IKEA BUSINESS vol.26

壁面を有効利用した収納で、物が増えたオフィスをすっきりと

共有部分の収納問題を解決したい
代表取締役ロバート・ヘルトさん。
共有部分の収納問題を解決したい
港区麻布台にオフィスを構えるカスタムメディア株式会社は、バイリンガルのコンテンツ制作を中心とした広告代理店です。在日米国商工会議所(ACCJ)や在日英国商業会議所(BCCJ)のメディア制作や、日英2カ国語放送のオンライン ビデオチャンネル「Business in Japan TV」のプロデュースをはじめ、さまざまな分野でマーケティングツールやメディア開発を行っています。
2008年にオフィスを設立。当時からイケアの家具を一部使用していました。2013年に現在の麻布台のオフィスに移転し、今年5月にイケアの家具を新規に導入し、大幅リニューアルをしました。
代表取締役ロバート・ヘルトさん。
代表取締役ロバート・ヘルトさん。
代表取締役のロバート・ヘルトさんにお話をうかがいました。ロバートさんはインド出身。グローバルに広告関係の仕事をされてきました。イケアのことは以前からよく知っていて、ご自宅でも利用されているそうです。
「今回のリニューアルの目的のひとつは収納です。スタッフが増えることで物も増え、共有部分の収納をどうするかが問題でした。それを解決して、快適な空間を作りたかったのです」。
ロバートさんが主に仕事をされる社長室は、 GALANT/ガッラントの扉付き収納とビジネスデスクが導入され、すっきりとした空間になっています。
「デザインがモダンで、コストパフォーマンスがいい。インターナショナルなフィーリングも好きです。2008年にオフィスを作ったときに購入したデスクやチェアは8年使い続けました」
社長室の壁側は白のGALANT/ガッラントの扉付き収納。高さ80㎝にし、圧迫感がない。背の高い収納はPAX/パックスで衣類を収納。
共同経営者である編集長のサイモン・ファレル氏の部屋でミーティング。デスクはGALANT/ガッラント、チェアはSTOLJAN/ストルヤン。
共同経営者である編集長のサイモン・ファレル氏の部屋でミーティング。デスクはGALANT/ガッラント、チェアはSTOLJAN/ストルヤン。
安心して任せられるプランニングサービスが魅力
IVAR/イーヴァルは、無垢のパイン材を使用。ナチュラルな色合いもオフィスに優しい雰囲気を加味している。
IVAR/イーヴァルは、無垢のパイン材を使用。ナチュラルな色合いもオフィスに優しい雰囲気を加味している。
IVAR/イーヴァル専用の引き出しや、ふた付き分別ゴミ箱のSORTERA/ソルテーラをセットして、より機能的に。
IKEA BUSINESSのメンバーになったのは、今回のリニューアルがきっかけでした。
「プランニングを任せられるというのが魅力です。オフィスにイケアのコワーカーが来て、スペースを計測したり、実際に動線を見たりして、案を出してくれました。とてもスピーディで助かりました」。
今回のリニューアルの目的のひとつであった「収納」。どんどん増えていく資料や小物などをどう整理整頓するかが問題点でした。
IVAR/イーヴァル専用の引き出しや、ふた付き分別ゴミ箱のSORTERA/ソルテーラをセットして、より機能的に。
オフィスの壁側は全体を収納に、窓側は下部を有効に収納に活用。GALANT/ガッラントのキャビネットで資料を整理。窓の高さにぴったりのサイズのGALANT/ガッラントが活躍。
その解決策のひとつが、壁面収納です。収納するものによって自由に棚の幅や高さを調整でき、圧迫感も少ないIVAR/イーヴァルのユニットシェルフを採用しました。これでコピー機まわりのさまざまな共有物をすっきりと収納し、空間を活かすことができました。奥行きが50cmと狭いので場所を取らないのもメリットです。
壁面は、ぎりぎりの高さまで有効利用し、収納力を高めています。IVAR/イーヴァルと並べて設置したPAX/パックス ワードローブは、ミラーガラスの引き戸付きをチョイス。スタッフの衣類が収納されています。高さはありますが、奥行を58cmのものにしているので、床面積を取りません。
オフィスの壁側は全体を収納に、窓側は下部を有効に収納に活用。GALANT/ガッラントのキャビネットで資料を整理。
窓の高さにぴったりのサイズのGALANT/ガッラントが活躍。
コーナーもIVAR/イーヴァルで壁面を有効利用。PAX/パックス ワードローブを並べて設置。
コーナーもIVAR/イーヴァルで壁面を有効利用。PAX/パックス ワードローブを並べて設置。
バイリンガルのコワーカーとのコミュニケーションはスムーズ
今回のリニューアルは、IKEA BUSINESSに相談してから約2ヶ月で完了しました。ゴールデンウィーク前に家具の候補が最終決定し、休み明けには納品というスピードです。
「IKEA BUSINESSは週末対応をしてくれるので、私たちのような忙しい会社にはとても助かります。若いコワーカーが熱心に対応してくれたのもよかったですね。彼らはバイリンガルですし、コミュニケーションがとてもスムーズで楽しかったです」。
長時間デスクでクリエイティブな仕事に集中しなければならないので、オフィス環境はとても大切と語るロバートさん。イケアのデザインは空間を変える力があり、機能性も高いので、とても満足のいくリニューアルになったそうです。
デスクは、昇降式のSKARSTA/スカルスタ。天板の高さをハンドルで簡単に変えられる。回転式のチェアは、シートの高さを調節できる、MALKOLM/マルコムを採用。アームレスト付きにこだわった。
デスクは、昇降式のSKARSTA/スカルスタ。天板の高さをハンドルで簡単に変えられる。回転式のチェアは、シートの高さを調節できる、MALKOLM/マルコムを採用。アームレスト付きにこだわった。
今回のリニューアルの目的のもうひとつは、ミーティングルームの確保。テーブルはBEKANT/ベカント、チェアはFINGAL/フィンガール。
今回のリニューアルの目的のもうひとつは、ミーティングルームの確保。テーブルはBEKANT/ベカント、チェアはFINGAL/フィンガール。
採光が良いのも快適なポイント。天井の梁と柱にペイントされた色は、風水を取り入れたもの。
採光が良いのも快適なポイント。天井の梁と柱にペイントされた色は、風水を取り入れたもの。
オフィスは、今後ますますスタッフが増える予定だといいます。家具を買い足したい場合でも、IKEA BUSINESSはメールで購入が可能な点が便利なポイントです。
「収納問題は解決しました。今後はオフィスにグリーンをもっと増やしたい。イケアのフェイクグリーンもいいですね。そして将来的には、もっとオープンスペースが取れるようにしたい」とロバートさん。「スタッフが1日の大半を過ごす場所だから、常に快適さを求めたいのです」と語ってくださいました。
DATA
施設名: カスタムメディア株式会社
所在地: 東京都港区麻布台2-3-3 Daiwa麻布台ビル6F
業務形態: バイリンガルのコンテンツ制作を中心とした、コミュニケーション&マーケティングエージェンシー
導入年月: 2016年5月
イケアとIKEA BUSINESS を選んだ理由: オフィスを測ってプランニングしてくれる。短期でリニューアル可能。イケア家具のデザイン性とコストパフォーマンスの良さ。
担当したIKEAストア: IKEA Tokyo-Bay(旧:IKEA船橋)
主に使用したイケア商品: ADILS/オディリス、AULI/アウリ、GALANT/ガッラント、FEJKA/フェイカ、FINGAL/フィンガール、ILSENG/イールセング、IVAR/イーヴァル、KLIMPEN/クリムペン、LINNMON/リンモン、KOMPLEMENT/コムプレメント、MALKOLM/マルコム、PAX/パックス、SKARSTA/スカルスタ、SOCKER/ソッケル、SORTERA/ソルテーラ、STOLJAN/ストルヤン、TANEM/ターネム ほか
使用したイケアのサービス: IKEA BUSINESSプランニングサービス、配送サービス、組み立てサービス