イケアについて

イケアの今

METOD/メトード キッチンで楽しそうに遊ぶ女性と子供
2016年を振り返って
早いもので1年が過ぎました。3種類の年次サマリーでイケアのこの1年を振り返ります。今年達成した目標、学んだこと、将来のビジョンを、さまざまな数値や話とともにご紹介します。ぜひご覧ください。イケアの提案するLife@Home(家庭での暮らし)を知り、財務実績をひもとき、イケアについて、また社会と環境を最優先する取り組みについて、みなさんに知っていただければと思います。
IKEA ハイライト 2016を見る イケアグループの年次サマリー2016を読む イケアグループのサステナビリティレポート 2016を読む
イケアコンセプト
イケアのフラットパックが積まれた荷台付き自転車を走らせるメガネをかけた男性
イケアはいつも「もっといい方法はないだろうか」と考えています。そうやってユニークなホームファニッシング商品をつくり続け、より快適な毎日をより多くの方々に提供しようと努力しています。
デモクラティックデザイン
イケア RIGGAD/リッガド LEDワークランプ ワイヤレス充電機能付き
イケアにとって「優れたデザイン」とは、形・機能・品質・サステナビリティ・低価格が適切に組み合わせてあること。イケアではこれを「デモクラティックデザイン」と呼びます。優れたホームファニッシング製品は、あらゆる人に使ってもらえるものでなくてはならない、と考えるからです。
イケアグループについて
イケアストアの窓越しに見えるイケアストアのロゴ
イケアは価値観に重点をおき、Life@Home(家庭での暮らし)に情熱を傾ける会社です。イケアのつくる製品は、家庭をより快適な場所にするためのアイデアを形にしたものです。イケアグループは、世界28カ国で340のイケアストアを運営しています(2016年8月31日現在)。
イケアグループで働く
お客さまが情報を探すのを手伝うイケアストアのコワーカー
イケアは人の力を信じています! すばらしいビジネス理念を生み出すためには、夢が必要です。夢を実現するには、人の力が必要です。
さまざまな分別ゴミ箱のディスプレイ
環境と社会
イケアにはもっとサステナブルな暮らしを実現する手ごろな製品やアイデアがそろっています。たとえばLED電球や分別ゴミ箱、フードキーパーなど、一つひとつは小さなものに思えるかもしれませんが、小さな積み重ねが大きな変化につながります!
廃棄物リサイクル材を100%使用した濃灰色のキャビネット扉を検査する女性2人
イケアの生産現場
ここでは、イケアがいかにサプライヤーと協力しながら、品質に妥協することなく低価格を維持しているかをご紹介します。また生産現場で生まれるイノベーション、社会的責任を担うこと、長期的関係の重視などが、イケアの商品にどう関係するかについても説明します。