メインのコンテンツへジャンプ

IKEA BUSINESS vol.45

スウェーデンとの長い親交を通して生まれた、
北海道の新しい道の駅

道の駅
レクサンド市と姉妹都市提携
30周年を記念して
北海道札幌市に隣接し、札幌中心部から車で40分ほどの位置にある当別町。この町は、スウェーデン・レクサンド市と姉妹都市提携を結んで30年になります。当別町の風景がスウェーデンに似ていると言われたこと、「スウェーデンヒルズ」という北欧建築の町を誘致したことなどから、1987年に姉妹都市となりました。そして提携30周年となる2017年9月、当別町に新しい道の駅ができ、話題になっています。その名も「北欧の風道の駅とうべつ」。北欧風建築にイケアの家具を導入したこの施設は、連日多くの人で賑わっています。企画を担当した当別町役場の鰐渕真太郎さんにお話しをおうかがいしました。
当別町企画部・道の駅室の 鰐渕真太郎さん
当別町企画部・道の駅室の 鰐渕真太郎さん
高い天井と、ゆったりとした空間、北海道の木材をふんだんに使用した梁や柱が心地よい北欧風建築。
「レクサンド市は、スウェーデン国内でも独自の伝統が色濃く残っている町です。地元を愛し、大切にしているところも当別町と共通点があるので、提携を結んでいます。交流も深く、数年ごとにお互いに行き来をしています」と鰐渕さんは語ります。30周年を迎える節目の年に、新しい道の駅というスペースを作る計画が始まったのは2015年だそうです。「当別町のランドマーク的な存在になり、さまざまな発信ができ、地元の人はもちろん、日本全国から、そしてスウェーデンからも、多くの人が集まれる場を作りたかったのです」。
広大な施設は、飲食コーナー、レストラン、特産品コーナーなどがあり、天然木のフロアにテーブルとチェアがゆったりと置かれています。飲食コーナーは地元の出店で、当別町の食材を活かしたメニューが楽しめるテイクアウト方式。中のテーブルで食べてもよし、外の芝生広場やテラス席でもよしと、自由に楽しむことができます。
「家具を選ぶにあたって、北欧の雰囲気を出すならイケアがいいなと思っていました。スウェーデン関連の交流会などでもイケアとは接点がありましたし、迷うことなく今回IKEA新三郷にプランニングをお願いしました」と鰐渕さん。鰐渕さんは、道の駅企画を担当する前は国際交流の部署にいて、さまざまな交流事業に関わってきたそうです。
高い天井と、ゆったりとした空間、北海道の木材をふんだんに使用した梁や柱が心地よい北欧風建築。
広いフロアには、デザインの異なるテーブルとチェアを組み合わせて置いている。イエローがアクセントに。
施工と家具選びは同時進行で行われました。IKEA BUSINESS担当者も実際に当別町を訪れ、それぞれの現場の意見を出し合いながら進められたそうです。「レストランの壁の色や素材などもアドバイスしてもらいました。トータルな空間として家具を考えてもらえてよかったと思います」。
広いスペースはイベントなどにも使うため、テーブルとチェアは容易に移動ができる軽いものが希望だったという鰐渕さん。「軽くて、掃除がしやすくて、おしゃれなテーブルとチェアがたくさんあって、さすがイケアだなと思いました。違うデザインや色を組み合わせても、トータルで雰囲気がまとまりますね」。
広いフロアには、デザインの異なるテーブルとチェアを組み合わせて置いている。イエローがアクセントに。
(奥)DOKSTA/ドクスタ テーブルJANINGE/ヤニンゲ チェア、(手前)BILLSTA/ビルスタ テーブルSVENBERTIL/スヴェンベルティル チェア
ホワイトとブルーの組み合わせがさわやか。チェアはどれもスタッキング可能なので、スペースを有効に使える。
ホワイトとブルーの組み合わせがさわやか。チェアはどれもスタッキング可能なので、スペースを有効に使える。
DOKSTA/ドクスタ テーブルLEIFARNE/レイフアルネ チェア
2人席のコーナーも。スクエアのテーブルで変化をつけ、チェアもホワイトとブラックをミックス。テーブルは高さを調節できる。
2人席のコーナーも。スクエアのテーブルで変化をつけ、チェアもホワイトとブラックをミックス。テーブルは高さを調節できる。
BILLSTA/ビルスタ テーブルSVENBERTIL/スヴェンベルティル チェア
無垢材の棚とテーブル、ペンダント照明も北欧らしい雰囲気を作っている。
物産品コーナーには、パイン材の無垢材を使ったIVAR/イーヴァルのシェルフユニットを採用。棚の高さがカスタマイズでき、フレキシブルに組み合わせができるオープン収納です。テーブルやボックスも同様の素材で揃えました。北欧らしい清潔感と温かみがあり、地元産の食品やクラフトなどがよく映えます。
無垢材の棚とテーブル、ペンダント照明も北欧らしい雰囲気を作っている。
IVAR/イーヴァル シェルフユニットINGO/インゴー テーブルHEKTER/ヘクター ペンダントランプ
シェルフは、用途によって高さや幅など自由にカスタマイズができる。ディスプレイ効果も高い。
シェルフは、用途によって高さや幅など自由にカスタマイズができる。ディスプレイ効果も高い。
IVAR/イーヴァル シェルフユニット
取材当日は、スウェーデンフェアを開催中。IVAR/イーヴァルと相性のよいパイン材無塗装のボックスは、収納にも、重ねて陳列台としても便利。
取材当日は、スウェーデンフェアを開催中。IVAR/イーヴァルと相性のよいパイン材無塗装のボックスは、収納にも、重ねて陳列台としても便利。
KNAGGLIG/クナッグリグ ボックス
みんなに優しい、
バリアフリーの施設を目指して
この道の駅は、赤ちゃん連れから、お年寄りまで、どんな人も楽しめるようなさまざまな心配りがされています。子どものプレイコーナー、授乳室を完備し、また、建物内外の段差をなくし、パーキングやトイレも車椅子の方が安心して使用できるバリアフリー仕様です。
「バリアフリーにすることは、もちろん北欧のシステムや考え方を参考にしています。どんなにすばらしい場所を作っても、特定の人しか使えないのでは意味がありません。また、この施設の従業員は女性が多いのです。子どものコーナーに関しては、お母さん目線でいろいろ意見をもらいました」。
子どものプレイコーナー。ソフトな素材の囲いを作り、ラグを敷いて安全性を配慮。子どもたちが大好きなおもちゃがいっぱい。
子どものプレイコーナー。ソフトな素材の囲いを作り、ラグを敷いて安全性を配慮。子どもたちが大好きなおもちゃがいっぱい。
STORABO/ストラボ ラグDUKTIG/ドゥクティグ おままごとキッチンEKORRE/エコレ ロッキングムースLÄTT/レット 子ども用テーブル&チェ アSLÄKTING/スレクティング ボックス
子どもが遊べるコーナーや授乳室(左手奥)も完備。案内のピクトグラムのデザインもかわいい。
子どもが遊べるコーナーや授乳室(左手奥)も完備。案内のピクトグラムのデザインもかわいい。
レストランのカウンター席はおひとりさまに好評。LED電球をスツールと等間隔に配置しておしゃれな雰囲気に。
また、テイクアウトのほかにイートインできるレストランもあります。札幌の人気イタリアンレストランを誘致しました。入り口をオープンにして段差をなくし、車椅子でもスムーズに入れるように配慮されており、ゆっくり食事ができます。カウンター席、ソファコーナーもあり、思い思いの時間が過ごせます。メニューは「北海道イタリアン」。当別町の食材がふんだんに使われています。
レストランのカウンター席はおひとりさまに好評。LED電球をスツールと等間隔に配置しておしゃれな雰囲気に。
NORRÅKER/ノッルオーケル スツールNITTIO/ニッティオ LED電球
無垢材のテーブルは2人掛け、4人掛けを用意。合わせて大人数用のテーブルを作るのも簡単。
無垢材のテーブルは2人掛け、4人掛けを用意。合わせて大人数用のテーブルを作るのも簡単。
NORRÅKER/ノッルオーケル テーブル&チェア
ゆっくりとコーヒーなどを楽しめるソファコーナーも。
レクサンド市との交流をこれからも大切に
道の駅オープンから1ヶ月後の2017年10月、姉妹都市提携30周年を祝い、レクサンド市から市長をはじめ、約60名の訪問団が当別町を訪れました。道の駅では、北欧の夏至祭で行われる「マイストング」の立ち上げイベントを開催。マイストングは「五月の柱(メイポール)」という意味で、豊穣のシンボル。柱を葉などで飾り付けたものです。
マイストングを立てる前の除幕式。右から2人目が当別町長・宮司正毅氏、4人目がレクサンド市長・ウルリカ・リリエベリィ女史。
マイストングを立てる前の除幕式。右から2人目が当別町長・宮司正毅氏、4人目がレクサンド市長・ウルリカ・リリエベリィ女史。
「北欧の風 道の駅とうべつ」の芝生広場に、レクサンドの訪問団が集合。民族衣装を着て、姉妹都市30周年を祝った。
「北欧の風 道の駅とうべつ」の芝生広場に、レクサンドの訪問団が集合。民族衣装を着て、姉妹都市30周年を祝った。
マイストングの立ち上げ。
マイストングの立ち上げ。
マイストング。先端の風見鶏は姉妹都市提携30周年の記念としてレクサンド市から贈られたもの。
マイストング。先端の風見鶏は姉妹都市提携30周年の記念としてレクサンド市から贈られたもの。
レクサンドの音楽学校の生徒による音楽演奏も。
レクサンドの音楽学校の生徒による音楽演奏も。
訪問団の皆さんも、この道の駅をとても気に入ってくれたということです。
「両都市の交流の場として、当別町の魅力の発信の場として、よりよいものになるよう場所を育てていきたいと思います」と鰐渕さん。「いつか北海道にイケアのストアができることも心待ちにしています」と笑顔で語ってくださいました。
DATA
会社名: 北欧の風 道の駅とうべつ
業務内容: 道の駅
所在地: 北海道石狩郡当別町当別太774番地11
導入年月: 2017年9月
イケアとIKEA BUSINESS を選んだ理由: 北欧風建築にマッチする家具にしたかった、デザイン性・色・家具のバリエーションと組み合わせの自由度、コストパフォーマンスの良さ。
担当したIKEAストア: IKEA 新三郷
使用したイケアのサービス: インテリアプランニングサービス配送サービス
※商品によっては販売が終了しているものもあります。あらかじめご了承ください。
IKEA BUSINESS
IKEA BUSINESSでは、皆さまのビジネスをサポートするサービスをご用意しています。
(入会金・年会費無料)
空間づくりやスムーズなお買い物のサポート、セミナーやキャンペーンなどの各種特典をご用意しています。
イケアには、他にもビジネス向けの商品がたくさん。
IKEA BUSINESSに入会する