再生可能な素材です。世界中の高い技能を持つ職人と緊密に連携することで、STOCKHOLM/ストックホルム 2017 藤キャビネットなどの高品質な商品が生まれます。
天然繊維
ホテイアオイからコルク、バナナファイバー、藤まで、イケアでは天然繊維を使用する製品が増えています。自然な素材で再生可能であるだけでなく、それぞれが優れた特性を持ち、完成品一つひとつに個性が生まれるのも魅力の一つです。これらの製造の大部分は機械化されていません。ベトナム、インドネシア、中国の織り手や職人、女性たちと緊密に連携しながら作業を進めます。世界中の高い技能を持つ職人たちと力を合わせることで、共同制作できるだけではなく、アイデアや新しい制作の知識を共有することができます。
イケアでは、ホテイアオイ、コルク、バナナファイバー、藤などの天然繊維の使用が増えています。
イケアでは、木材、プラスチック、紙、金属、あるいはまったく別な素材でも、できる限りリサイクル素材を使用したいと考えています。また、製品の寿命が終わった後は、リサイクルできるような方法で商品をデザインすることを目指しています。
スクラップ/リサイクル品
当社は、可能な限り、リサイクル素材を使用しています。木材、プラスチック、紙、金属などは、積極的に取り入れたい素材の一例です。ただし、スクラップとリサイクル素材は明確に区別しています。スクラップとは別の商品を生産する過程で残った素材で、リサイクル品は古い商品を素材として再利用することです。そして、イケアではこういった素材を基準に商品を考え開発することに重点をおいています。製品の寿命が終わった後は、リサイクルし、ゴミを最小限に減らせる方法で商品をデザインすることを目指しています。スクラップ素材やリサイクル可能な材料を使用し、便利でスタイリッシュな商品を生み出す新しい方法を常に模索しているのは、このためです。その一例がKUNGSBACKA/クングスバッカ キッチン扉です。
「資源の有効化」について読む
イケアでは、スクラップ素材やリサイクル可能品を使用し、便利でスタイリッシュな商品を生み出す新しい方法を常に模索していますが、その一例がKUNGSBACKA/クングスバッカ システムキッチンです。
合成素材の美しいところは、素材の使用量を減らし、低品質な素材を活用しながら、廃棄物を予測できるだけでなく、ODGER/オドゲル チェアのような新しい優れた商品を生み出せるところでしょう。
合成素材
合成素材は、それぞれ特性の異なる2種類以上の素材で構成されています。耐久性に優れ、手入れが必要なく、低価格で軽量というメリットを考え、イケアでは合成素材を使用しています。木材とプラスチックの合成素材がその一例です。廃棄された木の繊維を混ぜ込むことでプラスチック製品の強度が強くなり、しかも価格を下げることができます。また、ゴミを有効活用することにもつながります。これが合成素材の利点です。素材の使用量を減らし、低品質な素材(再利用しなければ、ゴミに分類される素材)を有効活用しながら、強くコンパクトで軽量かつ耐用年数の長い作品に変えることができます。BILLY/ビリー 書棚、ODGER/オドゲル チェア、RÖDTOPPA/ロードトッパ カバーなど合成素材を使用した商品をご覧ください。
ODGER/オドゲル チェアの開発ストーリーを見る
合成素材は、特性の異なる2種類以上の素材で構成されています。強く、手入れが必要なく、低価格で軽量というメリットを考え、イケアでは合成素材を使用しています。
現在は、リサイクル品および/または再生可能なプラスチックのみを使用するという目標に向かって、取り組んでる途中です。現状は、プラスチック商品の3分の1程度に留まっています。
プラスチック
リサイクル品や再生可能なプラスチックのみを使用するという目標に向かって、取り組んでる途中です。大部分のプラスチックは石油が原料であるため、再生不可の資源から生まれたと言えます。このため、イケアは自社商品に可能な限りリサイクルまたは再生可能プラスチックを使用しています。現在、約3分の1のプラスチック製品に再生可能やリサイクルプラスチックが使用されています。イケアの商品に使用されているプラスチックでもっとも多いのは、PET、PE、PPの3種類で、厳しい法令や安全基準に沿っています。お客さまの健康や環境への影響を考慮して、製造プロセスにおける化学物質などの材料使用については詳細な要件を定めています。
イケアの商品に使用されているプラスチックでもっとも多いのは、PET、PE、PPの3種類です。すべて、厳しい法令や安全基準に沿ってつくられています。
竹(バンブー)は、頑丈かつ硬質で、耐水性のある素材です。イケアで使用する竹の90%以上が中国で生産されており、2016年、ほぼすべての商品がFSC認定を受けました。

竹は、世界でもっとも成長が早い植物で、これが竹を気に入っている理由の一つです。頑丈かつ硬質で、耐水性のある素材です。イケアでは、加工方法と使用目的に応じて、竹を3つのカテゴリに分類しています。
天然繊維:繊維を織り、巻き、プレスしたもの。工業用竹:薄い層に分け、貼り合わせて、ボードをつくります。レイヤー:プレス成形した竹製突き板。イケアで使用する竹の90%以上が中国で生産されており、2016年、ほぼすべての商品がFSC認定を受けました。認定を取得するまで長い道のりでしたが、インドやベトナムの製造業界を発展させるべく、今後も竹の基準を策定していきたいと考えています。
サステナビリティに関する取り組みを読む
竹は、世界でもっとも成長が早い植物で、これが竹を気に入っている理由の一つです。