お客様ご利用規約
(普通取引約款)

第1条 定義

  1. 「イケア」とは、日本国法人イケア・ジャパン株式会社を言います。日本国内外におけるグループ会社や関連会社はこれに含んでおりません。
  2. 「商品」とは、「イケア」が自らの店舗においてお客様に販売する製品を言います。「イケア」以外からお客様が購入された製品はこれに含んでおりません。
  3. 「お客様」とは、自然人のほか、株式会社などの法人を含みます。

第2条 約款の適用

  1. 本約款は、イケアとお客様との間の商品売買契約の全てに適用されます。
  2. イケアは、本約款の適用を前提条件として、お客様からの商品購入の申込みを承諾します。お客様がイケアに対し商品購入を申し込む際には、お客様は本約款が適用されることに同意し、本約款の内容を異議無く承諾したものとみなします。
  3. イケアは、お客様の特段の承諾を得ることなく本約款を変更することができ、お客様は予めこれを承諾するものとします。

第3条 商品売買の場所、その他の義務履行地

  1. イケアがお客様に対し商品を販売する場所はイケアの店舗とします。
  2. イケアがお客様に対し商品売買契約に起因して商品引渡義務、原状回復義務、商品代金返還義務、損害賠償義務その他何らかの義務を負担する場合、それらの義務の履行地は、特段の個別合意が無い限り、お客様が当該商品を購入したイケアの個別店舗とします。

第4条 商品売買契約の対象物品

  1. イケアがお客様に販売する商品は、原則として、イケアの各店舗に現存する在庫商品とします。
  2. イケアの各店舗に現存しない在庫商品について、イケアは、原則として、お客様からの取寄発注のご依頼をお受けすることはできません。
  3. イケアの各店舗に現存する在庫商品について、イケアは、原則として、お客様からの取置きのご依頼をお受けすることはできません。
  4. もしお客様がイケアの各店舗にご来店された際にご購入を希望する在庫商品が無かった場合にも、イケアはお客様に対し商品取寄義務、商品取置義務、損害賠償義務その他何らの法的責任も負担することはできません。なお、イケアは、各店舗に現存する在庫商品の状況を電話等において一定の時間間隔で内容更新しながらご案内しておりますが、在庫商品の状況は刻々と変動するため、ご案内の内容は在庫状況と完全には一致しません。ご案内の内容はあくまでも参考情報であって、商品在庫の存在を保証するものではないことを予めご了承ください。

第5条 商品売買契約締結までの手続

  1. イケアの各店舗の商品棚からの商品のピックアップ及びレジへの運送の作業は、原則として、お客様ご自身において行うものとします。お客様は上記作業を自らの十分な注意と責任のもとに行ってください。万一お客様において商品のピックアップの間違いがあったり、ピックアップ作業やレジへの運送作業中に何らかの事故や損害が発生した場合にも、イケアはこれについて法的責任を負担することはできません。ただし、イケアとお客様との間で商品売買契約とは別に商品ピックアップ等に関する委託契約を締結する場合、及びイケアの責めに起因する損害についてはこの限りではありません。
  2. お客様は前項の作業中、善良なる管理者としての注意義務をもって、イケアの商品及び運送具を取り扱うものとします。

第6条 商品売買契約の締結

  1. イケア・お客様間の商品売買契約は、原則として、イケア店舗のレジ等において、お客様からイケアに対する購入商品の呈示のもと、イケアが販売入力作業を完了した時点において成立するものとします。
  2. システムキッチンなどイケア店舗のレジ等における代金支払と商品引渡を予定していない商品については、例外的に、イケアからお客様に対するご請求書の送付(申込み)に対し、お客様からイケアに支払われた商品代金の着金(承諾)があった時点において、イケア・お客様間の商品売買契約が成立するものとします。この場合、イケアからお客様に送付した請求書記載の金額が同書記載の期日に支払われない場合、上記請求書記載の売買契約の申込みは自動的に失効するものとします。

第7条 売買代金の支払

  1. お客様は、イケアに対し、商品売買契約成立後速やかに、商品代金を、現金、クレジットカードその他イケアが承諾する方法において支払うものとします。
  2. 前項の規定は、前条第2項所定の例外的な商品売買契約には適用されません。

第8条 商品の引渡し、運送

  1. イケアは、お客様に対しイケア店舗のレジ等で商品をお渡しすることをもって商品売買契約に基づく商品引渡義務の履行を完了するものとします。
  2. 前項の引渡しを受けた後の商品の店舗内での保管や自動車・自宅への運送については、お客様が自らの責任において行うものとします。万一お客様において商品の保管や運送作業中に商品の盗難、紛失、毀損その他の事故や損害が発生した場合にも、イケアはこれについて法的責任を負担することはできません。ただし、イケアの責めに起因する損害についてはこの限りではありません。
  3. イケア店舗でお渡しできない特殊な商品についてお客様のご自宅など店舗外の場所において商品を引き渡す旨の特約がイケア・お客様間で個別合意された場合、第1項の規定にかかわらず、イケアは、お客様に対し、両者間で合意された場所で商品の引渡義務を履行します。ただし、合意場所への商品運送費用はお客様のご負担とします。
  4. お客様がイケアから購入された商品の所有権は、第1項ないし第3項の商品引渡時をもってイケアからお客様に移転するものとします。
  5. 第1項の引渡しを受けた後の商品についてお客様が、イケアの当該店舗を担当する運送業者との間で有償の運送契約を締結した場合、運送契約の契約条件の詳細は当該運送業者が定めている約款に規定されたとおりとします。
  6. 前項の運送契約上のお客様に対する責任は、全て運送業者が負担します。イケアがこれを負担することはできません。

第9条 商品の組立・設置

  1. お客様が購入された商品の組立・設置作業については、お客様が自らの責任において行うものとします。
  2. イケアは商品の組立・設置作業につき何ら法的義務を負担しません。万一お客様において組立・設置作業中に商品の毀損その他の事故や損害が発生した場合にも、イケアはこれについて法的責任を負担することはできません。ただし、イケアの責めに起因する損害についてはこの限りではありません。
  3. 第8条第1項の引渡しを受けた後の商品についてお客様がイケアの当該店舗を担当する組立業者と商品の組立・設置に関する有償の工事請負契約を締結した場合、工事請負契約の契約条件の詳細は、当該組立業者が定める約款に規定されたとおりとします。
  4. 前項の工事請負契約上のお客様に対する責任は、全て組立業者が負担します。イケアがこれを負担することはできません。

第10条 商品の品質保証

  1. イケアが指定する特定の商品について、イケアは、お客様に対し、ご購入日から起算して5年間~25年間、通常の使用を妨げるような材料または製造上の欠陥(瑕疵)が無いことを保証します(以下「特別品質保証」と言います)。
  2. 前項に規定する特別品質保証について、本約款に規定のない部分は、イケアが別途定める「品質保証に関する規約」及び各商品に個別に定められた品質保証規約に規定された内容及び手続きとします。
  3. イケアが指定する特定の商品について特別品質保証の保証期間内に通常の使用を妨げるような材料または製造上の欠陥(瑕疵)があることが判明した場合、イケアは、お客様に対し、通常の使用を妨げない状態に回復するための商品の修理(瑕疵ある部品の補修または交換。組立作業を含みません)を無償で行います。欠陥(瑕疵)の程度が大きく修理しても通常の使用を妨げない程度の状態にまで回復することが困難な場合、欠陥(瑕疵)ある部品が製造中止になっており部品交換等ができない場合、修理に多大な時間や費用を要する場合などは、イケアは、お客様に対し、同一商品または代替商品との交換をいたします。上記の対応の選択権はイケアにあるものとします。
  4. 第1項ないし第3項の規定に基づき欠陥(瑕疵)の修理や商品交換を求める場合、お客様はイケアに対し、購入時のレシート、商品及び欠陥の呈示などの方法で、お客様がイケアから当該商品を購入した事実、当該商品に通常の使用を妨げるような材料または製造上の欠陥(いわゆる瑕疵)が存在した事実、特別品質保証の要件(指定商品であることや保証期間内であることなど)を全て満たすという事実を証明することを要します。これらの呈示ないし証明が無い場合、イケアはお客様に対し、欠陥(瑕疵)の修理や商品交換を行うことはできません。

第11条 365日間の商品返品

  1. お客様は、イケアに対し、購入日から起算してから365日間に限り、下記の要件が全て満たされることを条件として、イケアとの商品売買契約を解約(キャンセル)し、購入した商品を返品できるものとします。
  • ① 指定商品であること(アウトレット商品、オーダーメイド商品、食品・飲料など一部商品は返品できません)
  • ② 商品が未使用であること
  • ③ 商品購入の事実及び購入日を証するレシートのご呈示があること
  • ④クレジットカードでお支払いの場合には、使用されたクレジットカード、レシート(レシートの下部がカード控えとなっています)をご持参のうえ、カード名義人の方がご来店されること
  • ⑤ 商品を購入店舗の店頭に持参されること
  • ⑥ 商品の包装やラベル(商品の製造番号や商品情報が集約されたバーコードが記載されたもの)をお持ちの場合には、商品と一緒に持参されること
  • ⑦他者に転売するための商品購入など営業のための商品購入でないこと
    ※(1)同一機会又は近接した機会に5個以上の同一商品が購入された場合の当該商品の返品の申し出である場合、(2)同一機会又は近接した機会の5個以上の同一商品の返品の申し出である場合、(3)過去1年間で3回目以上の商品返品の申し出である場合の、全部又は一部に該当する場合には、営業のための商品購入とみなし、返品を受付できません。ただし、お客様から営業のための商品購入ではないと当社が判断できるだけの書面によるご説明(反証)があった場合は、この限りではありません。
  1. 上記1の要件をすべて満たす場合、 イケアはお客様に対し、商品の返還と引換えに商品代金を返還します。なお、商品代金の返還方法については、現金、デビットカードでのお支払いであった場合には現金返還、クレジットカードを使用したお支払いであった場合にはクレジット決済の取消、ギフトカードでのお支払いであった場合にはイケア所定のリファンドカードの交付という方法での返金となります。
  2. お客様からイケアに対する商品返還の場所は当該商品を購入したイケアの店舗とし、商品返還に要する手続き及び費用はお客様のご負担とします。

第12条 目的物に瑕疵ある場合の修補・返金

  1. 万一お客様にご購入頂いた商品に瑕疵(欠陥や不具合)があった場合、イケアはその瑕疵の内容・程度に応じて、無償修補(瑕疵ある部品の補修または交換。組立作業を含みません)、瑕疵による商品価値下落分の補償、同一商品または同等商品との交換、商品代金の返還のいずれかを行います。具体的な対応は事案に応じてイケアが選択できるものとします。
  2. イケアが商品代金の返還を選択した場合、お客様・イケア間の商品売買契約は当然に失効するものとします。この場合、イケアはお客様に対し瑕疵ある商品と引き換えに商品代金を返還するものとします。この場合の商品代金の返還方法は、現金返還、クレジット決済の取消、イケア所定のリファンドカードの交付のいずれかとします。具体的な返還方法は事案に応じてイケアが選択できるものとします。
  3. お客様がイケアに対して購入商品について商品の瑕疵を理由とした修補(瑕疵ある部品の修理または交換)、返品、商品代金の返還、損害賠償などを請求できる期間は、その名目を問わず、購入日から1年間とします。ただし、第10条所定の特別品質保証の対象商品である場合、イケアに故意又は重過失がある場合、強行法規に反する結果となる場合には、この限りではありません。
  4. お客様が商品の瑕疵の修理や代金返還を求める場合、お客様はイケアに対し、当該商品を購入した店舗において、購入時のレシート原本、商品及び瑕疵の呈示などの方法で、お客様がイケアから当該商品を購入した事実、購入日及び商品に瑕疵が存在する事実を証明することを要します。もしこれらの呈示ないし証明が無い場合、イケアはお客様に対し、本条規定の無償修補や商品代金の返還等を行うことはできません。なお、クレジットカードでお支払い頂いた商品について代金返還をご希望の場合には、使用されたクレジットカード、レシート(レシートの下部がカード控えとなっています)をご持参のうえ、カード名義人の方がご来店ください。

第13条 免責規定


イケアのお客様に対する債務不履行や不法行為等に基づく損害賠償責任は、イケアに故意または重過失がない限り、お客様がご購入した商品代金と金5万円のうち高額な方を上限金額とします。

第14条 お客様の遵守事項

  1. お客様はイケアに対し下記の事項を遵守する注意義務を負担します。
  • ① 駐車場や店舗内でイケアや他のお客様に迷惑をかける行為をしないこと
  • ② 商品の選定、ピックアップ、保管、運送、購入した商品の組立・設置は自己の責任で行うこと
  • ③ 商品の組立・設置・使用に先だって、使用に問題ないかの事前確認作業

  • (例)
    • 床や家具に敷く商品に関する床や家具への色移りの有無の事前確認
    • 布製品に関して他の衣類や家財への色移りの有無の事前確認
    • 壁面に設置する商品に関する壁面の性質や耐久度等の事前確認
    • 床面に設置する商品に関する床面の性質や耐久度等の事前確認
    • 天井に設置する商品に関する天井面の性質や耐久度等の事前確認
  • ④ 商品使用上の注意事項
  1. お客様の注意義務違反行為によってイケアが損害を被った場合、お客様はイケアに対しその損害を賠償する責任を負担します。

第15条 準拠法・管轄裁判所

  1. 本約款を含むイケアとお客様との契約関係は日本法に準拠します。
  2. イケアとお客様との紛争に関しては東京地方(簡易)裁判所または大阪地方(簡易)裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

第16条 イケア独自のショッピングモデルと解釈準則

  1. イケアは、優れたデザインと機能を兼ね備えたホームファニッシング製品を幅広く取りそろえ、より多くの方々にご購入頂けるよう、できる限り手ごろな価格でご提供することを経営理念としており、お客様に高品質の商品を低価格で販売する目的を実現するために、商品販売の手続過程や契約締結過程でお客様において実施可能な作業(具体的には、商品棚からの商品のピックアップ、レジへの運送、自宅への持ち帰り、組み立て、返品・返金希望時の商品返却などの作業)は全てお客様ご自身に行って頂くという独自のショッピングモデルを採用しております。
  2. イケア・お客様間の商品売買契約の内容について明文で規定されていない部分や解釈上の疑義が生じた場合には、前項のようなイケア独自のショッピングモデルに関する考え方が契約の補充ないし解釈の準則となります。

第17条 フルサーブ商品に関する特則

  1. サイズが大きい、重量が重い等の理由により、またはイケアの業務上の都合により、商品棚からの商品ピックアップ作業をお客様ではなくイケアのスタッフが行う指定の商品(以下「FS(フルサーブ)商品」といいます。)のご購入手続きについては、本条の特則が適用されます。
  2. FS商品に関するイケア・お客様間の商品売買契約は、原則として、イケア店舗のレジ等において、お客様からイケアに対するFS商品の注文確認書の呈示のもと、イケアが販売入力作業を完了した時点において成立するものとします。
  3. お客様は、イケアに対し、前項の商品売買契約成立後速やかに、FS商品の購入代金を、現金、クレジットカードその他イケアが承諾する方法において支払うものとします。
  4. イケアは、お客様に対し、前項の手続で購入されたFS商品を、当該店舗の商品受け渡しカウンターにおいて引き渡すものとし、お客様は同所で同商品を受け取るものとします。第2項の売買契約に基づくイケアの商品引渡義務は、上記の商品引渡しをもって完了するものとします。また、お客様がイケアから購入されたFS商品の所有権は、上記の商品引渡し時をもってイケアからお客様に移転するものとします。
  5. 万一お客様が第3項所定の代金支払日から1週間以内に第4項所定の商品受取手続を行わない場合、第2項の売買契約は自動的に失効するものとします。この場合、イケアのお客様に対するFS商品の引渡義務は消滅し、イケアはお客様に対し当該FS商品の取り置き義務を負担しないものとします。上記の場合、イケアは、お客様に対し、商品購入店舗の返品カウンターにおいて、当該FS商品の購入代金を返金いたします。
  6. FS商品について、お客様がイケアに対し商品代金と共に指定場所への運送代金を同時にお支払いされた場合、イケアは、お客様に対し、当該FS商品を、当該指定場所において引き渡すものとし、お客様は同所で同商品を受け取るものとします。イケアの商品引渡義務は上記の商品引渡しをもって完了するものとし、FS商品の所有権は上記の商品引渡し時をもって移転するものとします。万一お客様が第1回目の商品お届け日から1週間以内に当該商品の受取手続を行わない場合、当該商品の売買契約は自動的に失効するものとします。この場合、イケアのお客様に対するFS商品の引渡義務は消滅し、イケアはお客様に対し当該FS商品の取り置き義務や再運送義務を負担しないものとします。上記の場合、イケアは、お客様に対し、商品購入店舗の返品カウンターにて、当該FS商品の購入代金を返金いたします(配送料金は返金できませんのでご了承ください)。
  7. イケアは、お客様から以下をご呈示いただくことを条件として、商品の購入代金を返金いたします(配送料金は返金できませんのでご了承ください)。
  • ① 現金でお支払の場合: 商品ご購入時のレシート原本
  • ② クレジットカードでお支払いの場合: 使用されたクレジットカード、レシート原本(レシートの下部がカード控えとなっています)をご持参のうえ、カード名義人の方がご来店されること。なお、商品の購入代金の返金方法は、元のお支払い方法に準じて、 商品購入店舗の返品カウンターにて対応させていただきます。
  1. 本条第6項及び第7項の規定は、ピックアップサービスを利用して配送された商品についても準用します。

第18条 その他


本約款の各規定は強行法規等によって法律上無効とされない限度で法的効力を有するものであり、仮に本約款規定の一部の条項が法律上無効と判断された場合においても残りの条項は引き続き法的効力を有するものとします。

(2015年9月改定)