キッチンゾーンとレイアウト

プランニングの準備:
キッチンゾーンとレイアウト

基本的なルールをいくつか知っておけば、自分のニーズにぴったり合う理想のキッチンをデザインできます。つまり時間も努力も有効に使え、質の高い、より快適な毎日を過ごせるということ。
赤:調理ゾーン、青:洗い物ゾーン、緑:収納ゾーン

ワークトライアングル - 理想的な作業動線をつくる

キッチンでの主要な作業はコンロ、シンク、冷蔵庫の間で行われます。これらの3つのポイントと
それを線で結んでできるエリアを専門用語で"ワークトライアングル"といいます。

これらの作業ポイントを適切に配置し、間隔が離れすぎないようにすることが重要です。
そうでないと作業中にキッチンを何回も往復することになりかねません。また近すぎてもきゅうくつで作業がしにくくなってしまいます。

理想的なのは、3つの作業ポイントを結ぶ線の合計が6m以上にならないことです。ほかの作業ポイントとの距離は90cmが理想です。

もし家のキッチンにトライアングルを描くスペースがなくてもご心配なく。ワークトライアングルは、お好みや部屋の形によってさまざまなレイアウトに対応して効果的に機能します。

ワークゾーン - 毎日の生活をシンプルに

キャビネットや設備機器をどう配置したらよいか迷ったら、ゾーン、あるいは作業ゾーンという見かたが役に立ちます。これは家具や設備機器自体を単にスペースに納めるのではなく、その機能を重視するアプローチ。つまり毎日快適に使える効率的なキッチンができあがるということです。

ワークトライアングルに関連する3つの主要な作業ゾーンは、食品収納ゾーン(冷凍・冷蔵庫と乾物の収納)、洗い物ゾーン(シンク、食器洗い乾燥機)と調理ゾーン(コンロ、オーブン、電子レンジ)です。これらの作業ゾーンを適切に配置することで人間工学にもとづいた自然なワークトライアングル(作業動線)ができ、何にでもすぐに手の届くキッチンが実現します。 以下が作業ゾーンを考慮する際の基本的なヒントです。
調理ゾーン
熱い鍋やフライパンを持ってキッチンを横切るのは避けたいもの。オーブンとコンロはシンクとワークトップの近くに配置できるようプランニングしましょう。
洗い物ゾーン
シンクは重要な作業エリアです。下ごしらえをしやすいように冷蔵庫を近くに置きましょう。
また、コンロへのアクセスがよいとパスタや野菜の水切りも楽になります。
食品収納ゾーン
食品収納ゾーンには、乾物も冷蔵保存する食品をはじめあらゆる食品を収納するスペースがあることを確認しましょう。ハイキャビネットと冷蔵庫の近くにワークトップがあれば、買ってきた食品を楽にしまえます。

一般的なキッチンのレイアウト

ほとんどの場合、キッチンの形とサイズによって最終的にどんなレイアウトになるかが決まります。でもキッチンのレイアウトによっては自分のニーズやライフスタイルに合うものとそうでないものがあります。ここに5つの一般的なレイアウトとその特徴をご紹介します。さらに理想的な作業ゾーンをプランニングする方法も説明します。
I型キッチン
幅の狭いスペースならワークトライアングルが1列の直線になるのがいちばん実用的なソリューション。見た目もステキです。
アイランド型キッチン
I型にアイランドが付いたキッチンです。
アイランド部分は、収納スペースや予備の作業スペースとしても使えます。
ただし、快適に作業をするにはまわりに最低120cmのフリースペースが必要です。
L型キッチン
L型キッチンは、小型のダイニングテーブルやキッチンアイランドを追加するのに理想的。コーナースペースを最大限に活用したいときや、キッチンをダイニングエリアと一体化したい場合にも適しています。
U型キッチン
広い部屋にはU型のレイアウトが理想的。
スペースを最大活用できて、広々とした収納場所も豊富に選べ、なんでも手の届きやすい位置に収納できます。部屋がとても広い場合は、ワークトライアングル(上記参照)の各作業エリアの間が離れすぎないよう注意しましょう。
平行型キッチン
このレイアウトに広いスペースは要りません。料理の下ごしらえに理想的。作業と収納の2つのエリアが向かい合って配置されています。実際、プロのシェフたちの多くが好むレイアウトです。

理想のキッチンづくりの
アイデア

照明の使い方から省エネの
アイデアまで。キッチンで
役立つアイデアをご紹介
します。

キッチンプランニングを
はじめよう

3Dで見られるIKEA Home
Plannerなら、複雑な
キッチンのプランニングも
簡単にできます。